医学部受験対策として進学塾や専門予備校に通って対策する人がほとんどだと思います。

医学部予備校の個別指導で受験対策

医学部受験対策

医学部予備校の個別指導で受験対策
  • 公開日:
  • 更新日:

医学部受験対策として進学塾や専門予備校に通って対策する人がほとんどだと思います。

この場合、大きく分けて集団指導と個別指導の2種類に分かれますが、おすすめの指導法は受験生によって異なってくるため、絶対に集団または個別指導が良いと言えません。

そこで今回は個別指導の紹介からおすすめの受験生、そして医学部予備校の解説をしていきます。

集団指導との違いや特徴

塾と言えば、学校のように集団で指導を受けるタイプが一般的でしたが、最近は生徒一人ひとりに丁寧な指導が受けられると個別指導の人気が高まっています。

では、集団指導とどのような違いが個別指導にはあるのかを確認していきましょう。

オリジナルカリキュラム

集団指導はクラスやコースごとにカリキュラムが編成されていますが、個別指導の場合は自分の学力や志望校に応じてカリキュラムが作られます

したがって、集団指導のように周囲のレベルに合わせる必要がないので、カリキュラムにも無駄がありません。

1つの教科を取ってみても、得意な分野と苦手な分野に応じて学習量や授業時間を調整しながら勉強できるため、効率良く学力を伸ばしていくことが可能です。

また、学習の進捗状況に合わせてカリキュラムもその都度微調整できるのも個別指導の魅力と言えるでしょう。

学費が割高

個別指導は、講師から直接指導が受けられる一方で、集団指導のように講師の人件費をみんなで負担しません。

そのため、独り占めできるいっぽうで講師の人件費も全て負担しないといけないので、学費は割高になってしまいます。

医学部予備校は、駿台や河合塾など大手予備校に比べて学費が高額だと言われていますが、個別指導の場合は更に料金は上乗せされてしまいます。

したがって、学費の安い医学部予備校を探している受験生にとっては、選択肢に入りにくいかもしれません。

質問や相談がしやすい

集団指導だと講師に質問することができない生徒もいるかもしれません。

この場合、個別指導なら授業もコミュニケーションを取りながら進んでいくため、自然と質問可能です。

授業中に不明点を解決できるため、苦手分野ができにくいというメリットがあります。

医学部受験に出題される問題の中には高度な知識や学力が要求される大学も少ないないので、分からない点が少しでもあったら質問することは合格するうえで必要不可欠なことです。

人見知りで講師に質問することが緊張するという受験生は、個別指導ならそのハードルを大きく下げることができます。

医学部予備校の個別指導

個別指導は、学習塾、進学予備校、医学部専門予備校と様々な学習機関で受講することが可能です。

しかし、おすすめなのはやはり専門的な受験対策ができる医学部予備校の個別指導コース

では、なぜ医学部予備校の個別指導が支持されているか、その理由を解説していきます。

マンツーマン指導が基本

個別指導塾には巡回指導と呼ばれる授業方法もあるように、1対1のマンツーマン指導以外にも講師1名につき生徒2名の1対2など、様々な種類があります。

しかし、医学部予備校の個別指導はマンツーマン指導が基本。

やはり、講師1名に対し生徒1名がの指導環境が最も学習効果が高いからです。

自分だけの授業で、周囲を気にせず納得するまで質問や対策ができるので、短期間でも学力を大きく伸ばしている生徒も少なくありません。

大学生ではなくプロ講師

街中にある個別指導塾の場合、講師は大学生などアルバイト講師が多いです。

いっぽう、医学部予備校の場合はプロ講師陣が担当しています。

医大生などが講師なら、大学のことや受験体験などの情報が入手できると期待するかもしれませんが、医学部予備校には医大生がチューターとして在籍しているので問題ありません

授業はやはり、医学部入試を熟知して多くの生徒を合格に導いたベテラン講師のほうが情報量やスキルの点からもレベルが高いです。

医学部受験ブームで難易度上がっている現在の入試状況を鑑みると、いかに充実した学習環境下で質の高い指導を受けられるかも合格に大きく影響してきます。

おすすめしたい受験生のタイプ

最初に集団指導と個別指導はどっちがおすすめと一概には評価できないと言いました。

それは、生徒の性格や学力などによって異なってくるからです。

では、どんな生徒に医学部予備校の個別指導がおすすめできるかを解説していきます。

マイペースに学習したい

医学部予備校の個別指導はマンツーマンで授業が受けられるので、自分のペースで学習できます。

集団指導だと周りのペースに合わせて授業やカリキュラムは進んでいくので、自分がもっと重点的に学びたいと思っても授業を中断してまで教えてもらうことはできません。

しかし、完全個別指導なら生徒は自分だけなので、マイペースに勉強することが可能です。

学校生活が忙しい現役高校生

現役合格を目指す高校生も医学部予備校に通って対策している人は多いです。

しかし、集団授業になるとクラブ活動や習い事をしている高校生にとっては通うことが困難な人も出てくると思います。

そんな時、個別指導なら自分で好きなように時間割を組むことができるので、無理なく通学することが可能です。

特に、高1生や高2生など学校生活にも時間を充てたいと考えている医学部志望の現役生は、個別指導を選んでいる人もたくさんいます。

志望校や苦手科目などピンポイントで対策したい

個別指導は、1教科から受講することが可能です。

したがって、志望校の出題傾向に沿った指導を行いたい、または数学が苦手だから克服したいなど、ピンポイントで対策できます。

費用が高くなりがちな個別指導も、1教科など対策する科目を絞って受講すれば、負担軽減にもつながります。

そのため、集団指導と併用して個別指導で別途対策している受験生も多いのが特徴です。

個別指導を設置する医学部予備校ランキング

ランキング1位

野田クルゼ
野田クルゼ
野田クルゼは、医学部予備校という存在は珍しかった時代から多くの医学部合格者を輩出させてきた名門予備校。親子2代に渡って通う生徒も少なくありません。少人数クラスだけでなく、個別指導「MEDICAL WIN」にも力を入れており、志望校合格や弱点克服を最短ルートで実現させます。自分のレベルやペースに合わせて東大卒中心のプロ講師陣から質の高い指導が受けられます。
特徴 豊富な歴史と実績を誇る名門予備校

ランキング2位

医進の会
医進の会
医進の会は、個別指導専門の医学部予備校として大阪府内に3校舎を展開する人気校。特に関西の医科大や国公立医学部に豊富な実績を誇っているので、関西の医学部進学を目指す受験生には最適です。学費も月謝後払い制と良心的で、受講した分だけの費用を負担すれば良いので無駄もありません。校舎は天王寺や上本町などに位置しているので、奈良県からのアクセスも非常に便利です。
特徴 大阪の個別指導型医学部予備校として地位を築く

ランキング3位

四谷学院
四谷学院
四谷学院は、中学生レベルから上は東大合格レベルまで着実に学力を磨いていける55段階個別指導は、知識のヌケ・モレの心配がありません。多くの東大・京大合格者を輩出し、医学部受験においても再受験生を含め豊富な実績を誇っています。大手ならではの立地の良さと充実した学習環境が魅力的。学費も大手進学予備校並みで多くの受験生が選択肢に入れることができるはずです。
特徴 55段階個別指導で着実に医学部合格力が身につく大手校
 
 
  広告・PR欄
野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

太宰府アカデミー

太宰府アカデミーの公式サイトです。
https://dazaifu-academy.jp/

ウインダム

ウインダムの公式サイトです。
https://windom.jp/

おすすめ学習法
メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

 
医学部予備校の特集企画
メディカルline 現役生の医学部受験
医学部独占インタビュー!野田クルゼ 医学部独占インタビュー!学び舎グループ
医学部独占インタビュー!代官山メディカル 医学部独占インタビュー!ウインダム
医学部予備校独占インタビュー!~医進の会~ 医学部独占インタビュー!四谷学院
医学部予備校独占インタビュー!~TMPS医学館~ 「時事英語」特別講義
医学部予備校ランキング 医学部とは
医学部の基礎知識
医学部受験対策
医学部予備校詳細
PAGE TOP