東京は医学部予備校の数が多く実績豊富な学校も多いのが特徴です。

東京の医学部予備校

医学部予備校の比較

東京の医学部予備校

東京の医学部予備校

東京
東京には、日本一難しいと言われている名門医学部の東京大学理科3類をはじめ、トップレベルの国立大学医学部である東京医科歯科大学、または御三家をはじめとする偏差値の高い難関私立大学医学部があるなど、都道府県最多の合計13の医学部医学科が設置されています。

たくさんの選択肢の中から選べるのはもちろん、私立大学医学部においては併願受験もしやすいメリットがあるため、多くの優秀な受験生が東京へと集まってきます。

したがって、医学部予備校も大手進学予備校をはじめとして数多くの医学部専門予備校が寮を備えるとともに教室を設置しています。

医学部予備校の数は充実しており、各予備校が独自の指導スタイルを確立しているので、自分に合った予備校に出会える可能性が高くなります。

1日12時間指導、偏差値40から医学部合格、超少人数指導、合格保証制度など、様々な指導スタイルやサポート体制があるため、興味がある予備校は実際に無料体験や説明会に足を運んで自分の目で確認して選ぶことが重要です。

ここでは、数ある東京の医学部予備校の中からおすすめの予備校を紹介しているので、参考にしてみてください。

おすすめランキング~東京編~

ランキング1位

野田クルゼ
野田クルゼ
野田クルゼは、創業40年以上の医学部受験指導実績がある早稲田アカデミー系列の医学部専門予備校です。アットホームできめ細かなサポートが定評です。
特徴 クルゼ方式で医学部合格者増加中

ランキング2位

学び舎東京
学び舎東京
学び舎東京は、医学部・東大・難関大専門の1対1個別指導。3ヶ月で偏差値15アップの実績、博士課程修了者を初めとするメソッド開発チームなどに特徴があり、基礎からの積み上げを重視する方針で社会人にも対応。私立・国公立問わず多数の合格者を生んでいる注目の予備校です。私大医学部専門ではないので、学費が比較的リーズナブルなことも特徴のひとつ。
特徴 科学的メソッドで注目の個別指導型予備校
公式HP

ランキング3位

ウインダム
ウインダム
ウインダムは、私立大学医学部にターゲットを絞っているので効率の良い対策ができる医学部予備校です。医学部一次試験合格率は驚異の85%に達し、生徒の半分が医学部進学を実現しています。少人数制の全科目レベル別授業により、学力を飛躍的に伸ばすことが可能です。
特徴 生徒の半数が医学部進学を実現

ランキング4位

進学塾ビッグバン
進学塾ビッグバン
進学塾ビッグバンは、量的効果と質的効果の両方を実現している医学部予備校です。学習時間は年間約2700時間と大手の約3倍を誇り、圧倒的な学習量を確保しています。授業は医学部受験指導が豊富な実力派講師が質の高い指導を提供しているので、効率よく知識を得ることができます。また、同じ単元を反復学習により3回繰り返すので、知識のヌケやモレを防ぐことができます。さらに徹底した学習管理とサポート体制により、医学部医学科合格率は驚異の80.6%を実現しています(上位クラス)。
特徴 全生徒が最後までモチベーション高く医学部合格を目指す

ランキング5位

四谷学院
四谷学院
四谷学院は、偏差値40台からでも医学部に逆転合格ができる大手予備校です。55段階個別指導なら中学生レベルからしっかりと基礎を学べるので、着実に学力アップが図れます。医学部コースもあり、合格実績も豊富なので効率よく対策することが可能です。
特徴 55段階で多くの医学部合格者が誕生

ランキング6位

駿台予備校
駿台予備校
駿台予備校は、医学部のなかでもトップクラスの難易度を誇る医学部に強い大手進学予備校です。レベルの高い指導が受けられるため、国立大学医学部や御三家を目指す受験生にもおすすめです。
特徴 トップレベルの医学部を目指したい人におすすめ

ランキング7位

医学部&東大専門塾クエスト
医学部&東大専門塾クエスト
医学部&東大専門塾クエストは、集団指導と個別指導の両方を取り入れて効率よく学力を伸ばす進学予備校です。講師陣は東大卒や元大手予備校出身者を中心に質の高い講師陣が揃っており、ハイレベルな指導が受けられます。生徒のやる気を引き出しながらオーダーメイドの学習計画に沿って勉強できるので、毎年多くの医学部合格者が誕生しています。
特徴 東大卒中心のプロ講師陣から合格に直結した指導が受けられる

ランキング8位

河合塾マナビス赤羽校
河合塾マナビス赤羽校
河合塾マナビス赤羽校は、高校生が医学部現役合格を目指すのにピッタリな進学予備校です。授業は河合塾の中でも実績豊富な講師陣が担当しているので、高い学習効果が期待できます。また、圧倒的な医学部合格者を誇る河合塾の情報やノウハウを有したサポートが受けられるので効率良く現役合格が目指せます。赤羽校は、理系出身の学生アドバイザーが多数在籍しているので、医学部受験に関する質問や相談も万全です。また、授業前後のサポートを丁寧に行っているので、医学部予備校に負けない手厚いフォローが受けられます。
特徴 忙しい現役生でもムリなく医学部が目指せる

ランキング9位

代々木ゼミナール
代々木ゼミナール
代々木ゼミナールは、講師の質が高いと評判の大手進学予備校です。自分だけの合格カリキュラムで志望校合格が目指せる「オリカリ」は、効率よく学習でき難関医学部合格も目指せます。本部タワーは最高の環境があり、快適に勉強できます。
特徴 講師の質にこだわりたいなら代ゼミはおすすめ

ランキング10位

家庭教師のトライ
家庭教師のトライ
家庭教師のトライが設置する医学部受験専門コースの「トライ式医学部合格」はE判定からの逆転合格の実績があります。マンツーマンだから実現できる丁寧かつ効率の良い学習と、医学部受験の神様として有名な和田先生監修のメソッドが相まって、多くの医学部合格者を輩出しています。家庭教師で医学部を目指したい人にとって理想的なコースと言えるでしょう。
特徴 医学部コースなら逆転合格も狙える

東京は特に医学部予備校の選択肢が豊富

東京には個性豊かな医学部予備校がたくさんあるため、自分と相性の良い学習環境を見つけることが容易です。

医学部予備校の競争が激しい首都圏では、各予備校が生き残りをかけ独自色のある指導を行っています。

私立専門、超少人数制、合格保証、全寮制、24時間校舎など様々な学習環境から自分のニーズに合った医学部予備校を選ぶことができます。

また、優秀な人材はどの業界においても首都圏に集まる傾向があり、東京の医学部予備校に在籍している講師陣は、大手予備校の映像授業を担当するなど一流講師が多くを占めています。

大手予備校の大教室で授業を担当する講師から、少人数教育で質の高い指導を受けられるのが東京の医学部予備校に通う大きなメリットです。

以上のことから、毎年多くの医学部受験生が東京に集まり、1年間レベルの高い競争が繰り広げられています。

親元を離れた生活になっても、直営寮完備の医学部予備校が多いので24時間サポートを受けながら勉強に集中することが可能です。

医学部入試にも便利

東京を含めた首都圏では交通網が発達しているため、関東全域の医学部へのアクセスも良く、オープンキャンパスなど医学部の情報も容易に収集できます。

オープンキャンパスは最新の入試情報が得られるだけでなく、志望校の学習環境をひと先早く確認できるため、モチベーションアップにもつながるのでぜひ出席しておくべきです。

また、私立大学医学部は全国にある大学の中から併願受験をしていくため、日程調整が大変なうえ、遠方の大学であれば宿泊も必要になってきます。

しかし、毎年多くの私立大学医学部は地方会場として東京で入試を行っているため、東京を拠点に受験勉強を行っていれば、移動や宿泊の必要がなく併願受験ができるので負担を軽減できるメリットがあります。

東京を受験勉強の拠点とすることで関東圏はもちろんのこと、東京で実施される地方会場を有効活用すれば全国にある私立大学医学部を宿泊なし、長距離移動なしで受験できます。

慣れないホテルでの自習や長距離移動の疲労などがあるため、いつも通りの生活で受験することは本番で実力を最大限発揮するためにも重要であり、合否にも大きく影響してきます。

東京都内で受験できる私立大学医学部一覧(平成31年度入試)
大学名 1次試験会場
岩手医科大学 TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
東北医科薬科大学 ベルサール渋谷ガーデン、ベルサール渋谷ファースト
獨協医科大学 五反田TOCビル
埼玉医科大学(前期、後期) 五反田TOCビル
国際医療福祉大学 五反田TOCビル
杏林大学(前期) グランドプリンス新高輪※定員超過の場合は三鷹キャンパス
杏林大学(後期) ベルサール新宿グランド※定員超過の場合は三鷹キャンパス
慶應義塾大学 日吉キャンパス
昭和大学(Ⅰ期) 五反田TOCビル、TOC五反田メッセ
昭和大学(Ⅱ期) 五反田TOCビル※定員超過の場合は旗の台キャンパス
帝京大学 板橋キャンパス
東京医科大学 本学キャンパス、ベルサール新宿グランド
東京慈恵会医科大学 五反田TOCビル
東京女子医科大学 京王プラザホテル東京
東邦大学 五反田TOCビル
日本大学 経済学部校舎、法学部校舎
日本医科大学 武蔵境校舎
聖マリアンナ医科大学 五反田TOCビル、TOC五反田メッセ
東海大学 五反田TOCビル、TOC五反田メッセ
金沢医科大学(前期) 五反田TOCビル
金沢医科大学(後期) TOC五反田メッセ
愛知医科大学 サンシャイン文化会館
藤田保健衛生大学(前期) 有明TOCビル
藤田保健衛生大学(後期) 五反田TOCビル
大阪医科大学(前期、後期) 大手町サンケイプラザ
関西医科大学(前期) 五反田TOCメッセ
近畿大学(前期) TKP新宿カンファレンスセンター
近畿大学(後期) TKP東京駅セントラルカンファレンスセンター
兵庫医科大学 五反田TOCメッセ
久留米大学 ベルサール汐留
福岡大学 TOC有明

東京の医学部予備校へ行くなら直営寮がおすすめ

東京は医学部予備校の数が充実しているので、首都圏だけでなく全国各地から生徒が集まっています。

遠方から通学する受験生の多くは医学部予備校と提携する学生寮やマンションで生活することが多いようですが、おすすめは直営寮です。

直営寮は、医学部予備校が直接管理している寮なので、生徒しか入寮していません。

したがって、勉強意欲の高い学生が集まっており、寮内でも勉強へのモチベーションアップが途切れることなく過ごすことが可能です。

また、直営寮だと医学部予備校全体で生徒の学習面と生活面を24時間365日サポートしてくれるので、預ける保護者にとっても安心感が違います

ただし、医学部予備校のなかで直営寮を持っているのは東京でも数が限られているので、入寮希望者の人は満室になる前に早めの申し込みが重要です。

寮のあるおすすめ医学部予備校を確認

学費の安さよりも重要なこと

医学部予備校を選ぶ際に学費が安いところを選びがちですが、いくら予算を抑えることに成功しても合格できなければ全く意味がありません。

2,3浪と時間がかかればそれだけお金もかかってしまい本末転倒です。

学費の安さは優先順位は高いですが、それよりも重視したいポイントが2つあります。

1つは、医学合格の実績です。

医学部合格の実績が豊富であれば、合格できる可能性は高まります。

合格者数よりも合格率、合格率よりも進学者数が信頼できるデータとなります。

併願受験による合格者数や合格率を含めない進学者数や進学率が高ければ高いほど実力がある証となります。

2つめのポイントは相性です。

講師や予備校との相性が良ければ学習効果が全然違います。

逆にどんなに実績が豊富でも相性が悪ければモチベーションは下がる一方で、勉強の質も悪くなるばかりです。

医学部予備校を探す場合は「実績」「相性」「予算」の3つのポイントで探してみてください。

医学部予備校が豊富な東京だからこそ3つのポイントを全て満たせる予備校に出会える可能性があります。

東京の医学部予備校ランキングに戻る

大手予備校

学校名 河合塾
特徴 医学部志望者のため医進塾を設置し情報量が豊富
授業料 トップレベル国立医大:475,000円 私立大医進:450,000円
学校名 駿台予備校
特徴 合格者の中でも難関医学部の合格者数が多い
授業料 スーパー国公立医系:841000円 スーパー私立医系:818,000円
学校名 代々木ゼミナール
特徴 豊富なコースと個性的な実力派講師陣が魅力
授業料 スーパーレベル国公立医学:730,000円 ハイレベル私立医学:760,000円
学校名 四谷学院
特徴 55段階個別指導が受講生から学習しやすいと評判
授業料 東大・京大・国公立医学部:605,000円 私立医学部:590,000円

医学部系専門予備校

学校名 はやぶさ
特徴 偏差値50台でも多浪生でも医学部合格が目指せる実力派予備校
授業料 医学部受験コース:入学金200,000円 前期1,630,000円 後期1,770,000円
公式HP

 

学校名 野田クルゼ
特徴 49年の経験とノウハウが医学部合格の実績を証明。地方学生も多数在籍
授業料 【現役】1講座14,000円~/月
【高卒生】980,000円~/年 【国立医進コース】71万円〜
学校名 慶応進学会フロンティア
特徴 最小限の受験勉強で無理なく最後まで集中力を欠かさず学習に専念できます
授業料 医歯薬系大学受験コース:1,260,000円 医学部受験本科α:1,950,000円 医学部受験本科β(寮・食事付):4,300,000円 14ヶ月完全合格プログラム:4,800,000円

 

学校名 GHS予備校
特徴 他の医学部予備校には真似できない独自の指導法により真の実力が身につきます
授業料 ・私大医学部専門コース:3,240,000円(定員10名)
・国立大学医学部コース:972,000円(定員15名)
・最難関レベルコース:972,000円(定員5名)
学校名 医学部&東大専門塾Quest
特徴 他の医学部予備校には真似できない独自の指導法により真の実力が身につきます
授業料 【昼間部】
・医学部コース(正規会員):2,280,000円
※入会金200,000円
【現役生(中1生~高3生)】
・季節講習:21,000円~
・学期講習:77,000円
※入会金27,000円
【パーソナルクエスト(個別指導)】
F-2コース(学生講師):47,000円~
P-2コース(プロ講師):67,000円~
※入会金27,000円

 

学校名 MEDUCATE
特徴 偏差値35から医学部合格が実現できるハイクラス進学塾
授業料 入会金:20,000円、授業料:44,850円~/月、計画策定費:5,000円~/月

 

学校名 医学部特訓塾
特徴 私立大医学部合格を優先し1年合格を目指す杉並区の専門予備校
授業料 本科生:224万円
学校名 医学進学社
特徴 医師になるまでに必要なサポートが受けららえる医学部予備校の領域を超えた受験コンサルティングを提供
授業料 通信制医学部受験コンサルティング「テスラ」:130万円
医学部受験総合サポートプラン「シリウス」:700万円
通信添削講座:30万円~45万円(※テスラ又はシリウス受講生を対象、単独受講不可)
学校名 学び舎東京
特徴 短期間で成績をあげる科学的メソッドと圧倒的な講師陣が特徴の注目の新興予備校
授業料 少人数制授業、個別指導を用意しています。詳しくは公式HPよりお問い合わせ下さい。
公式HP
学校名 白金台医進予備校シナプス
特徴 サポート体制が充実した受験生に心強い医学部予備校
授業料 詳しくは公式HPよりお問い合わせください。
学校名 ACE Academy
特徴 医学部予備校の中では圧倒的な学費の安さを誇る現役医師運営の予備校
授業料 【高卒生】月額10万円(週3)  【現役生】月額5万円~(週3) 【中学生】月額2万円
学校名 東京医進学院
特徴 少人数クラスと生徒一人ひとりに合った最適なカリキュラムで医学部合格を目指します
授業料 【全寮制コース】5,700,000円~ 【高卒・通学】1,944,000円~ 【現役・通学】14,700円/月~
学校名 一会塾
特徴 プロ講師による少人数ライブ授業で効率よく学力アップ
授業料 詳しくは公式HPよりお問い合わせください。
学校名 アルファ学習塾
特徴 “予習→復習テスト→クラス分け(最大6名)”のサイクルで実力強化を目指す
授業料 【最大6名クラス】 講座制 4,200円/60分
【個別クラス(マンツーマン指導)】 8,400円/60分
公式HP
学校名 進学塾ビッグバン
特徴 実力派講師陣が自慢で上位クラスの医学部合格率83.3%達成
授業料 年間:約6,000,000円
学校名 医進塾
特徴 10人以下の超少人数制とオールインワンの学費設定が魅力の早稲田ゼミナール系列の医学部予備校
授業料 詳細は公式HPで確認
学校名 メデュカパス
特徴 旧両国予備校で活躍していた講師陣によって設立された医学部予備校
授業料 医学部受験コース:入学金200,000円 前期1,630,000円 後期1,770,000円
学校名 武田塾メディカル
特徴 授業をせず最も効率の良い自習学習で医学部を目指す。
授業料 【既卒生】入会金:150,000円 年間特訓料:6,000,000円 教材費(目安):180,000円
【現役生】入会金:150,000円 年間特訓料:4,000,000円 教材費(目安):180,000円
学校名 TMPS医学館
特徴 的中問題を出しており偏差値大幅UPを輩出しています。
授業料 少人数コース;年間2,633,000円
学校名 池袋医学館
特徴 大手予備校の有名講師人が池袋に集結。少人数で有名講師を独占できます。
授業料 少人数制授業、個別指導を用意しています。詳しくは公式HPよりお問い合わせ下さい。
学校名 家庭教師のトライ
特徴 トライと受験の神様で有名な和田氏によって誕生した「トライ式医学部コース」
授業料 詳細は公式HPより直接お問い合わせ下さい
学校名 メディカルフォレスト
特徴 全国初の女性を対象とした医学部専門予備校で、安心して集中できる学習環境を用意。保護者も安心なセキュリティ完備の予備校だから地方から離れても安心。
授業料 高卒生コース:4,914,000円  高校生コース:12,000円×必要なコマ数
学校名 医学部メガスタディ
特徴 首都圏唯一の私立医学部専門のプロ家庭教師として、数多くの合格者を輩出
授業料 入会金:21,000円 授業料(月謝制):59,400円~(90分×4回)
学校名 医学部受験のクレスト
特徴 経験及び実績豊富なプロ講師による完全マンツーマン個別指導で医学部合格を実現
授業料 1時間あたり¥8,000~45,000(税別)
※場所により交通費(実費)を別途発生する場合があり
学校名 メディカル・ラボ
特徴 個別カリキュラムで医学部対策の情報量も豊富
授業料 高卒生科:年間4,950,000円(初期費用含む)
公式HP
学校名 プロメディカス
特徴 完全少人数で専任講師によるマンツーマン指導が定評
授業料 本科コース;年間学費:2,677,500円(入会金込)
公式HP
学校名 ウインダム
特徴 合格率80%と高い合格率と信頼が自慢
授業料 アドバンスマスターコース:3,129,000円
学校名 医学部専門予備校YMS
特徴 30年以上の歴史と難関大学への豊富な合格実績が自慢の実力派予備校
授業料 記載なし
学校名 メルリックス学院
特徴 私大医学部専門の予備校 少人数で丁寧に指導
授業料 私立医学部受験コース:3,546,900円
学校名 富士学院
特徴 全国8校舎を直営する国内最大規模の医学部予備校
授業料 国公立医学部コース:1,250,000円
私立医学部コース:2,995,000円
国公立・私立併願コース:3,415,000円

東京の医学部予備校ランキングに戻る

 
 
  広告・PR欄
野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

太宰府アカデミー

太宰府アカデミーの公式サイトです。
https://dazaifu-academy.jp/

ウインダム

ウインダムの公式サイトです。
https://windom.jp/

おすすめ学習法
メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

 
医学部予備校の特集企画
メディカルline 現役生の医学部受験
医学部独占インタビュー!野田クルゼ 医学部独占インタビュー!学び舎グループ
医学部独占インタビュー!代官山メディカル 医学部独占インタビュー!ウインダム
医学部独占インタビュー!医進の会 医学部独占インタビュー!四谷学院
医学部独占インタビュー!東京医進学院 「時事英語」特別講義
医学部予備校ランキング 医学部とは
PAGE TOP