受験ブームや難関と言われる医学部入試についてどんな科目でどんな日程で実施されているのか今さら聞けないような超基本的な情報をここでは詳しく解説。

今さら聞けない医学部入試について

医学部の基礎知識

今さら聞けない医学部入試について
  • 公開日:
  • 更新日:

少子化で大学受験が易化していると言われているにもかかわらず、医学部入試については例外で今でも難易度が非常に高いです。
むしろ、ここ最近は受験ブームによって医学部入試については難易度が上がっているとも言われています。
そんな医学部入試について今さら他人に聞けないような超基礎的なことから詳しく解説しています。

医学部入試の基本情報

一般枠の医学部入試について

医学部に入学する最も一般的な方法が一般入試を受験して合格することです。

医学部入試においてはもっとも募集定員が多く、ほとんどの受験生が一般入試を受験します

他学部と同様に筆記試験がメインとなりますが、医学部入試については面接試験が全大学で実施されているのが特徴

医師としての適性を見極めるため実施されており、学科試験の成績に関係なく面接試験で不合格とする大学もあるので侮れません。

一般枠の医学部入試については下記で国公立、私立別に詳しく解説していきます。

推薦枠の医学部入試について

医学部入試については、推薦では一般・公募推薦、指定校推薦、地域枠推薦の主に3種類があり、これに加えてAO入試が実施されています。

推薦入試では、高校時代の平均評定が出願条件に設けられ、全科目で平均4.0以上がほとんど。

また、出願資格としては1浪生までが多く(一部2浪まで)、多浪生や再受験生は受験できないので注意しましょう。

試験は、面接、学科試験、適性検査、小論文、書類審査などで構成されています。

最近は、現役や一浪生を好む医学部が増えており、医学部入試については一般枠を減らして推薦枠を増加する大学が増加傾向です

地域枠の医学部入試について

医学部入試については、一般入試または推薦入試内あるいは独立して地域枠という募集枠を設けている医学部がほとんど。

地域枠は、自治体が修学資金として学費相当額を貸与してくれるため、私立でも学費が実質無料になります。

ただし、地域枠の医学部入試については、卒業後は指定された地域内で医師として一定期間働かなければなりません。

指定された場所で一定期間働くと貸与された奨学金は返済免除となりますが、卒業後の進路が制限される点に注意しましょう

学士編入の医学部試験について

医学部入試については、1年次途中から3年次にかけて中途入学ができる学士編入試験を実施している大学があります。

2020年時点で私立大学は3医学部だけですが、国立大学は28医学部で採用されており、社会人に門戸を開いています。

学士編入の医学部入試については、筆記試験と面接試験で構成されており、大学によっては英語と自然科学だけ文系出身でも受験しやすい医学部があるのか特徴です

国公立大学の医学部入試について

一般入試は共通テストと二次試験

国公立大学の医学部入試については、共通テスト(旧センター試験)の受験が必須。

前期日程と後期日程で全国の国公立大学が一度に試験を実施するため、併願はできません

試験は共通テストと大学が実施する二次試験(筆記+面接)の合計点で合否が決まります。

共通テストは、国語や社会等の文系科目必須となっており、得点率としては90%以上は欲しいところ。

ただし、旧帝大学など難関医学部ほど二次試験の配点比率のほうが高いため、二次対策も欠かせません。

また、二次試験は実施科目が大学によって異なっており、数学と英語の2科目で受験できる医学部もあります。

二次試験が英語と数学2科目の大学

大学名 共通テスト:二次試験 定員
旭川医科大学 550:350 40
秋田大学 550:400 55
島根大学 700:460 58
徳島大学 900:400 64
宮崎大学 900:600 50

※配点比率には面接の点数を含む場合があります

ほぼ前期日程一発勝負

他学部と同様に国公立大学は医学部入試についても後期日程が実施されますが、最近は廃止する医学部は年々増加しています

山梨大学医学部のように後期日程だけ実施する珍しいケースもありますが、後期はレベルを落として出願してくるため、募集定員の少なさも相まって倍率が非常に高く超難関です

国公立大学医学部入試については、前期日程で合格する気持ちで取り組むことが重要となります。

私立大学の医学部入試について

一次の学科試験と二次の面接試験

私立大学の医学部入試については、学科の一次試験と面接の二次試験(一部小論文あり)で構成されています。

大学ごとの入試の実施日が異なっており、併願受験で複数の大学を受験することが可能です

一次試験は英語・数学・理科二科目で実施される大学ほとんどですが、帝京や昭和では国語も選択できます。

一次試験に合格した受験生は二次試験の面接試験(一部小論文あり)に受験し合否が決定。

ただし、私立大学の医学部入試においては、国公立と違い滑り止めで受験している人も多いので、必ずしも合格者全員が入学しません。

したがって、正規合格とは別に補欠合格が設けられており、入学者数が定員に達しない場合は補欠合格者の中から繰上げ合格者が選定されるのが特徴。

繰上げ合格の連絡は例年3月になってから入ってくることもあるので、私立大学の医学部入試については最後まで諦めないことが重要です

共通テスト利用の試験もあり

私立大学の医学部入試については、一部大学で共通テストを利用した試験を実施ている大学があります。

共通テスト利用の医学部入試については下記のようなパターンで実施されるのが一般的。

  • 共通テスト+面接
  • 共通テスト+面接・小論文
  • 共通テスト+面接・小論文・学科試験

学科試験がない大学も多いので、別途対策が不要となり国公立が第一志望の受験生におすすめです

まとめ

以上のように、医学部入試については様々な区分で定員が募集されています。

どの医学部入試についても難易度は高いですが、自分の力が一番発揮しやすい方法を選ぶことが合格への近道です。

まずは、医学部入試について仕組みや特徴を知って、志望校選びや必要な受験対策を始めると良いでしょう。

 
 
  広告・PR欄
野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

太宰府アカデミー

太宰府アカデミーの公式サイトです。
https://dazaifu-academy.jp/

ウインダム

ウインダムの公式サイトです。
https://windom.jp/

おすすめ学習法
メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

 
医学部予備校の特集企画
メディカルline 現役生の医学部受験
医学部独占インタビュー!野田クルゼ 医学部独占インタビュー!学び舎グループ
医学部独占インタビュー!代官山メディカル 医学部独占インタビュー!ウインダム
医学部予備校独占インタビュー!~医進の会~ 医学部独占インタビュー!四谷学院
医学部予備校独占インタビュー!~TMPS医学館~ 「時事英語」特別講義
医学部予備校ランキング 医学部とは
医学部の基礎知識
医学部受験対策
医学部予備校詳細
PAGE TOP