家庭教師は自分だけのオリジナルカリキュラムで自宅いながら質の高い学習ができます。

家庭教師で医学部受験

医学部受験対策

家庭教師で医学部受験
  • 公開日:
  • 更新日:

家庭教師なら自宅に居ながら自分だけのオリジナルカリキュラムでプロ講師がマンツーマン指導をしてくれます。

そのため、家庭教師で医学部合格を目指す受験生も少なくありません。

実際に、医学部専門の家庭教師もあるなど、医学部予備校に匹敵した学習体制で多くの合格者を輩出しています。

そこで今回は医学部受験対策を家庭教師で目指す場合のメリットやデメリットを解説しながら、最適な受験生はどんなタイプかを最後にまとめていきます。

家庭教師で医学部合格という方法

家庭教師を利用した場合は大手予備校などと違い、自分の成績や苦手論点に対応した自分だけのオリジナルのカリキュラムで授業を受けることができます。

集団指導と違い、自宅で個別指導が受講できるため、周囲を気にせずマイペースに勉強を進めていけるのが特徴です。

現役生の場合は大手予備校等の単科講座を受講するケースが多いですが、自分で講義を選択することがほとんどなので、自分の実力に合った講座を受けていない可能性が高くなります。

また、医学部対策コースに選抜制で入れたとしても、ギリギリ入ったクラスで授業が理解できなかったら意味がありません。

家庭教師は、学力や志望大学に合わせてプロ講師陣が最短ルートで合格が実現できるよう対策してくれるため、無駄なく効率の良い学習が実現できるのが特徴です。

苦手科目が作れない、そして、全ての科目で高度が学力が要求されている医学部受験においては、家庭教師という選択肢は合格を実現するためには適した方法だと言えるでしょう。

利用するメリット


医学部受験対策を担当する家庭教師は、多数の医学部合格を導いてきたベテラン講師、または現役の医学部生がほとんど。

ベテラン講師陣は各大学の情報量が豊富で多くの受験生を合格へと導いてきたノウハウがあり、現役医学部生講師の場合は自らの成功体験をもとに説得力のある指導を提供してくれます。

しかし、家庭教師の場合はそれ以外にも多くのメリットがあるので、ここでは確認していきましょう。

自分だけのカリキュラムで医学部合格が目指せる

個別指導と同じように家庭教師は講師とからマンツーマンの個人指導が受けられるため、カリキュラムは全て生徒に合わせたオーダーメイド。

したがって、教科別はもちろん、分野ごとにも得意・苦手に合わせて授業のバランスが調整できるため、非常に効率的です。

集団授業だとどうしても周りのレベルに合わせた指導を行うため、自分が得意な部分は時間の無駄に感じたり、苦手な分野だともっと指導してもらっかたりしてしまいます。

家庭教師なら、自分の学力に合わせて柔軟に授業内容を調整してもらえるので効率よく受験対策が可能で、短期間で学力を大きく伸ばすことも可能です。

相性の良い講師から直接指導が受けられる

講師も生徒も人間なので、相性の良い悪いはどうしても生じてしまいます。

相性の悪い講師から指導を受けても勉強へのモチベーションは悪影響ばかりで、どんなに実績豊富な講師でも学習効果は期待できません

家庭教師の場合は、生徒との相性を重視し指名制を採用しているところも多いです。

したがって、自分のお気に入りの講師から指導してもらうことが可能なので、勉強へのモチベーション維持も容易で学力が効率よく伸ばせます。

通学時間0分で学習時間を最大限確保できる

家庭教師の場合は教室と自習室は全て自宅なので、通学時間は0分。

通学時間が長いと勉強時間がその分減ってしまうだけでなく、鉄道トラブルや天災などによって勉強に支障をきたすことも珍しくありません

家庭教師ならそのようなストレスと無縁なので、外的要因によって悪影響を受けることなく勉強することが可能です。

また、時間割は自由に決めることができるため、忙しい高校生や大学生・社会人の人でも空いた時間を有効活用しながら医学部受験対策が行えます。

夜遅くまで勉強しても安心・安全

医学部予備校などは夜は21時まで強制学習を行っているところも多いですが、保護者の方にとっては子供の帰宅が夜遅いと心配になりますよね。

家庭教師なら自宅なので、夜遅くまで勉強しても安心・安全です。

特に女子の受験生を持つ保護者にとっては、家庭教師で医学部受験対策が行るのは魅力的だと言えるでしょう。

注意しておきたいデメリット


家庭教師で医学部受験対策を行うことはメリットもあれば、デメリットもやっぱり存在しています。

デメリット部分を知らないと家庭教師を選んで後から後悔やトラブルになってしまうことも否定できません。

そこで、ここは家庭教師で医学部受験対策を行うデメリットについて紹介していきます。

自宅だと勉強に集中できない受験生もいる

高校生の場合は学校生活があるのでそこまで問題ありませんが、浪人生で家庭教師だと自宅で勉強することになるため孤独に受験生活になりがち。

また、自宅だと監視の目もないので、誘惑の多い自室だと受験勉強に集中できないという人もいます。

家では勉強に集中できないという人は、医学部予備校や大手予備校に通って勉強したほうが失敗リスクは少ないです。

さらに、負けず嫌いな性格の場合、周囲で医学部合格を目指して勉強しているライバルの存在がモチベーションアップにつながるため、家庭教師以外の選択肢も考えたほうが良いでしょう。

講師の質や情報量にバラつきがあることも

家庭教師を選ぶときは、医学部受験専門の機関に家庭教師を派遣してもらっている人が多いでしょう。

注意したいのが家庭教師と個人契約して指導してもらう場合です。

実績豊富な講師なら問題ありませんが、講師によって医学部受験に関する情報量や指導力に差が生じてしまうことがあります。

医学部受験も最新の情報を取り入れながら対策を行わないと、医学部予備校や大手予備校の受験生と対策面で差が出てしまいがち。

家庭教師の当たりハズレを回避するためにも、医学部受験専門の家庭教師のほうが信頼できますで。

料金相場は高め

家庭教師は自宅まで講師が来てくれることに加え、マンツーマン指導で授業をしてくれるため学費は高額でになりがち。

特に、医学部予備校や大手予備校などで活躍する講師レベルになると時給は非常に高いので、家庭教師の授業料も非常に高いです。

医学部生講師のほうが料金は下がりますが、やはり多くの合格者を輩出させてきた講師のほうが「教えるプロ」であるため、学力アップは期待できます。

できるだけ学費の負担を抑えたい受験生は、通学タイプの予備校や塾に通うことをおすすめします。

家庭教師の学費はどれくらいかかる?

家庭教師の料金相場が気になる人も多いかもしれませんが、地域や講師の実力によって大きく異なってきます。

例えば、大学生のアルバイト講師だと時給は一番安く、その次に医学部生講師、プロ講師の順で時給相場は高くなっていくのが一般的です。

もし、難関医学部受験の対策を行うなら、医学部生講師またはプロ講師のどちらかになります。

医学部生講師は、自信が合格しているため成功体験をもとに指導してもらえるのは魅力的ですが、「頭が良い=教え方が上手」とは限らない点に注意が必要。

いっぽう、プロ講師陣でも医学部合格者を多数輩出しているベテラン講師にな限られるため、学費は様々な指導スタイルがありますが、一番費用がかかると思っておいて間違いないでしょう。

苦手科目の対策・医学部入試対策にピンポイントで併用することもおすすめ

家庭教師は、1教科から受講できるため、他の予備校や塾に通っている受験生も、苦手科目や志望校の入試対策として併用することもおすすめします。

特に集団指導を利用している受験生の場合、苦手科目を時間をかけて集中対策することは困難な人も多いのではないのでしょうか。

また、医学部入試は大学ごとに出題範囲や問題形式に特徴があるため、志望校対策に家庭教師を使って自分だけの学習計画に沿って対策することで学習効果を高めることが可能です。

したがって、苦手な英語だけ、医学部合格を左右する数学だけ、など科目を絞って現在実施ている勉強と並行して家庭教師を利用することも1つの方法となります。

対策したい科目をピンポイントで選べば、全科目を家庭教師で受講しないため、高額な学費負担も抑えることが可能です。

オンライン家庭教師が増加中


最近は、IT技術の発達だけでなく、新型コロナで通塾を敬遠する受験生向けにオンライン指導で医学部合格が目指せる家庭教師サービスが増えています。

オンライン上でビデオ通話ソフトなどを利用して授業が受けられるので、講師が自宅を訪問することがなく、感染リスクがありません

また、家庭教師の派遣可能エリアに制限がないので、多くの医学部合格者を輩出するプロ講師の指導が日本全国どこからでも受講可能なの点が大きな魅力です

オンラインを使うことで、地域の制限等がなくなるので、豊富な選択肢の中から自分にピッタリの講師を選び、指導が受けらえるので高い学習効果が期待できます。

【まとめ】家庭教師が向いている医学部受験生とその理由

以上、家庭教師で医学部合格を目指したい人向けにメリットやデメリットを紹介してきましたが、まとめるとこんな受験生に家庭教師はおすすめです。

  • 自宅でマイペースに勉強したい
  • マンツーマン指導が受けたい
  • 最寄りに実績豊富な塾や予備校がない
  • 学費は高額でも問題ない
  • 苦手科目や志望校対策としてピンポイントで対策したい

家庭教師がピッタリな人は、特に自宅で勉強できること、学費で問題ないことの2つがメインとなります。

この2つがクリアできれば、実績豊富なプロ講師から直接指導が受けられるので学力アップは期待できます。

また、学費負担がネックの受験生は苦手科目や対策したい科目に絞って利用することも1つの方法です。

家庭教師は体験授業が受講できる場合も多いので、まずはどんな指導やサポートが受けられるか試してみることから始めてみると良いでしょう。

 
 
  広告・PR欄
野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

太宰府アカデミー

太宰府アカデミーの公式サイトです。
https://dazaifu-academy.jp/

ウインダム

ウインダムの公式サイトです。
https://windom.jp/

おすすめ学習法
メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

 
医学部予備校の特集企画
メディカルline 現役生の医学部受験
医学部独占インタビュー!野田クルゼ 医学部独占インタビュー!学び舎グループ
医学部独占インタビュー!代官山メディカル 医学部独占インタビュー!ウインダム
医学部予備校独占インタビュー!~医進の会~ 医学部独占インタビュー!四谷学院
医学部予備校独占インタビュー!~TMPS医学館~ 「時事英語」特別講義
医学部予備校ランキング 医学部とは
医学部の基礎知識
医学部受験対策
医学部予備校詳細
PAGE TOP