社会人でも再受験や学編入で医学部を目指して多くの人が勉強しています。

社会人でも医学部予備校に通いながらなら勉強すれば合格可能?

医学部受験対策

社会人が医学部予備校に通って編入や受験・合格するのは可能?
  • 公開日:
  • 更新日:

社会人で受験を考えているなら医学部予備校に通うのがおすすめ

社会人の中には、一度医学部入学を諦め、他学部へ進学したが医学部のことが諦めきれなかった人、または社会に出てから再度思い直し、医師を目指したいと考える人が毎年一定数いらっしゃいます。

社会人で医学部を目指す場合は、なかなか合格できなくて途中で挫折してしまう受験生も多いのが現状なのですが、コツコツと勉強し、見事合格を勝ち取っている人も毎年いらっしゃいます。

社会人が医学部を目指す場合は「学士編入」と「再受験」という二つの方法がありますが、どちらもかなりの勉強量が必要。

医学部へ合格したい!と勉強を決断したときの固い意思を忘れず、モチベーション高く持ち続けることが何よりも重要と言えるでしょう。

しかし、独学で医学部合格のために勉強を続けるのは相当厳しく時間もかかっていしまいます。

やはり少しでも合格への可能性を高めるのであれば、医学部予備校などプロの講師の指導の下で効率よく学習することがおすすめ。

もちろん学費の問題もあると思いますが、教育ローンを設けている医学部予備校もたくさんあるので有効活用していくと良いですし、社会人として仕事を終えたあと通える医学部もあるのでそれらも選択肢に入れると良いでしょう。

学士編入で医学部を目指す

医学部を目指す方法として他学部の学士号を取得している社会人であれば、大学の学士編入制度を利用して医学部を目指すことができます。

学士編入試験は国立大学を中心に実施しており、私立大学でも東海大学や獨協医科大学などで行なっています。

学士編入であれば、医学部の2年次または3年次に編入できるのでその分学費と時間を節約することが可能

また、文系出身者や学士号を取得していない社会人でも受験可能な医学部もあります

たとえば、東海大学医学部の学士編入では試験科目が英語、適正試験、面接となっており文系出身者でも対策をちゃんと取れば合格することが可能です。

さらに、東海大学医学部では応募資格が短大卒業者、専門学校修了者と広く門戸を開放している点が特徴なので覚えておくと良いでしょう。

ただし、学士編入は競争率が”非常に”高く、とても優秀な受験生が集中するので学力や経歴に自信が無い人などは再受験を選択する傾向にあります。

勉強し、再受験で医学部を目指す

社会人が医学部を目指すもう一つの方法が再受験。

実際に多くの社会人が再受験の道を選んでいる傾向があります。

これは再受験であれば学士編入と異なり、経歴など関係なく学力次第で合格ができる点と、募集人数が多いので合格へのハードルが若干下がるから

しかし、社会人の多くは受験時代から年月が経ってしまっているので、ほぼゼロの状態から学習を再度スタートすることになります。

したがって、医学部を目指すレベルまでの学力まで持っていくことが非常に大変です。暗記やうる覚えでは対応できない問題が多いので、まずは基礎固めから行う必要があるでしょう。

そんな基礎固めや合格のコツを得ることができるのが医学部予備校

医学部予備校であれば、医学部合格指導のプロが専用のカリキュラムで効率よく勉強を指導してくれる上、面接対策なども行ってくれるのでおすすめです。

また、最新の情報などが得られることも医学部予備校に通うメリット。

大学によっては3浪以上や一定の年齢の人に対して制限を事実上課しているところがあるのですが、医学部予備校に相談すれば社会人でも狙いやすい大学を教えてくれるので安心です。

社会人におすすめの医学部予備校の選び方やポイント

社会人の方が医学部予備校の選ぶ際にはきちんと各予備校を比較検討して選ぶ事をおすすめします。

社会人におすすめの選び方のポイントは以下の通り

  • カリキュラムや講師が充実しているか
  • 予備校の設備や環境が整えられているか
  • 通いやすい立地にあるか
  • 受講料や別途費用はいくらか

これらを押さえて医学部予備校を選ぶと後悔のない受験ができそうです。

カリキュラムやノウハウ、指導実績ある講師陣が充実しているか

医学部予備校選びで最も重要なポイントはこのカリキュラムやコース、ノウハウ、指導実績豊富な講師陣が充実しているかどうかです。

これらの情報は資料請求を行う事で詳しく見れますし、実際に見学や個人面談に行っても良いでしょう。

医学部予備校によっては体験授業などが用意されているところもあります。

また大学ごとの合格実績を掲載している医学部予備校は信頼が持てます

予備校の設備や環境が整えられているか

医学部は授業を受けるだけでなく、自習をする場所としても活躍します。とは言っても医学部予備校の中には自習室がいつもいっぱいで利用できないなんてところもありますので、体験授業などを利用する際にはそれらスペースや環境もチェックすると良いでしょう。

仕事をしながらでも通いやすい立地にあるか

社会人の方の多くは仕事をしていたり、スケジュールが何かしらの事情で詰まっている場合も多いはず。

そんな時に医学部予備校が通いにくい場所にあったり、家から遠い、繁華街の近くなど集中しにくい環境であるのであれば、あまりおすすめできません。

これら環境要因は長い医学部受験のための勉強時間においてストレスとなりかねませんので注意が必要です。

受講料や別途費用はいくらか

医学部予備校のような特別なカリキュラムが必要とされる学校は受講料も割高になることが多いです。

また受講料だけでなく、夏季講習や冬季講習、集中指導、予備校内の模試などにかかる別途費用などもチェックしておくと良いかもしれません。

おすすめの医学部予備校は次のページでチェック

さて、そんな社会人の方に知っておいていただきたい医学部予備校の選び方のポイントを知っていただいたところで、次のページでは上記のポイントを押さえたおすすめの医学部予備校をご紹介していきます。

おすすめしている医学部予備校はドコモ受験生の体験談や口コミでも評判が良く、実績が多い予備校のみです。

おすすめの医学部予備校とは

 
 
  広告・PR欄
野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

太宰府アカデミー

太宰府アカデミーの公式サイトです。
https://dazaifu-academy.jp/

ウインダム

ウインダムの公式サイトです。
https://windom.jp/

おすすめ学習法
メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

 
医学部予備校の特集企画
メディカルline 現役生の医学部受験
医学部独占インタビュー!野田クルゼ 医学部独占インタビュー!学び舎グループ
医学部独占インタビュー!代官山メディカル 医学部独占インタビュー!ウインダム
医学部予備校独占インタビュー!~医進の会~ 医学部独占インタビュー!四谷学院
医学部予備校独占インタビュー!~TMPS医学館~ 「時事英語」特別講義
医学部予備校ランキング 医学部とは
医学部の基礎知識
医学部受験対策
医学部予備校詳細
PAGE TOP