名古屋は実績豊富な医系専門の予備校が数多くあります。

名古屋の医学部予備校

医学部予備校の比較

名古屋の医学部予備校

名古屋の医学部予備校

名古屋名古屋には、名門旧帝大の1つである名古屋大学医学部医学科をはじめ、私立では愛知医科大学や藤田医科大学(旧:藤田保健衛生大学)があります。

名古屋大学医学部医学科、そして愛知医科大学、藤田医科大学は受験生が全国から集まってくる人気の高い医学部です。

名古屋は、河合塾の本拠地とだけあって名古屋駅前に立派な学習環境を備えた校舎があり、駿台予備校や代ゼミなどの大手予備校も校舎を開校していますが、地域密着型で実績を上げている医学部予備校も数多くあります。

医学部予備校と言えば東京や大阪を選びがちですが、名古屋にも合格実績豊富な校舎たくさんあり、寮を利用しながら勉強している浪人生もたくさんいます。

大手予備校の医学部コースか、あるいは医学部予備校が良いかは、受験生によって異なってくるので、資料や体験授業などで実際に自分から足を運んで確認することが重要です。

一般的に、安定したカリキュラムの授業を受けたい人やマイペースに学習したい人は大手予備校がおすすめです。

いっぽう、自己管理が苦手な人やきめの細かい指導で学力を伸ばしたい人は、面倒見が良く丁寧な指導が受けられる医学部予備校のほうが効率よく学習できます。

また、小論文や面接などの2次試験対策を早い時期から始めているところも多く、また推薦や後期対策でも実績をあげている医学部予備校も名古屋にはたくさんあります。

ここでは、名古屋にあるおすすめの医学部予備校を厳選して紹介していますので、医学部予備校選びの参考にしてみてください。

名古屋の医学部予備校がおすすめなヒト

①地元が中部地区の人

やはり、名古屋の医学部予備校が最適な人は実家から通学可能な受験生ではないのでしょうか。

医学部予備校の多くは名古屋駅周辺に校舎を構えているので、愛知県以外の岐阜や三重などから通う人も少なくありません。

通学圏内であれば寮やアパートを探す必要もなく、その分余計にかかってくる生活費も抑えることが可能です。

確かに名古屋からも東京など首都圏の医学部予備校に行く人はいますが、
地元からでも医学部合格を目指せる予備校は十分ある
ので無理に行く必要はありません。

あとは、自分に合った医学部予備校が見つけ出せるかにかかっています。

②中部・東海地方の医学部志願者

旧帝大をルーツにもつ名古屋大学をはじめ、全国から受験生が集まる藤田医科大学など中部地方の医学部を目指す受験生にはやはりおすすめです。

医学部予備校は合格実績を見ても分かる通り地元の大学への合格実績が豊富なので、その分情報量やノウハウの点で強みがあります。

しかも、名古屋の医学部予備校に在籍しているチューターは、中部地域にある医学部生になるため、自分が目指す医学部の先輩から大学生活についてリアルな情報を入手できるのです。

これは、志望大学のある地域で学ぶ最大のメリットと言えるかもしれません。

③コストを抑えたい方

地方に医学部予備校がなく都市部にある寮やマンション完備の予備校に通おうと思っている人にとって名古屋は穴場かもしれません。

東京や大阪に比べて生活費が安いにもかかわらず、河合塾創業地でもあるため教育産業は盛んです。

医学部予備校講師は、大手予備校で実績や結果を出してから医学部予備校にスカウトされるのが一般的ですが、名古屋なら大手予備校の本部で腕を磨いた実力派講師陣から指導してもらえる機会は多いと言えます。

物価が少し安く、教育環境も充実している名古屋は一石二鳥です。

おすすめランキング~名古屋編~

ランキング1位

河合塾
河合塾
河合塾は、3大予備校の中でも学習環境の質が高いと評判の大手予備校です。医学部対策にも定評があり、毎年国公立を含めた難関大学を始め多くの医学部合格者を輩出しています。
特徴 学習環境が充実しており多くの医学部生を輩出

ランキング2位

KGS
KGS
KGSは、一流講師陣によって開校された医学部および難関大学に特化した進学予備校です。自律学習プログラムに力を入れており、毎年高い80%を超える高い進学率を誇っています。1クラス6名以下の超少人数制を採用しているため、講師との距離が非常に近く手厚い指導を受けることができます。
特徴 医学部進学率80%以上の実績

ランキング3位

メディカルトレナ
メディカルトレナ
メディカルトレナは、大手の予備校や有名予備校でも教えており、そして、医学部受験に精通した講師が、1対1の個別指導で授業を行う医学部専門予備校です。プラスアルファの講師力、プラスアルファの授業力、そして、合格できる正しい復習の方法などで、1年で医学部に合格することができます。他の予備校で偏差値60~70の生徒なら、当校で偏差値65~75までアップ可能なワンランク上の指導を提供しています。
特徴 1対1の個別指導で医学部に1年で合格

ランキング4位

ビクセス予備校
ビクセス予備校
ビクセス予備校は、難関大学および医学部へ多くの合格者を輩出する名古屋市中区にある進学予備校です。現役医学部生が講師となりマンツーマン指導で行っているので、成功体験をもとに説得力ある指導が受けられます。大手予備校で活躍する一流講師が授業を行う季節講習も高い人気があります。
特徴 難関大学および医学部に強い

ランキング5位

四谷学院
四谷学院
四谷学院は、55段階個別指導により基礎からしっかりと学べる大手進学予備校です。名古屋校はJR名古屋駅すぐに立地していることから、中部地区から多くの生徒が集まっています。医学部再受験生の合格者も誕生するなど指導力には定評があります。
特徴 中部地区から生徒が集まる人気校

医学部予備校の動画紹介

  • ラムス予備校 医進コース紹介

大手予備校

学校名 河合塾
特徴 医学部志望者のため医進塾を設置し情報量が豊富
授業料 トップレベル国立医大:475,000円 私立大医進:450,000円
学校名 駿台予備校
特徴 合格者の中でも難関医学部の合格者数が多い
授業料 スーパー国公立医系:841000円 スーパー私立医系:818,000円
学校名 代々木ゼミナール
特徴 豊富なコースと個性的な実力派講師陣が魅力
授業料 スーパーレベル国公立医学:730,000円 ハイレベル私立医学:760,000円
学校名 四谷学院
特徴 55段階個別指導が受講生から学習しやすいと評判
授業料 東大・京大・国公立医学部:605,000円 私立医学部:590,000円

医学部系専門予備校

学校名 KGS
特徴 高い医学部進学率のもと、自律適な学習時間が確保でき志望校合格が目指せます
授業料 【現役】個別1コマ18900円、集団1コマ12600円
【高卒生】個別1コマ21000円、集団1コマ14700円

※高卒生は年間最大997,920円
学校名 ビクセス予備校
特徴 名大および名市大の現役医学部生が合計80名ほど在籍する完全個別指導型予備校
授業料 詳細は公式サイトよりご確認下さい。
学校名 東京メディカル学院
特徴 授業料が安いうえに少人数制の丁寧な指導で医学部合格を目指せます。
授業料 医学部進学コース:1,620,000円
学校名 メディカルトレナ
特徴 大手予備校や有名予備校でも教えている医学部受験に精通した講師が、1対1の個別指導で授業を行う医学部専門予備校です。プラスアルファの講師力と授業力、また正しい復習の方法などで1年で医学部に合格できます。
授業料 高卒生、現役生(高3、高2、高1、中3):1コマ90分授業で、12,750円 ※月謝制
学校名 メディカルコーチ
特徴 私立医学部に的を絞った名古屋の完全個室個別制の医学部専門予備校。基礎から徹底的に理解・演習。苦手な受験生の多い数学は特に基礎から指導。豊富な合格実績。新課程対応。岐阜・三重・三河からも通学可能。
授業料 月謝定額後払い制
公式HP
学校名 メディカルロード
特徴 私立医学科の入試を知り尽くしたプロ講師陣による完全個別指導で1年合格を実現
授業料 後払い定額制 ※学費の詳細は公式HPより直接お問い合わせください。
学校名 ラムス予備校
特徴 18年で1300名以上の指導実績を誇る個別指導の大学受験予備校
授業料 月額29,000~36,000円
学校名 名古屋DDP予備校
特徴 名古屋初の医系予備校で創立以来、多くの合格者を輩出
授業料 本科錬成クラス:2,940,000円
公式HP
学校名 富士学院
特徴 豊富な入試情報と厳選した講師により多数の合格者輩出
授業料 富士ゼミ:年間3,400,000~3,700,000円
 
 
  広告・PR欄
野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

太宰府アカデミー

太宰府アカデミーの公式サイトです。
https://dazaifu-academy.jp/

ウインダム

ウインダムの公式サイトです。
https://windom.jp/

おすすめ学習法
メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

 
医学部予備校の特集企画
メディカルline 現役生の医学部受験
医学部独占インタビュー!野田クルゼ 医学部独占インタビュー!学び舎グループ
医学部独占インタビュー!代官山メディカル 医学部独占インタビュー!ウインダム
医学部独占インタビュー!医進の会 医学部独占インタビュー!四谷学院
医学部独占インタビュー!東京医進学院 「時事英語」特別講義
医学部予備校ランキング 医学部とは
PAGE TOP