医学部の世界ランキング

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

海外の大学評価機関では医学部の世界ランキングをまとめています。

医学部TOP > 医学部の世界ランキング

気になる国内医学部の世界ランキング

QS世界大学ランキング

国内は、偏差値ランキングで大学を評価する傾向にありますが、海外では調査機関が作成した大学の世界ランキングが毎年公表されています。

世界ランキングは様々な機関から作成されいますが、イギリスの大学評価機関のクアクアレリ・シモンズ社(QS)の「QS世界大学ランキング」やタイムズ・ハイアー・エデュケーションの「THE世界大学ランキング」などが、歴史が古く有名です。

ランキングは、評価機関によって調査項目が異なってきますが、教員比率や論文引用数、留学生率など多岐に渡って評価されています。

偏差値ランキングのように、入学難易度だけで評価されていないのが世界ランキングの特徴です。

ここでは、2004年から世界大学ランキングを公表しているQS社の医学部ランキングを紹介したいと思います。

QS世界大学ランキングTOP30 医学部編 (2019年)

QS世界大学ランキングの評価指標

項目 配分
1 各国学者のピア・レビュー 40%
2 雇用者の評価 10%
3 学生一人あたり教員比率 20%
4 教員一人あたり論文引用数 20%
5 外国人教員比率 5%
6 留学生比率 5%
順位 大学
1位 ハーバード大学 アメリカ
2位 オックスフォード大学 イギリス
3位 ケンブリッジ大学 イギリス
4位 スタンフォード大学 アメリカ
5位 ジョンズ・ホプキンズ大学 アメリカ
6位 カロリンスカ医科大学 スウェーデン
7位 カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA) アメリカ
8位 イェール大学 アメリカ
9位 ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL) イギリス
9位 マサチューセッツ工科大学(MIT) アメリカ
11位 カリフォルニア大学サンフランシスコ校 アメリカ
12位 インペリアル・カレッジ・ロンドン イギリス
12位 トロント大学 カナダ
14位 コロンビア大学 アメリカ
15位 ペンシルバニア大学 アメリカ
16位 デューク大学 アメリカ
17位 メルボルン大学 オーストラリア
18位 シドニー大学 オーストラリア
19位 マギル大学 カナダ
20位 キングス・カレッジ・ロンドン イギリス
20位 カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD) アメリカ
22位 エジンバラ大学 イギリス
23位 シンガポール国立大学 シンガポール
24位 ミシガン大学 アメリカ
25位 シカゴ大学 アメリカ
26位 東京大学 日本
27位 ロンドン・スクール・オブ・ハイジーン & トロピカル・メディスン イギリス
27位 ワシントン大学 アメリカ
29位 香港大学 香港
30位 ブリティッシュコロンビア大学 カナダ

上記トップ30の医学部は、アメリカやイギリスの大学が大半を占めており、欧米の医学部が強いことが分かります。

日本の最高学府である東京大学理科三類は26位となっており、アジア地域でトップを誇っていましたが、現在はシンガポール国立大学(23位)に次ぐ順位となってしまいました。

QS世界大学ランキングでは、500位まで掲載しているので、興味がある方は英語ですが一度確認してみることをおすすめします。

QS世界大学ランキング2019

国立大学医学部は世界大学ランキングでも健闘中

では、その他の日本の医学部は何位にランクインしているか300位まで見ていきましょう。

順位 大学 国公立/私立
45位 京都大学 国立
51-100位 大阪大学 国立
51-100位 東京医科歯科大学 国立
101-150位 慶応義塾大学 私立
101-150位 東北大学 国立
151-200位 九州大学 国立
151-200位 名古屋大学 国立
151-200位 北海道大学 国立
251-300位 神戸大学 国立
301-350位 広島大学 国立
301-350位 金沢大学 国立
301-350位 筑波大学 国立
351-400位 千葉大学 国立
351-400位 近畿大学 私立
351-400位 熊本大学 国立
351-400位 岡山大学 国立
351-400位 大阪市立大学 公立
351-400位 東海大学 私立
401-450位 群馬大学 国立
401-450位 長崎大学 国立
401-450位 信州大学 国立
401-450位 横浜市立大学 公立
451-500位 三重大学 国立
451-500位 日本大学 私立
451-500位 新潟大学 国立
451-500位 島根大学 国立

ランキングを見てみると50位以内に入っているのは東京大学と京都大学のみが該当。

日本の大学は世界の大学と異なり、国際化のスピードが遅いため、毎年順位を落としていく大学が多い用です。

これは医学部医学科のおいても同じで、少し前までは東大医学部はアジア地域でトップでしたが、今はシンガポール国立大学に次ぐ2位に順位を落としてしまっています。

それでも旧帝大をはじめとした国立大学の医学部医学科はまだまだ上位にランクインしており健闘中です。

最近は、国際化に伴い偏差値だけでなく、世界大学ランキングへの関心も高まりつつありますが、判定基準は研究実績や環境並びに国際性などあらゆる項目から相対的に評価されており、入試偏差値とは比例していないので難易度が高い大学だから上位に位置するとは限りません

やはり、臨床の私立とちがって研究が盛んな国立の医学部がまだまだ強い性格が反映されています。

興味深いのは、偏差値は中堅レベルであっても歴史や実績の豊富な医学部はランキングの順位も高いということです。

例えば、旧制医科大学をルーツに持つ金沢大学や熊本大学は地方国立大学であるため偏差値は見劣りしますが、世界ランキングでは国内医学部のなかでも上位に位置しています。

つまり、偏差値が低くても研究が活発で世界的に評価が高い医学部は、それだけ質の高い医学教育が受けられるので、医者としてのキャリア形成には魅力的だとうことです。

もちろん、日本には医局や派閥などといった風習や文化もまだまだ残っていることは否定できず、偏差値が良い大学ほど出世やキャリアで有利になることも否定はできません。

しかし、世界的に認められた医学部はそれだけ高度な教育環境が整っている証拠であり、偏差値だけが志望校選びの基準にならないとうことです。

国公立大学医学部の偏差値はこちら

 

<<広告・PR欄>>

野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

慶応進学会フロンティア

慶応進学会フロンティアの公式サイトです。
http://www.gokaku-igakubu.com/

 

<<おすすめ学習法>>

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

ページトップへ戻る

医学部偏差値比較ランキングについて | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ | 口コミ投稿

Copyright (C)医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方 All Rights Reserved.