偏差値や再受験に関係なく1年で医学部合格が実現できる四谷メディカルに独占インタビューを行ないました。

医学部予備校独占インタビュー!~四谷メディカル~

独占インタビュー

医学部予備校独占インタビュー!~四谷メディカル~
  • 公開日:
  • 更新日:

医学部予備校独占インタビュー!~四谷メディカル~

今回は、東京の麹町で豊富な合格実績をあげる医学部予備校四谷メディカルにインタビューを行いました。

講師陣は医学部受験に関して豊富な経験とノウハウを有するスペシャリストで、現役生のみならず、偏差値40台の受験生や多浪生、そして、他学部からの再受験生も合格に導いています。

そうした医学部逆転合格を数多く実現している四谷メディカルの合格メソッドとはどのようなものなのか、校長の中先生に詳しくお話を伺いました。

四谷メディカルとは

四谷メディカル

四谷メディカルは、医学部入試に精通した講師陣が集まって設立された医学部専門予備校です。

特に偏差値40台、多浪、再受験の指導実績が豊富で、豊富な経験とノウハウに基づく確かな指導により、多くの生徒が1年で医学部合格を実現しているのが特徴。

また、医学部入試の合格に大きく影響する数学の指導力が自慢で、苦手な受験生でも得意科目になるくらい学力アップが期待できます。

とにかく面倒見の良い医学部予備校で、講師にいつでも質問や相談ができるラボラトリー制度は生徒からも高い評判です。

成績が伸び悩んでいる高校生や、もう後がない浪人生はぜひ一度四谷メディカルに相談してみることをおすすめします。

詳細はこちら

医学部合格の決定力をつけるには「数学を鍛えること」

――中校長は医学部専門予備校で講師をされてきましたが、ご自分で四谷メディカルを立ち上げたきっかけをお聞かせください。
中校長のいインタビュー場面

中校長:英語講師をやっていたのですが、「少しは学力が上がって健闘できました」というレベルではなく、「合格する決定力が身につく予備校を作りたい」と思ったのが、四谷メディカルのスタート地点です。

医学部受験は難化する一方です。「厳しい戦いを勝ち抜く決定力をつけて試験会場に臨んでもらいたい。四谷メディカルはそれが可能な予備校にする」というコンセプトのもとに講師たちも結束しています。

塾に行かなくても難関大学に合格する受験生が少なくありませんが、そういう生徒は質の高い学習をする習慣がついているからです。四谷メディカルは、講師が生徒のご機嫌を取りながら漫然と知識を伝授するのではなく、生徒自身が自力で能動的に学問を身につけていけるようなプロセス構築に力を注いでおります。

――「合格する決定力をつける」とは具体的にどのようなことでしょうか。

中校長:決定力をつけるためには、「数学力を鍛えることが要(かなめ)」と考えております。数学は全問を解こうとする必要はなく、合否に影響する1問を解ければ得点を大きく伸ばすことができます。その解法を覚えることは決定打をモノにするということになります。

英語や理科は真面目にコツコツと続けることでそれなりの学力アップが期待できますが、数学に関してはコツコツやってもなかなか得意にならないという相談が実は一番多いのです。中には「自分は数学のセンスがないから……」と悲嘆する受験生もいます。

当校には、難関大学受験者のバイブルといわれる『大学への数学(東京出版)』で執筆や添削を手掛けている講師が数人在籍しており、その先生方が生徒の学習法を質の高いものに改善して、数学力・論理的思考力を伸ばすために日々指導にあたっています。

最新のデータサイエンス技術に基づいた万全の受験対策

――四谷メディカルには30年にわたって培ってこられた学習メソッドがあります。ほかの予備校ではなく四谷メディカルに通うメリットを教えてください。

中校長:四谷メディカルは他の予備校の4倍といわれるほどの圧倒的な演習量を誇りますが、それはやみくもに問題を解かせるというやり方ではありません。実力のある講師陣が、生徒一人ひとりに対して自分で問題を解けるように学習法の指導から行っていきます。

特に、定期的に実施する口頭試問では、理解したことを自分の言葉で説明してもらい、きちんと整理・理解しているか、講師陣が鋭くチェックしていきます。

――確かに「口頭試験」なら習熟度がしっかりチェックできますね。

中校長:ええ。これらは近年、世界トップクラスの大学や日本の医学部でも導入されている「アクティブラーニング」と呼ばれる学習方法で四谷メディカルでも導入して成果を上げています。
これは何かを学習するとき、能動的になればなるほど学習の定着率が向上し、受動的になればなるほど定着率が下がるという科学的データに基づいた学習法です。

ほとんどの予備校・塾が主軸としている一方向的な「全体授業」の学習定着率はたったの5%にすぎないといわれています。ところが、当校が実施している演習指導・口頭試問は75~90%の学習定着率を誇っております。これらを指導の主軸とすることは講師陣に激しい消耗を強いることになりますが、受験生を最短で合格させるために最善策であることは確かなのであえて導入しております。

――「全体授業」の15倍以上の学習定着率とは驚異的な学習効率ですね。
四谷メディカルの教室風景
中校長:「演習中心」と銘打った予備校は多数存在しますが、実際は放任で問題をひたすら解かせるだけだったり、学生アルバイト中心でしっかり指導できる講師が不在だったりというところが少なくありません。その点、四谷メディカルは演習量の多さだけではなく、ベテラン講師陣が手間暇かけて生徒たちをサポートするので、偏差値の低い生徒でも合格決定力を身につけられる環境にあると自負しております。

四谷メディカルではラボラトリーという大学のゼミのような教室で生徒と講師が一緒に過ごすシステムなので、常に学習の状況をチェックしてもらったり質問したりすることができるため、間違った努力で報われないとか独りよがりの無駄な学習になることを防ぎ、着実に学力を伸ばしていくことが可能です。時には夜遅くまで延長している光景を見受けますが、学ぶ意欲を育てるのが上手な講師陣が根気よく付き合ってくれますので、勉強が苦手な生徒でも医学部合格を目指せるのです。

多浪生・再受験生の医学部合格実績も豊富

――四谷メディカルでは多浪生・再受験生の合格実績も多いと伺っておりますが、現役生の指導とどのような違いがありますか?

中校長:多浪生・再受験生は、自己流で学習法によくない癖がついていることが多く見受けられます。何色にも染まってない現役生より、時にその癖を直すことに時間もエネルギーもかかる場合があります。例えば「知っている問題はすぐ解けるけど、初見問題やちょっとひねった問題には太刀打ちできない」という多浪生は注意を要します。単に問題を解かせて、分からなかったところの解説をしているだけでは、こじらせた多浪生の癖を治すのはほとんど不可能です。
ですから、問題との向き合い方を再構築していただくためには、ラボラトリーでベテラン講師が絶えずチェックしてくれる当校の学習環境は最適だと思います。

ただ、多浪生やブランクのある再受験生は現役生や一浪生よりも高い資質が求められます。将来は医師として病院で働く、いわば就職試験のような意味合いも含まれる医学部入試では、特にその傾向が強くなります。

ですから①学科試験で高得点を取ること、②面接試験でしっかりとしたコミュニケーション力を発揮すること、この2点が必要となります。これは四谷メディカルの「数学力を鍛えることへのこだわり」にもつながってきますが、合否に影響する一問を解いて他の受験生に大きく水をあけるために、多浪生には特に数学や面談の指導に力を入れております。

――数学力を鍛えることと共に面接も大事のようですが、どのような指導をされているのでしょうか。

中校長:当校の徹底した面接対策は、特に多浪生の合格者に定評があります。面接でどう表現したらよいか戸惑う生徒に対して、マニュアル通りの応答ではなく、その生徒の背景や想いが反映された、それぞれの持ち味が生きる面接となるように指導しております。

1次は受かるけど2次で泣いている、いわゆる「1次コレクター」に陥っている受験生がいらっしゃるようでしたら一度四谷メディカルでご相談していただきたいですね。

アットホームな学習環境で、メンタルヘルスケアを重要視する

――四谷メディカルは学習定着率の高さなどから特訓に次ぐ特訓というイメージがありましたが、全く雰囲気が違いますね。

中校長:当校スタッフは生徒の学習進捗のチェックや進路指導は当然ながら、メンタルヘルスケアや人生相談に至るまでおせっかいを焼いています。手前味噌ですが、「そこまで手厚くしていただけるのですか⁉」と生徒本人や親御さまから喜んでいただくことがよくあります。

私としては、保護者の皆様とも共感できる予備校でありたいと願っております。本当に学力を磨こうとしたとき、自分と真正面から向き合わなければならず、時には気持ちが落ち込んだり不安や焦りが募ったりすることもあるでしょう。医学部受験はメンタルが強くなければ戦えません。生徒に対するメンタルヘルスケアは、予備校の重要な役割の1つと考えております。

――中校長のお人柄のせいか、こんなにアットホームな雰囲気の医学部予備校も珍しいと思います。それでは最後にこれから医学部受験を目指す皆様にメッセージをお願いいたします。
四谷メディカルの校舎風景
中校長:受験生の皆さん、合格して社会で活躍されている未来では、予備校で過ごしたことは「経歴」とはならないでしょう。

しかし、私たち医学部予備校・四谷メディカルは、皆さんの人生がステップアップするための大事な通過点である「今」を支える役割を担えたらと、講師陣・スタッフ一同、願っております。

そして、通過点に過ぎなくても、ここで身に着けた自己研鑽能力は、大学に入ってからも、社会で活躍する上でも、盤石な土台となるものとの自負があります。

長期に及ぶ受験生活は時に辛くなることもあるでしょう。アットホームな雰囲気でそれを和らげながら、学ぶ意欲・楽しさが増す指導を目指し、自らの成長が実感できる体験をお届けします!

是非一度医学部予備校・四谷メディカルにいらしてみて下さい。合格に向けて、ともに歩いて行けたら幸いです。

詳細はこちら

 
 
  広告・PR欄
野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

太宰府アカデミー

太宰府アカデミーの公式サイトです。
https://dazaifu-academy.jp/

ウインダム

ウインダムの公式サイトです。
https://windom.jp/

おすすめ学習法
メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

 
医学部予備校の特集企画
メディカルline 現役生の医学部受験
医学部独占インタビュー!野田クルゼ 医学部独占インタビュー!学び舎グループ
医学部独占インタビュー!代官山メディカル 医学部独占インタビュー!ウインダム
医学部予備校独占インタビュー!~医進の会~ 医学部独占インタビュー!四谷学院
医学部予備校独占インタビュー!~TMPS医学館~ 「時事英語」特別講義
医学部予備校ランキング 医学部とは
医学部の基礎知識
医学部受験対策
医学部予備校詳細
PAGE TOP