医学進学社は医師に必要なサポートを全般的に行う教育コンサルティングです。

医学進学社

医学部予備校詳細

医学進学社

医学進学社

医学進学社

医学進学社は、年齢や現在の学力に関係なく医学部合格が現実的となる画期的な受験対策システム「ESCOM(エクソン)」を提供しています。

難関の医学部受験は、「知っているか、知らないか」で合否が決まるため、偏差値が高いだけでは合格が難しいのが現状です。

さらに、医学進学者では医学部受験のみならず医師になるために必要なプロセスを総合的にサポートしているので、医学部自体にも熟知しており、「合格するために必要な方法」を提供することが可能となっています。

ESCOMを利用すれば、プロの管理指導により多浪生でも再受験生でも医学部合格が実現可能となっています。

無料相談会を実施しているので、特に他校で成績が伸び悩んでいる受験生や浪人を繰り返している受験生は、一度相談してみることをおすすめします。

医学部合格率60%の画期的なシステム「シリウス」で入試を突破

医学進学社のECSOM(エクソン)は医学部に合格するための合理的で全く新しいシステムです。

特に「医学部受験総合サポートプラン~シリウス」は昨年度医学部合格率60%という高い合格率で医学部受験生をバックアップします。

公式サイトはこちら

医師になるための総合コンサルティングを提供

医学進学社は、医学部合格をゴールと捉えておらず、その後直面する学費調達、留年・放校、国家試験対策、開業まで一貫したサポートを提供しています。

学費調達は、一般家庭の医学部受験生にとっては死活問題であり、当校が持つノウハウにより、私立大学医学部が志望校にできる可能性もあります

留年・放校は国家試験対策に関係しており、医師国家試験合格率を高く維持するために進級判定を厳しく設定している大学も少なくありません。

もし放校になれば取得した単位も全て無効になってしまうので、留年や放校の可能性がある場合に適切な対策とアドバイスでサポートします。

開業する場合は、診療科目による場所選びや、地域の医師会との繋がりは重要となってくるため、ネットワークが豊富な当校が間に入ってサポートしてくれます。

このような医学部予備校の領域を超えた教育コンサルティングは、長年培った経験と豊富なネットワークがあるからこそ提供できる医学進学社ならではのサービスです。

医学進学社は多浪生に強い

医学進学社は、年齢や学歴に関係なく多くの医学部合格者を輩出させている受験対策システム「ESCOM」を確立させています。

したがって、大手予備校など他校で浪人を繰り返していた多浪生の多くを医学部へと導いている実績があります。

偏差値50以上あり基礎学力がある程度ある人、そして、浪人生活を5回以上繰り返している人は、医学進学社の特別プランで浪人生活に終止符を打つことが可能です。

多浪には原因が必ずあるので、問題点を明確化し解決していくことで、医学部合格を現実にしていきます。

医学部受験を諦める前に、最後の手段として当校に相談してみてはいかがでしょうか。

詳細はこちら

医学進学社の口コミ・体験談

投稿者:MOSA (男性)
医学部を目指す受験生の学力に応じてプランが用意してあるので自分が目指す医学部への合格が実現しますよ。
2016/3/14
投稿者:ウサッピ (女性)
医学進学社では本当に親身な指導をしている塾です。先生と生徒の距離が近いので雰囲気はとてもアットホームです。些細なことでも気軽に相談できます。
2015/12/29

当サイトでは、現在医学進学社の口コミ・体験談を募集しています。医学部志望の受験生に役立つ情報の場として、ぜひご協力お願いいたします。

口コミ登録はこちら

資料請求はこちら

 
 
  広告・PR欄
野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

太宰府アカデミー

太宰府アカデミーの公式サイトです。
https://dazaifu-academy.jp/

ウインダム

ウインダムの公式サイトです。
https://windom.jp/

おすすめ学習法
メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

 
医学部予備校の特集企画
メディカルline 現役生の医学部受験
医学部独占インタビュー!野田クルゼ 医学部独占インタビュー!学び舎グループ
医学部独占インタビュー!代官山メディカル 医学部独占インタビュー!ウインダム
医学部独占インタビュー!医進の会 医学部独占インタビュー!四谷学院
医学部独占インタビュー!東京医進学院 「時事英語」特別講義
医学部予備校ランキング 医学部とは
PAGE TOP