今回のテーマは朝型か夜型かは遺伝で決まるという興味深い記事を峰岸先生が分かりやすく解説していきます。

テーマ「朝方人間か夜型人間かは遺伝子しだい」

「時事英語」特別講義

テーマ「朝方人間か夜型人間かは遺伝子しだい」
  • 公開日:
  • 更新日:

『時事英語』特別講義のテーマ「朝方人間か夜型人間かは遺伝子しだい」一覧

第200回 「朝方人間か夜型人間かは遺伝子しだい」その1

目覚まし時計と男性

皆様こんにちは。横浜にある医学専門予備校:エースメディカルみなとみらい代表の峰岸です。よろしくお願いいたします。

*********************************

ここでは新聞、雑誌などの時事英語のなかから医学部受験に出題されやすいテーマを取り上げていきます。今回も「最先端科学・医療研究」の分野を扱います。AFP配信2019年1月20日の記事Morning lark? Night owl? Blame it on your genes, study says(研究発表:朝方人間か夜型人間かは遺伝子しだい)です。今日は見出しから読みすすめていきましょう。
(注 解説しやすいようにパラグラフに記号や文ごとに番号を入れる場合があります)

Morning lark? Night owl? Blame it on your genes, study says

(1)The study found that significantly more genetic factors are tied to when people sleep and wake than previously known

(2)If you find you just can’t spring out of bed on time every morning, you may be able to blame it on your genes, a new scientific study has found.

解説

見出し

Morning lark? Night owl? Blame it on your genes, study says

初めの2文に?マークがあり、問いかけになっています。lark は「ヒバリ」のことです。morning larkは「朝型人間」のことです。?マークがあるのでAre you a morning lark?(あなたは朝型人間ですか?)ということです。 owlは「フクロウ」です。 night owlは「夜型人間」のことです。ここも?マークがあるので Are you a ~?という文で頭の部分が省略されていますね。「あなたは夜型人間ですか」ということです。blame it on your genesの部分もやはり省略がると考えます。blame A on Bは「AをBのせいにする」ですから、ここも「あなたは~ができる」(you can)が省略されていると考えます。itは前文でのことですから「あなたが朝型人間であったり夜型人間であったりすることです」genesは「遺伝子」です。study saysは「研究によると」です。

訳:研究発表「朝方人間か夜型人間かは遺伝子しだい」

第1パラグラフ

The study found that significantly more genetic factors are tied to when people sleep and wake than previously known

主語はThe study(研究)で 述語はfound (発見した)です。「何を発見したのか」はthat以下です。significantlyは「重要なことに」です。そしてここの部分の主語はmore genetic factors (より多くの遺伝的要因)で述語はare tied to (結びついている)です。「何に結びついているのか」はwhen people sleep and wake は「人がいつ寝ていつ起きるか」です。than previously knownは「以前から知られたよりも」です。

訳:研究によると、人がいつ起きて、いつ寝るかということにより多くの遺伝的な要因が大きく結びついているということがわかりました。

第2パラグラフ

If you find you just can’t spring out of bed on time every morning, you may be able to blame it on your genes, a new scientific study has found.

この文はカンマの前後で2文に分けて考えます。If ~every morningの部分の主語はyou(あなたが)で述語は find (気づく)です。「何に気が付くのか」はyou just can’t spring out of bed(ベッドからさっと起きることができない)です。 on timeは「時間通りに」です。every morningは「毎朝」です。後半部分の主語はyou(あなたは)で述語はmay be able to blame(~のせいにできるかもしれない)です。「何を誰のせいにするのか」はit(起きられないこと)を on your genes(遺伝子のせいに)です。 a new scientific study has foundは「新しい研究が発見しました」です。

訳:新しい研究によると、もしあなたが毎朝、時間通りに起きられないとすればそれはあなたの遺伝子のせいかもしれない、ということがわかりました。

*************************************** *******

いかがでしょう?今回から新しい記事を読んでいきましょう。朝がどうしても起きられない人は「たるんでる」などと言われることもありますが、科学的な検証の結果も見てみると面白いものがありますね。またしっかり読んでいきましょう。お楽しみに。

**********************************************

当校ではレベルの高い英文を基礎から説明していきます。随時無料体験レッスン可能です。お問い合わせください。

2019年2月20日

第201回 「朝方人間か夜型人間かは遺伝子しだい」その2

遺伝子の図

今回も「最先端科学・医療研究」の分野を扱います。AFP配信2019年1月20日の記事Morning lark? Night owl? Blame it on your genes, study says(研究発表:朝方人間か夜型人間かは遺伝子しだい)です。

今日は第3パラグラフから読みすすめていきましょう。

(注 解説しやすいようにパラグラフに記号や文ごとに番号を入れる場合があります)

Morning lark? Night owl? Blame it on your genes, study says

(3)The research analysed a wealth of genetic data gathered from the DNA testing website 23andme and a British “biobank” to better understand what makes someone a “morning lark” or a “night owl”.

(4)”This study is important because it confirms that your morning or evening preference is, at least to some extent, determined by genetic factors,” said Michael Weedon, a professor at the University of Exeter Medical School, who led the research.

解説

研究発表「朝方人間か夜型人間かは遺伝子しだい」

第3パラグラフ

The research analysed a wealth of genetic data gathered from the DNA testing website 23andme and a British “biobank” to better understand what makes someone a “morning lark” or a “night owl”.

主語はThe research (この研究は)で述語はanalysed(分析しました)です。「何を分析したのか」は a wealth of genetic data(大量の遺伝子データ)です。a wealth of~は「大量の~」です。ここにgathered(集められた)がかかります。 どこから集めたのかはfrom the DNA testing website 23andme(DNA検査のためのWEBサイト23andme)と a British “biobank”(イギリスの“バイオタンク”)です。その分析の目的は to better understand(より良い理解のため)です。「何の理解か」は what makes someone a “morning lark” or a “night owl”(何が人を“朝方人間”や“夜型人間”にするのか)です。

訳:この研究では、何によって「朝方人間」か「夜型人間か」をよりよく理解するために、DNA検査のためのWEBサイト23andmeとイギリスの“バイオタンク”から集めた大量の遺伝子データが分析されました。

第4パラグラフ

“This study is important because it confirms that your morning or evening preference is, at least to some extent, determined by genetic factors,” said Michael Weedon, a professor at the University of Exeter Medical School, who led the research.

この部分はセリフです。発言者は”Michael Weedon (マイケル・ウィードンさん)です。その肩書はa professor at the University of Exeter Medical School(エクスター大医学部の教授)です。who led the researchは「彼が研究を率いました)です。
セリフの中身を見ましょう。主語はThis study(この研究)で述語は is important (重要です)です。because以下にその理由があります。itは前の文の主語であるThis study(この研究)です。述語はconfirms (確認する)です。「何を確認するのか」はthat以下です。カンマで囲まれる部分を除いて文を見てみると your morning or evening preference is determined by genetic factors(あなたの朝、もしくは夜のパフォーマンスは遺伝的な要因で決定される)という文が書かれています。カンマの部分は, at least to some extent(少なくともある程度は)です。

訳:今回の研究を率いたエクスター大医学部のマイケル・ウィードン教授は「この研究で、あなたの朝、晩のパフォーマンスは少なくともある程度は遺伝的な要因によって決定されることが確認されるのであるという理由で重要なのです」と話しています。

*************************************** *******

いかがでしょう?今回の研究の実験方法が示されました。研究には手法と因果関係が重要ですので、その手法の検証もまた重要ですね。次回もしっかり読んでいきましょう。お楽しみに。

**********************************************

当校ではレベルの高い英文を基礎から説明していきます。随時無料体験レッスン可能です。お問い合わせください。

2019年2月27日

第202回 「朝型人間か夜型人間かは遺伝子しだい」その3

遺伝子の図

今回も「最先端科学・医療研究」の分野を扱います。

AFP配信2019年1月20日の記事Morning lark? Night owl? Blame it on your genes, study says(研究発表:朝方人間か夜型人間かは遺伝子しだい)です。今日は第5パラグラフから読みすすめていきましょう。
(注 解説しやすいようにパラグラフに記号や文ごとに番号を入れる場合があります)

Morning lark? Night owl? Blame it on your genes, study says

(5)The study is the largest of its kind — it looked at data from nearly 700,000 people — and found that significantly more genetic factors are tied to when people sleep and wake than previously known.

(6)Researchers knew of 24 genes linked to sleep timing, but the new study published Wednesday in the Nature Communications journal found an additional 327 play a role

解説

研究発表「朝型人間か夜型人間かは遺伝子しだい」

第5パラグラフ

The study is the largest of its kind — it looked at data from nearly 700,000 people — and found that significantly more genetic factors are tied to when people sleep and wake than previously known.

主語はThe study(この研究)で述語はis the largest of its kind (この種においては最大級のものです)です。ここにダッシュ(-)以下で追加説明がされます。その説明はit looked at data from nearly 700,000 people (それは約7万人のデータを調べました)です。次のand found(そして発見しました)の主語は前の文の主語The study(この研究)です。「何を発見したのか」は that 以下です。その中身の主語はsignificantly more genetic factors(かなり多くの遺伝子要因)です。述語はare tied (結びついている)です。「何に結びついているのか」はto when people sleep and wake (人がいつ寝て起きるのか)ということについてです。than previously knownは「以前に知られていたよりも」です。

訳:この研究はこの類のものでは最大級のもので、約7万人のデータを調べました。そして分かったことは、これまで知られていたものとりよりもかなり多くの遺伝的要因がいつ起きていつ寝るのかに結びついているということです。

第6パラグラフ

Researchers knew of 24 genes linked to sleep timing, but the new study published Wednesday in the Nature Communications journal found an additional 327 play a role.

主語はResearchers(研究者)で 述語はknew (知っていた)です。「何について知っていたのか」はof 24 genes (24の遺伝子について)です。どんな遺伝子か」はlinked to sleep timing(睡眠時間につながる)です。次の文の主語は the new study (新しい研究)です。ここにpublished Wednesday in the Nature Communications journal (水曜にネイチャーコミュニケーション誌が発表した)がかかります。述語はfound (発見した)です。「何を発見したのか」はan additional 327 play a role(追加的な327の遺伝子が役割を果たしている)ということです。

訳:研究者たちは.睡眠時間につながる24の遺伝子について知っていましたが、水曜にネイチャーコミュニケーション誌が発表した新しい研究では追加的な327の遺伝子が役割を果たしていることがわかったということです。

*************************************** *******

いかがでしょう?以前から睡眠に関する遺伝子は知られていたということですが、今回はその数も役割も違っています。どのように話が進んでいくのでしょう。次回もまたしっかり読んでいきましょう。お楽しみに。

**********************************************

当校ではレベルの高い英文を基礎から説明していきます。随時無料体験レッスン可能です。お問い合わせください。

2019年3月13日

第203回 「朝型人間か夜型人間かは遺伝子しだい」その4

夜更かしする女性

今回も「最先端科学・医療研究」の分野を扱います。

AFP配信2019年1月20日の記事Morning lark? Night owl? Blame it on your genes, study says(研究発表:朝方人間か夜型人間かは遺伝子しだい)です。今日は第7パラグラフから読みすすめていきましょう。
(注 解説しやすいようにパラグラフに記号や文ごとに番号を入れる場合があります)

Morning lark? Night owl? Blame it on your genes, study says

(7)The analysis also showed that those with a genetic tendency to sleep later have a higher risk of mental health problems such as schizophrenia, though the authors cautioned that more work was needed to understand the link.

(8)Researchers found the genes they identified could shift a person’s natural waking time by up to 25 minutes

解説

研究発表「朝型人間か夜型人間かは遺伝子しだい」

第7パラグラフ

The analysis also showed that those with a genetic tendency to sleep later have a higher risk of mental health problems such as schizophrenia, though the authors cautioned that more work was needed to understand the link.

主語はThe analysis(この分析)で述語は also showed(さらに示しました)です。「何を示したのか」は that以下です。ここでの主語はthose (人)です。ここにwith a genetic tendency(遺伝子的な傾向をもつ)がかかります。「どんな遺伝子か」は to sleep later(遅く寝る、夜更かしする)です。述語はhave a higher risk(高いリスクがある)です。「どんなリスクか」は mental health problems (精神衛生上の問題)です。such as schizophreniaは「統合失調症のような」です。次のthough the authors cautioned は「作者が警告していますが」です。「どんな警告をしているのか」は more work was needed to understand the linkの部分です。more work は「より多くの作業」で、この文の主語です。述語はwas needed(必要である)です。「何の必要か」はto understand the link(そのつながりを理解する)必要性です。

訳:この分析では、著者は関連性を理解するのに更なる作業が必要であると注意しながらも、夜更かしをしがちな人は統合失調症のような精神衛生上のリスクを抱えているということを指摘しています。

第8パラグラフ

Researchers found the genes they identified could shift a person’s natural waking time by up to 25 minutes

主語はResearchers(研究者)で述語は found(発見しました)です。「何を発見したのか」は the genes they identified(彼らが認識した遺伝子) までが主語でcould shift(移動させることが可能です)が述語です。「何を移動させるのか」はa person’s natural waking time(人の起床時間)です。「どのくらい移動させられるのか」は by up to 25 minutes(25分まで)です。

訳:研究者は彼らが認識した遺伝子は起床時間を最大25分間早めたり遅めたりすることができるということを発見しました。

*************************************** *******

いかがでしょう?特定の遺伝子で起床時間が約30分も影響するということは、かなり大きな違いを生むことになると思います。次回もまたしっかり読んでいきましょう。お楽しみに。

**********************************************

当校ではレベルの高い英文を基礎から説明していきます。随時無料体験レッスン可能です。お問い合わせください。

2019年3月20日

第204回 「朝型人間か夜型人間かは遺伝子しだい」その5

脳と波長

今回も「最先端科学・医療研究」の分野を扱います。AFP配信2019年1月20日の記事Morning lark? Night owl? Blame it on your genes, study says(研究発表:朝方人間か夜型人間かは遺伝子しだい)です。

今日は第9パラグラフから読みすすめていきましょう。
(注 解説しやすいようにパラグラフに記号や文ごとに番号を入れる場合があります)

Morning lark? Night owl? Blame it on your genes, study says

(9)The initial phase of the research involved analysing the genes of people who self-reported as either a “morning person” or an “evening person”.

(10)Because those terms can mean different things to different people, the researchers examined a smaller set of participants who were using activity trackers.

解説

研究発表「朝型人間か夜型人間かは遺伝子しだい」

第9パラグラフ

The initial phase of the research involved analysing the genes of people who self-reported as either a “morning person” or an “evening person”

主語はThe initial phase(最初の段階)です。「何の最初の段階か」はof the research(研究の)です。述語はinvolved(含んでいる)です。「何を含んでいるのか」は analysing the genes(遺伝子の分析)です。「どんな遺伝子か」は of people(人間の)です。ここに関係代名詞who以下がかかります。 この部分の述語はself-reported(自己申請した)です。「どのように自己申請したのか」はas either a “morning person” or an “evening person”(「朝方人間」か「夜型人間」か)です。

訳:研究の第一段階には「朝方人間」か「夜型人間」かを自己申請した人の遺伝子の分析も含まれています。

第10パラグラフ

Because those terms can mean different things to different people, the researchers examined a smaller set of participants who were using activity trackers.

この文は長いので2文に分けます。まず、Becauseは「~という理由で」と訳すとうまくいく従属接続詞です。主語はthose terms(これらの言葉)です。具体的には a “morning person” or an “evening person”(「朝方人間」や「夜型人間」)を指します。述語は can mean (意味する可能性がある)です。「何を意味するのか」はdifferent things(異なったこと)です。「誰に対してか」は to different people(異なった人に)です。ここまでが前半です。

後半部分の主語はthe researchers(研究者は)で述語はexamined (調べました)です。「何を調べたのか」はa smaller set of participants(小集団の参加者)です。ここに関係代名詞who以下がかかります。述語はwere using activity trackers(個別の測定装置を付けている)です。activity trackersはスマートウォッチのような個別測定機器を指します。

訳:こうした言葉は人によって個人差があるので研究者は個別の測定装置を付けた小集団で実験をしました。

*************************************** *******

いかがでしょう?ここでは実験方法の客観性の担保を得るために、そのやり方が書かれています。日常生活の中での睡眠時間の測定はなかなか難しいのでこうした機器の活躍は必須ですね。次回もまたしっかり読んでいきましょう。お楽しみに。

**********************************************

当校ではレベルの高い英文を基礎から説明していきます。随時無料体験レッスン可能です。お問い合わせください。

2019年3月27日

第205回 「朝型人間か夜型人間かは遺伝子しだい」その6

目覚まし時計

今回も「最先端科学・医療研究」の分野を扱います。AFP配信2019年1月20日の記事Morning lark? Night owl? Blame it on your genes, study says(研究発表:朝方人間か夜型人間かは遺伝子しだい)です。

今日は第11パラグラフから読みすすめていきましょう。
(注 解説しやすいようにパラグラフに記号や文ごとに番号を入れる場合があります)

Morning lark? Night owl? Blame it on your genes, study says

(11)They looked at information from the wrist-worn trackers of more than 85,000 participants in the UK Biobank to find objective data about their sleep patterns.

(12)They found the genes they had identified could shift a person’s natural waking time by up to 25 minutes, but there were no apparent links between the genes and how long or how well people slept.

解説

研究発表「朝型人間か夜型人間かは遺伝子しだい」

第11パラグラフ

They looked at information from the wrist-worn trackers of more than 85,000 participants in the UK Biobank to find objective data about their sleep patterns.

主語はThey(研究者)で述語はlooked at information(情報を見ました)です。 「どこからの情報か」はfrom the wrist-worn trackers(手首にまいた個別測定器)です。「誰に対する機器か」はof more than 85,000 participants in the UK Biobank(UKバイオバンクの8万5千人以上の参加者)です。次の to find は「見つけるために」です。「何を見つけるのか」はobjective data(客観的なデータ)です。「何についてのデータか」は about their sleep patterns(睡眠パターンについて)です。

訳:研究者たちは睡眠に関する客観的なデータを集めるためにUKバイオバンクの8万5千人以上の参加者の手首にまいた個別の測定機器からデータを採取しました。

第12パラグラフ

They found the genes they had identified could shift a person’s natural waking time by up to 25 minutes, but there were no apparent links between the genes and how long or how well people slept.

このパラグラフの前半部は第8パラグラフの内容と同じですので、後半部を見てみましょう。後半はbut ~です。ここでの文構造はthere were ~ですから、「~がありました」と訳します。「何があったのか」の部分は主語ですがno があるので「~はありませんでした」と訳すのが一般的です。「何がなかったのか」はapparent links(明確なつながり)です。「何とのつながりか」は between the genes and how long or how well people slept(遺伝子とどれだけ長くどれだけ良質な睡眠がとれたか)です。

訳:研究者は彼らが認識した遺伝子は起床時間を最大25分間早めたり遅めたりすることができるということを発見しました。しかし遺伝子と睡眠の量や質との明確な関連性はありませんでした。

*************************************** *******

いかがでしょう?今回の実験では睡眠の量や質といった要因と遺伝子の関連性の研究はされていないということですが、これが次の研究対象になりそうですね。また次回もしっかり読んでいきましょう。お楽しみに。

**********************************************

当校ではレベルの高い英文を基礎から説明していきます。随時無料体験レッスン可能です。お問い合わせください。

2019年4月03日

第206回 「朝型人間か夜型人間かは遺伝子しだい」その7

目覚まし時計と昼と夜

今回も「最先端科学・医療研究」の分野を扱います。AFP配信2019年1月20日の記事Morning lark? Night owl? Blame it on your genes, study says(研究発表:朝方人間か夜型人間かは遺伝子しだい)です。

今日は小見出しから第14パラグラフの前半までを読みすすめていきましょう。
(注 解説しやすいようにパラグラフに記号や文ごとに番号を入れる場合があります)

Morning lark? Night owl? Blame it on your genes, study says

– ‘Morning person’ –

(13)The study also looked at why certain genes influence when people sleep and wake up, finding differences in the way the brain reacts to light and the functioning of internal clocks.

(14)To test long-standing theories about the links between sleep patterns and certain illnesses, the researchers also analysed the correlation between “morning” and “evening” genes and various disorders.

解説

研究発表「朝型人間か夜型人間かは遺伝子しだい」

小見出し

– ‘Morning person’ –

この見出しは「朝方人間」でよいでしょう。

第13パラグラフ

The study also looked at why certain genes influence when people sleep and wake up, finding differences in the way the brain reacts to light and the functioning of internal clocks.

主語はThe study(この研究)で述語は looked(研究した)です。「何を研究したのか」はat 以下です。why certain genes influenceは「なぜ特定の遺伝子が影響するのか」です。「いつ影響するのか」はwhen people sleep and wake up(人がいつ寝ていつ起きるか)です。 次のfinding ~は分詞構文ですが、先の動詞looked(研究した)からつながってきて「そして発見した」と訳すとうまくいきます。「何を発見したのか」はdifferences (相違)です。「どんな相違か」はin the way the brain reacts(脳の反応の仕方)です。「何に対する反応か」は to lightは「光に対して」です。 and the functioning(機能)はその前にある differences (相違)からつながります。「何の機能か」はof internal clocks(体内時計)です。

訳:この研究では、いつ人が寝たり起きたりするかに関してなぜ特定の遺伝子が影響するのかも検証し、光に関して脳の反応の仕方に相違があることと体内時計の相違についても相違があることを見出しました。

第14パラグラフ

To test long-standing theories about the links between sleep patterns and certain illnesses, the researchers also analysed the correlation between “morning” and “evening” genes and various disorders.

この文は長いので、カンマの部分で2か所に切ります。前半はTo testで「検証するために」です。「何を検証するのか」は long-standing theories(長期に渡り続いている理論)です。「何についてか」はabout the links(関連性についてです)「どんな関連性か」はbetween sleep patterns and certain illnesses(睡眠パターンとある種の疾病)です。

*************************************** *******

いかがでしょう?遺伝子と脳の反応、体内時計との関連など、「起きること」や「寝ること」のメカニズムとの関連は興味深いですね。次回もまたしっかり読んでいきましょう。お楽しみに。

**********************************************

当校ではレベルの高い英文を基礎から説明していきます。随時無料体験レッスン可能です。お問い合わせください。

2019年4月17日

第207回 「朝型人間か夜型人間かは遺伝子しだい」その8

目覚まし時計と昼と夜

今回も「最先端科学・医療研究」の分野を扱います。AFP配信2019年1月20日の記事Morning lark? Night owl? Blame it on your genes, study says(研究発表:朝方人間か夜型人間かは遺伝子しだい)です。

今日は第14パラグラフの後半からを読みすすめていきましょう。
(注 解説しやすいようにパラグラフに記号や文ごとに番号を入れる場合があります)

Morning lark? Night owl? Blame it on your genes, study says

– ‘Morning person’ –

(14)To test long-standing theories about the links between sleep patterns and certain illnesses, the researchers also analysed the correlation between “morning” and “evening” genes and various disorders.

(15)They found that a genetic inclination to sleep and wake earlier appears to be tied to a lower risk of depression and schizophrenia, and improved well-being.

解説

研究発表「朝型人間か夜型人間かは遺伝子しだい」

小見出し

– 朝方人間 –

第14パラグラフ

To test long-standing theories about the links between sleep patterns and certain illnesses, the researchers also analysed the correlation between “morning” and “evening” genes and various disorders.

前回の続きで、後半部分を見ましょう。主語はthe researchers(研究者たち)で述語は also analysed (分析もしました)です。「どんな分析か」はthe correlation (相互関係)です。「何の相互関係か」ですが、この部分はandに注意してください。between A and B(AとBの間の)のAとBを限定しましょう。Aは “morning” and “evening” genes(「朝方」遺伝子と「夜型」遺伝子) です。Bは various disorders(様々な疾病)となります。

訳:睡眠パターンと特定の疾病の関連性に関してのこれまでの定番の理論を検証するために研究者たちは「朝方」遺伝子や「夜型」遺伝子と様々な疾病の相互関係の分析もしました。

第15パラグラフ

They found that a genetic inclination to sleep and wake earlier appears to be tied to a lower risk of depression and schizophrenia, and improved well-being.

主語はTheyで「研究者」です。述語はfound that ~で「~を発見しました」です。「何を発見したのか」はa genetic inclination(遺伝的な傾向)です。「どんな傾向か」は to sleep and wake earlier(早寝早起き)がappears (見える)傾向です。「どのように見えるのか」はto be tied to a lower risk (リスクが低いことと結びついている)ように見える、ということです。「どんなリスクか」はof depression and schizophrenia(うつ病や統合失調症)です。そして、improved well-being(健康状態の改善)は to be tied to(~と結びついている)からつながります。

訳:研究者によると、早寝早起きする遺伝的傾向はうつ病や統合失調症のリスクを低め健康状態の改善につながるように見えるということです。

*************************************** *******

いかがでしょう?早寝早起きがうつ病や統合失調症の改善と関連があるというのもなんとなくイメージが湧くのではないでしょうか。またしっかり読んでいきましょう。お楽しみに。

**********************************************

当校ではレベルの高い英文を基礎から説明していきます。随時無料体験レッスン可能です。お問い合わせください。

2019年4月24日

第208回 「朝型人間か夜型人間かは遺伝子しだい」その9

眠たい女性

今回も「最先端科学・医療研究」の分野を扱います。AFP配信2019年1月20日の記事Morning lark? Night owl? Blame it on your genes, study says(研究発表:朝方人間か夜型人間かは遺伝子しだい)です。

今日は第16パラグラフからを読みすすめていきましょう。
(注 解説しやすいようにパラグラフに記号や文ごとに番号を入れる場合があります)

Morning lark? Night owl? Blame it on your genes, study says

– ‘Morning person’ –

(16)However, Weedon acknowledged it was not immediately clear if the link was the direct result of being a “morning person”, or caused by the fact that early risers have an easier time in the 9-5 work environment.

(17)The researchers plan to look at whether “genetically evening people have worse outcomes if they are active in the morning, compared to those whose genetics and activity are aligned,” he said.

解説

研究発表「朝型人間か夜型人間かは遺伝子しだい」

小見出し

– 朝方人間 –

第16パラグラフ

However, Weedon acknowledged it was not immediately clear if the link was the direct result of being a “morning person”, or caused by the fact that early risers have an easier time in the 9-5 work environment.

文頭のHoweverは「しかしながら」です。この文の主語はWeedon(今回の研究を率いたエクスター大医学部のマイケル・ウィードン教授)で、述語は acknowledged(認めた)です。「何を認めたのか」はit was not immediately clear ~で「~はただちに明確になるということはない」です。~の部分はif A or B「AなのかBなのか」という構造になっています。Aの部分はthe link was the direct result of being a “morning person”(このつながりは「朝方人間」であるという直接の結果である)でBは 文頭にthe link was (このつながり)が省略されています。caused by the fact that ~はthe link was caused by the fact that ~ということですから「~という事実によって引き起こされた」です。「どのような事実か」はearly risers(早起きな人)が have an easier time (ゆったりとした時間を過ごす)という事実です。「いつ過ごしているのか」はin the 9-5 work environment(9時から5時までの労働環境下で)です。

訳:しかし、ウィードン教授はこの関係性が「朝方人間」であることの直接の結果であるのか、もしくは早起きの人が9時から5時までの職場環境で過ごしやすい時間を過ごしていることからきているのかどうかはすぐには明らかにはならないと認めています。

第17パラグラフ

The researchers plan to look at whether “genetically evening people have worse outcomes if they are active in the morning, compared to those whose genetics and activity are aligned,” he said.

主語はThe researchers(研究者たち)で述語はplan to look at(調べることを計画している)です。「何を調べるのか」はwhether以下です。このwhetherは名詞節ですので「~かどうか」と訳します。ここから後ろはセリフの部分です。発言者はWeedon(ウィードン教授)です。genetically は「一般的に」です。evening people have worse outcomesは「夜型人間がより悪い結果を持っている」です。つまり。「夜型人間の結果の方が好ましくない」という意味です。

次のif they are active in the morningは「もし彼らが朝に活動するなら」です。compared to~は「~と比較して」です。 「誰と比較するのか」はthose(人たち)です。「どんな人たちか」は whose genetics and activity are aligned(遺伝子と活動が調整された)人です。

訳:研究者は「一般的に夜型人間が朝活動すると、遺伝のタイプをその活動時間に考慮した人より悪い結果を残す」かどうかを研究する計画をしていると述べています。

*************************************** *******

いかがでしょう?しっかりしたエビデンスになるには、導かれた結果の検証を経てされにそれを裏打ちする新しい実験が必要ですね。次回もまたしっかり読んでいきましょう。お楽しみに。

**********************************************

当校ではレベルの高い英文を基礎から説明していきます。随時無料体験レッスン可能です。お問い合わせください。

2019年5月15日

第209回 「朝型人間か夜型人間かは遺伝子しだい」その10

夜型と目覚まし時計

今回も「最先端科学・医療研究」の分野を扱います。AFP配信2019年1月20日の記事Morning lark? Night owl? Blame it on your genes, study says(研究発表:朝方人間か夜型人間かは遺伝子しだい)です。

今日は第18パラグラフから最後までを読んでいきましょう。
(注 解説しやすいようにパラグラフに記号や文ごとに番号を入れる場合があります)

Morning lark? Night owl? Blame it on your genes, study says

– ‘Morning person’ –

(18)The study did not find evidence of a causal link between genes that affect sleep times and metabolic diseases, like type 2 diabetes.

(19)But further research will look at the issue in individuals whose natural sleep inclinations are mismatched with their lifestyles.

(20)”For example, are individuals who are genetically evening people but have to wake up early because of work commitments particularly susceptible to obesity and diabetes?” the study asks.

解説

研究発表「朝型人間か夜型人間かは遺伝子しだい」

小見出し

– 朝方人間 –

第18パラグラフ

The study did not find evidence of a causal link between genes that affect sleep times and metabolic diseases, like type 2 diabetes.

主語はThe study (この研究)で述語はdid not find (見つけませんでした)です。「何を見つけなかったのか」はevidence(証拠)です。「何の証拠か」は of a causal link (因果関係)です。「どんな因果関係か」はbetween以下にあります。ここでbetween A and Bという形になっていることに気が付いてください。Aはgenes that affect sleep times (睡眠時間に影響する遺伝子)です。Bは metabolic diseases(代謝性疾患)です。like type 2 diabetesは「2型糖尿病のような」です。

訳:この研究では睡眠に影響する遺伝子と2型糖尿病のような代謝性疾患との因果関係の証拠を見つけることができませんでした

第19パラグラフ

But further research will look at the issue in individuals whose natural sleep inclinations are mismatched with their lifestyles.

この文の主語は further research (さらなる研究)で、述語はwill look at (調べるでしょう)です。「何を調べるのか」はthe issue(問題)です。「どのような問題か」は in individuals(一人一人の抱える)です。その一人一人が「どのような人か」の説明が whose以下です。ここでの主語はnatural sleep inclinations(自然な睡眠の傾向)で述語が are mismatched(整合していない)です。「何と整合していないのか」は with their lifestyles(その人のライフスタイル)です。

訳:しかし、さらなる研究ではその人の一般的な睡眠の傾向とライフスタイルが整合していない人の問題点についても研究することになります。

第20パラグラフ

“For example, are individuals who are genetically evening people but have to wake up early because of work commitments particularly susceptible to obesity and diabetes?” the study asks.

この文の主語は the study(この研究)で述語はasks(問いかけている)です。その中身が文頭からのダブルコーテーションマーク(”)の中に疑問文の形で書かれています。 主語はindividuals(人)で、述語がare susceptible(病気にかかりやすい)です。残りの部分は修飾語です。まず、individuals who are genetically evening people but have to wake up early because of work commitmentsまでが意味上のかたまりです。individuals が先行詞でwhoという関係代名詞がありますから、この部分をすべてindividuals(人)にかけて訳します。are genetically evening people は「一般的に夜型人間」です。but have to wake up early because of workは「職場環境のせいで早起きしなければならない」です。つなげると「一般的には夜型人間ですが、仕事のせいで朝早く起きなければならない人」です。

次にparticularly susceptible to obesity and diabetes?の部分です。particularlyは「特に」です。 susceptible to ~は「~にかかりやすい・感染しやすい」です。obesity and diabetesは「肥満や糖尿病」です。

訳:この研究では「例えば、一般的に夜型人間であるのに朝早く起きて働かなければならない人は特に肥満や糖尿病にかかりやすいのだろうか」ということを問いかけているのです。

*************************************** *******

いかがでしょう?今回でこの記事はお終わりです。また次回から新しい記事を読んでいきましょう。お楽しみに。

**********************************************

当校ではレベルの高い英文を基礎から説明していきます。随時無料体験レッスン可能です。お問い合わせください。

2019年5月22日

   

プロフィール

峰岸敏之

早稲田大学大学院法学研究科卒業後、大手新聞社で記者を経験し、講師へ転向する。大手予備校の河合塾をはじめとした有名予備校や医学系予備校などで、英語科責任者などを担当。

15年以上に渡って高校生や高卒生を指導した経験を活かし、2013年に「絶対合格」を合言葉に医学部専門予備校、エースメディカルみなとみらいを横浜に開校。代表を務めながらも自ら英語・小論文を指導し、毎年多くの医学部合格者を輩出している。

医学部予備校の特集企画
メディカルline 現役生の医学部受験
医学部独占インタビュー!野田クルゼ 医学部独占インタビュー!学び舎グループ
医学部独占インタビュー!代官山メディカル 医学部独占インタビュー!ウインダム
医学部予備校独占インタビュー!~医進の会~ 医学部独占インタビュー!四谷学院
医学部予備校独占インタビュー!~TMPS医学館~ 「時事英語」特別講義
医学部予備校ランキング 医学部とは
PAGE TOP