宮城県で医学部合格を目指す受験生・保護者のために県内のおすすめ医学部予備校を解説

宮城県でおすすめの医学部予備校を比較解説

医学部予備校の比較

宮城県内のおすすめ医学部予備校を紹介
  • 公開日:
  • 更新日:

年々数が増えていく医学部予備校ですが、東京や大阪、名古屋など都市部にどうしても偏っているイメージがありますよね。

それでも、地方にだって医学部合格を目指している受験生がたくさんいます。

今回は、宮城県在住の医学部受験生に向けて、宮城県内にあるおすすめの医学部予備校からいくつか紹介し、さらに、全国の受験生向けにオンライン通信コースを設置している医学部予備校で特におすすめの予備校を厳選して紹介します。

それぞれの医学部予備校の教育方針や合格実績、合格のための授業カリキュラムや個別指導なのか通信授業の設置もあるのか等、詳しく説明していきます。

医学部予備校とは?

医学部予備校とは?
医学部予備校とは、医学部受験合格を専門とした予備校のことです。

医学部合格を目指した授業カリキュラムで設定されており、1年間それに従って勉強をします。

医学部専門の模試が少ない駿台や河合塾などの大手予備校と違い、医学部生のみを対象とし、過去問・入試情報を研究して作成された模試などが多くあります。

個別指導やマンツーマン指導、学習コーチングが徹底的につき、生徒一人一人の得意科目、得意分野にしたがって志望大学や受験大学まで一緒に相談に乗ってくれます。

受験大学合格に沿った対策・指導を行うため、無駄な勉強をすることなく医学部合格を目指すカリキュラムになっています

生徒のメンタルケア、健康面まで見守ってくれ、寮までも非常に充実しているところが多いです。

医学部予備校の選び方・比較ポイント

医学部予備校の選び方・比較ポイント
医学部予備校を選ぶうえで気にしたいポイントは、以下の3つ。

  • 合格実績
  • 学費
  • 個別指導か集団授業か

合格実績

あたりまえではありますが、合格実績はまず一番にチェックする項目ですよね。

自分の志望校がきまっている人は、その大学に合格した人がいるかチェックしましょう

合格実績は、情報量の多さと比例します。

医学部受験は情報戦争でもありますから、より合格実績のあるところへ、情報量の多いところへ行くのが良いと思います。

学費

学費なんてどこも一緒でしょ、と思われるかもしれませんが、実は医学部予備校は、予備校ごとに学費が全然違います。

さらに言えば、同じ医学部予備校内でコースが変わるだけで、学費が2倍、3倍となるなんてこともざらです。

無理のない範囲で予算を設定し、割引制度特待生度などがあるか見ながら決めるとよいでしょう。

指導形態

マンツーマン指導を行っているのか、個別指導と集団授業の両立なのか、集団授業のみなのかは事前に予備校のサイトなどでチェックしたいポイントです。

個別指導は時間にゆとりのない医学部受験でとても安心な指導方法ですが、それが多くなればなるほど、基本的に学費は上がっていくようになっていますよ。

宮城県内おすすめ医学部予備校一覧

メディカルラボ

メディカルラボ
メディカルラボは、医学部予備校の中でトップの合格実績を誇る医学部予備校です。

名前を一度は聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

メディカルラボの特徴は、個人個人に合わせたカリキュラム作成。

テスト&面談のWチェックで個別カリキュラムを作った後、さらに志望校を絞り込んだ上で、志望校入試で「合格最低点」を取ることを目標にカリキュラムを作成します。

医学部入試ではわずかな得点差が合否に影響しますよね。

メディカルラボでは、ケアレスミスの種類や失った点数などの項目についてケアレスミスノートまで作成してくれる徹底ぶりです。

宮城県にあるメディカルラボ仙台校は仙台駅前にあります。

岩手医科大学、東北医科薬科大学、東北大学医学部など東北の医学部情報はもちろん、校舎間ネットワークを活かし、全国の医学部情報をもとに一般入試・推薦入試の対策を行っています。

自習室は9時から夜10時まで、年中無休で利用可能。授業時間以外の質問には講師に加え、現役医学部の質問専任チューターも対応しているそうですよ。

所在地 〒980-6022 仙台市青葉区中央4-6-1 SS30 22F
コース 国公立医学部受験コース 私立医学部受験コース
学費 5,050,000円
合格実績 1,270人
お問い合わせ先 TEL. 0120-456-391

東北医学受験ゼミナール

東北医学受験ゼミナール
東北医学受験ゼミナールは、宮城県の仙台に校舎を持つ医学部予備校です。

最難関と言われる医学部への受験指導の中で築き上げてきた独自の学習システム【医ゼミ方式】を採用しています。

【医ゼミ方式】は5名前後の少人数制授業で徹底した能力別、志望別、個別指導を行います。

豊富な受験資料と年間学習計画に沿って、合格を目指しますよ。

また、年間40回以上にわたる校内模試による学力チェックのほか、生徒面談・父兄会などを実施して、生徒・父兄・学校三者間との密な連携も特徴的。

受験生の子供のことが気になる親御さんにぴったりな医学部予備校です。

授業で使用する独自のテキストは、長年の実績と最新の入試情報をもとに制作したもので、受験勉強にはこのテキストと高校の教科書さえあれば医学部合格は充分です。

市販の問題集・参考書などは一切必要ありません

本校入学時の志望コースの学校に不合格となり次年度も再チャレンジする場合に次年度の入学金免除制度や、春と秋の年2回実施される試験で特待生に選ばれると、年間授業料のすべてまたは半免が適用され、すでに納付した授業料が返還される特待生制度など、授業料割引制度もとても充実しています。

さらに、入学時において特に成績が優秀なもので、経済的に学費納入が難しい場合、全免または部分免除の処置もあります。

所在地 〒980-0014仙台市青葉区本町1-13-25 (NJ本町ビル)
コース 医歯薬コース
学費 900,000円~
合格実績 公式サイトに人数の記載なし
お問い合わせ先 022-266-6510

宮城からでも!おすすめオンライン・通信予備校一覧

進学塾ビッグバン「FUTURE」

進学塾ビッグバン
進学塾ビッグバンは、教育方針として年間約2,700時間という学習量を掲げる医学部予備校です。

2,700時間というと、なんと大手予備校の3倍

4月から8月までを第1クール、9月から10月までを第2クール、11月から12月までを第3クールとし、同一単元を3回繰り返すことと、9:00~22:00まで強制学習時間を設けているからこそこれが実現可能なのです。

ビッグバンでは、「FUTURE」というオンライン専用のコースがあります。

オンラインコースの設置もしっかりとあります。

実際に通学するのと変わらないクオリティで、医学部合格カリキュラムを自宅のPC・タブレットで受講可能。

ネット環境が不安な人でも、接続は簡単・安心のパソコンサポートで受講前に接続方法・操作方法を丁寧にレクチャーしてくれるそうです。

質問可能な双方向型授業で、面談も行いながら、オンラインでも医学部受験情報、学力分析と合格までの学習計画を作成、伝授してもらえます。

所在地 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-5 村田ビル4F
コース 高3・卒生 FUTURE Sコース(国公立・私立医学部併願)  高3・卒生 FUTURE Aコース(私立医学部専願)
学費 840,000円~
合格実績 43名(他学部含む)
お問い合わせ先 TEL:03-3219-3755

進学塾ビッグバンについてはこちら

学び舎東京

学び舎東京
学び舎東京は、医学部・東大・難関校合格を目指した完全個別指導の専門予備校です。

全ての授業が、講師一人につき生徒一人。

教育方針として、第二言語習得論、と呼ばれる学問の研究成果を受験勉強に応用し、わずか3ヶ月で偏差値を15伸ばすなど、 大きな成果を上げてきた医学部予備校です。

学問的な手法を提供しながら、生徒ひとりひとりのパーソナルな課題を見つけ、向き合い、合格へと導いてくれます。

学び舎東京のオンラインコースの特徴は、質問対応や毎日のチェックテストを、好きなときに、好きな場所で受けられることです。

受講生の学習が停滞することのないよう、学び舎東京では講師による質問対応、単語文法や計算のチェックテスト、実戦形式の学力測定テストなど、自宅でも勉強を効率的に進められる環境を整えています。

さらに、学び舎東京のオンラインコースでは、プランナーによる学習カウンセリングや保護者様とのご面談、志望校に関するご相談など、受験勉強の悩みや合格への不安を解消する場を用意されています。

所在地 〒160-0008 東京都新宿区四谷三栄町16-19 ecoビル1F
コース 中学生コース 高校1・2年コース 高校3年・浪人生コース
学費 1講義13,600円
合格実績 公式サイトに人数の記載なし
お問い合わせ先 03-6380-1548

学び舎東京についてはこちら

アガルートメディカル オンライン

アガルートメディカル
「アガルートメディカル」は、難関国家資格において数多くの合格者を輩出するオンライン講座「アガルートアカデミー」を運営する株式会社アガルートが手掛ける医学部・看護学校受験専門のオンライン予備校です。

アガルートが持つオンライン教育ノウハウを最大限に活用することで、理系最難関学部である医学部・看護学校を最短ルートで突破することができます。

その特徴は、コーチ陣は東京大学、慶應義塾大学、慈恵会医科大学等の難関大学医学部に在籍している現役の医学部生であること。

コーチ自身が厳しい医学部受験を乗り越えた経験者であるからこそ、毎週効果的なアドバイスを受けることができます。

指導の流れとしては、通信・講座を生徒それぞれがオンラインで受講し、週に2回40分ほど、コーチと面談。

さらに、プロ講師とは年4回、模試の成績が出たタイミングなどの節目にプロ講師による定期面談を実施し、志望校選定などの進路指導や学習方法のカウンセリングを受けることが可能です。

さらに、合格特典として、医学部に合格ですることで授業料金が全額返金というのもすごいポイントですね。

その他にも様々な授業料割引制度が充実しているので、費用面で気になる方にもおすすめの医学部予備校です。

コース 国公立大・本科生コース 国公立大・ライトコース 私立大・本科生コース 私立大・ライトコース
学費 248,000円~
合格実績 公式サイトに人数の記載なし
お問い合わせ先 公式サイトよりメールで問い合わせ

アガルートメディカルについてはこちら

Σ会

Σ会
Σ(シグマ)会は、日本初のセカンドオピニオンを主とした医学部予備校です。

セカンドオピニオンというのは、それぞれの予備校に通う受験生が医学部により合格しやすいように手助けができる」セカンドオピニオンという役割を担っているということ。

コースの種類が本当に豊富で、自分に合ったものを選ぶことができます。

医学部受験対策講座は、非常にコストパフォーマンスの高い講座で、現状の学力や学習環境に応じた効率的学習プランと使用教材の提案を行います。

医学部受験自習支援講座は、50日間限定のコースで、受験校の相談や、入試出願書類添削指導3校が付いたコースです。

医学部編入試験受験講座というコースもあり、大学在学しながら、仕事しながら、医学部に編入したい方向けに、通信学習で医学部編入試験に合格したい受験生向けの受験講座です。

現状の学力や学習環境に応じた学習計画を策定し、教材提供を行います。

医学部編入試験生命科学講座では、医学部などの生命科学とは無縁の大学・学部を卒業した再受験生のための、生命科学などについての授業が含まれています。

ネット通信授業のみで、場所や時間に縛られることがないため、周りが気になる再受験生にとって通いやすい医学部予備校と言えるでしょう。

所在地 〒102-0083 東京都麹町1-5-2
コース 上記に記載
学費 月々88,000円~
合格実績 公式サイトに記載なし
お問い合わせ先 公式サイトからe-mail

Σ会についてはこちら

まとめ

今回は、宮城県にある医学部予備校と、宮城県からでもオンラインで受講可能なおすすめの医学部予備校についてご紹介しました。

東京や大阪以外からの医学部受験は、予備校が少ない分情報も得られにくく、大変な面も多くあるかもしれません。

ぜひ今回の記事を参考にして、宮城県内の医学部予備校はもちろん、オンラインコースでの医学部受験も視野に入れて選択してみてください。

公式サイトに詳細を載せていない予備校も多くあるので、資料請求をたり、より詳細な口コミをみるなどしてくださいね。

 
 
  広告・PR欄
代官山MEDICAL

代官山MEDICALの公式サイトです。
https://www.daikanyama1999.com/

ウインダム

ウインダムの公式サイトです。
https://windom.jp/

 
医学部予備校の特集企画
現役生の医学部受験 医学部とは
医学部独占インタビュー!野田クルゼ 医学部独占インタビュー!学び舎グループ
医学部独占インタビュー!代官山メディカル 医学部独占インタビュー!ウインダム
医学部予備校独占インタビュー!~医進の会~ 医学部独占インタビュー!四谷学院
医学部予備校独占インタビュー!~TMPS医学館~ 「時事英語」特別講義
医学部予備校ランキング 医学部予備校独占インタビュー!~東京医進学院~
医学部の基礎知識
医学部受験対策
医学部予備校詳細
PAGE TOP