英語は難問が少ない分得点率が悪いと合否に影響してくる科目です。

医学部受験の英語対策

医学部受験と主要科目

医学部受験の英語対策
  • 公開日:
  • 更新日:

医学部医学科は理系ですが、英語は必須科目であり避けては通れません。

しかも、英語は医学部入学後も授業があるので、苦手意識がある人は受験生活で克服しておくことをおすすめします。

では、医学部入試の英語科目の対策方法やおすすめの教材などを確認していきましょう。

合否に大きく影響する重要科目

医学部受験では、理系科目と違い英語は難問と呼ばれるような難しい問題がそれほど出題されません。

したがって、難易度の高い大学を目指すのであれば英語で高得点を取ることが合否に大きな影響を与えてきます。

医学部の数学や理科科目は、難問や高度な知識を問われることが多いので合否を左右すると言われていますが、あくまでこれは英語は高得点という前提の話です。

どんなトピックでも読み取れる高度な語彙力や、構文や文法をしっかりと理解した上での読解力が要求されます。

さらに、英語を正確な日本語に置き換えられる日本語力や読解スピードも重要になります。

短期間で克服するには単語の暗記と文法や構文の理解が必要不可欠なうえ、長文読解も習慣づけるなど日々の積み重ねが大切。

英語は医学部入試で高得点が目指せる科目でもあるので、しっかりと勉強しておくことが合格へのカギとなります。

英単語は何語暗記が必要?おすすめ参考書の紹介

医学部入試の英語は専門的な単語が出題されることもありますが、まずは他学部同様に大学受験レベルの英単語を網羅しておくことが大前提。

英単語の参考書は沢山ありますが、重要なのは最後までやり通せる相性の良さで選ぶのが一番かもしれません。

と言うのも、英単語の参考書は一気に読破することが難しいので日々継続してやることが重要ですが、途中で挫折してしまう人も多いです。

したがって、中途半端で終わってしまえば意味がないので、読みやすさ、勉強しやすさで選ぶのが一番

また、単語量があまりにも多い参考書は苦痛になりがち。

何度も繰り返し勉強しないと記憶は定着しないので、適度なボリュームで大学受験向けの単語帳を1冊用意しておけば十分です。

おすすめ英単語参考書は【DUO3.0】

英単語のおすすめ参考書なら、おすすめは「DUO3.0」で間違いないでしょう。

医学部受験をはじめ、TOEICなどの対策でも重宝されている鉄板的な参考書です。

短い例文に様々な重要な単語が網羅されており、例文を暗記すれば英単語が自然と身につきます。

例文は560本程度で単語数1600語程度を暗記できるので、非常に効率が良いです。

別売りの音声教材も利用すれば、通学時間や休憩時間を有効活用できたり、リスニング対策にも効果的なのでおすすめ。

国公立大学医学部の英語対策と勉強法

国公立大学の医学部では、まずはセンター試験で英語は90%で以上取ることが合格する上で必要となってきます。

センター試験の英語は、総合的な理解が要求される良問が多いため、英語の基礎をちゃんと理解していれば高得点は可能です。

リスニングは基礎的な出題が多いので、ここは確実に取っておきたいところ。

しかし、一発勝負の緊張感や解答時間80分にしては多い文章量への対策は必要で、実力のある受験者でも失敗するケースがあるので注意が必要です。

模擬試験などで試験環境に慣れておくことや、速読力の向上などでセンター試験の独特の雰囲気に対応することが必要でしょう。

なお、センター試験は2020年で終わり、今後は大学入学共通テストに変更されますが、得点率や難易度については引き続き同じ感覚で捉えておき、医学部予備校や塾のアドバイスを参考にしてみてください。

いっぽう、二次試験の英語の難易度は大学によって大きく差が出てきます。

ただし、難易度が高くても合格者は60%以上は取っていると推定されているので、点が取れる問題を絶対間違えないことや部分点で確実に点を稼いでいく必要があります。

部分点を稼ぐポイントとしては、説明問題では主旨を外さないこと、和訳では構文や文法を間違えないことが大切です。

英語が得意な受験生のためのおすすめ大学(一般前期)

大学名 センター試験 2次試験
合計点 英語配点(配点率) 合計点 英語配点(配点率)
宮崎大学医学部 900点 200点(22.2%) 600点 300点(50.0%)
横浜市立大学医学部 1000点 300点(30.0%) 1200点 400点(33.3%)
弘前大学医学部 1000点 200点(20.0%) 900点 300点(30.0%)
新潟大学医学部 750点 200点(26.7%) 1200点 400点(33.3%)
徳島大学医学部 900点 200点(22.2%) 400点 200点(50.0%)

センター試験の配点比率も二次試験の配点比率も国公立大学医学部ごとに違うため、英語が得意な受験生はもちろん配点が高い医学部を目指したほうが合格の可能性は高ります。

センター試験は9割近くどの受験生もとってくるので、やはり二次試験で英語の配点比率の高い医学部がおすすめとなります。

特に宮崎大学と徳島大学は配点比率が50%と高いので、過去問分析で問題の出題傾向や難易度を確認した結果、相性が良く有利になるかもしれません。

私立大学医学部の英語対策とおすすめ勉強法

私立医学部で実施される学科試験の英語も、70%以上の得点が必要になってきます。

さらに、単科大学の場合は、医学や健康に関する長文が出題されることもあります。医学に関する英単語の確認や、医学関連を題材にした長文問題集などで準備しておくと良いでしょう。

ただし、医学的な英語は問題を解いて出てきたら覚えるというスタイルにして、あくまで一般的な英語力のほうを重要視しましょう。

大学側も入学時点では医学の高度な専門知識など要求していません。医学的な難解な英単語が出てきても、得点に左右されることはほとんどないですが、暗記しておいて損することもないです。

したがって、医学部の過去問や対策参考書で出てきた都度覚えていくことで専門的な単語もある程度覚えていけます。

英語が得意な受験生のためのおすすめ大学(一般)

大学名 学力試験 英語配点(配点率)
順天堂大学医学部(A方式) 500点 200点(40.0%)
東邦大学医学部 400点 150点(37.5%)
国際医療福祉大学医学部 550点 200点(36.4%)
金沢医科大学医学部(後期) 200点 100点(50.0%)

国公立同様に私立大学医学部も英語の配点比率が高い大学はあるので、英語が得意な受験生は志望校にして、英語が苦手な受験生は他大学を志願することが合格のカギとなります。

順天堂大学医学部のA方式の場合は英語の配点が4割を超えており、英語が得意な受験生にとっては有利ですが、英作文は300字程度が要求されるため難易度は高めです。

金沢医科大学の後期試験では英語の配点比率が50%と非常に高いですが、後期日程かつ定員10名のため合格は厳しいと言えるでしょう。

まとめ

医学部入試の英語は基本的に基礎力が問われる問題が多いですが、英作文の文字数が多かったり、長文読解の量が多かったりする場合も珍しくないので過去問対策で傾向を掴んでおくことは必要不可欠です。

また、医学部によっては英語の配点比率が高い大学もあるので、自分の長所を活かせる大学を志望校とした方が合格できる可能性は自ずと高まります。

英語は勉強した分、結果に出やすい科目であるため、ぜひ得意科目にできるようしっかりと対策することをおすすめします。

 
 
  広告・PR欄
野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

太宰府アカデミー

太宰府アカデミーの公式サイトです。
https://dazaifu-academy.jp/

ウインダム

ウインダムの公式サイトです。
https://windom.jp/

おすすめ学習法
メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

 
医学部予備校の特集企画
メディカルline 現役生の医学部受験
医学部独占インタビュー!野田クルゼ 医学部独占インタビュー!学び舎グループ
医学部独占インタビュー!代官山メディカル 医学部独占インタビュー!ウインダム
医学部予備校独占インタビュー!~医進の会~ 医学部独占インタビュー!四谷学院
医学部予備校独占インタビュー!~TMPS医学館~ 「時事英語」特別講義
医学部予備校ランキング 医学部とは
PAGE TOP