医学部医学科入試は最低でも東大や早慶合格レベルが求められる非常に難易度が高い試験で有名ですが、これは昨今の受験ブームが要因にもなっています。

医学部医学科が難しいのはなぜ?理由を検証

医学部の基礎知識

医学部医学科が難しいのはなぜ?理由を検証
  • 公開日:
  • 更新日:

昨今は医学部受験ブームがメディアでも注目されているように、少子化にも関わらず、多くの受験生が志願し、高倍率・高難易度の入試が毎年行われています。

医学部入試は東大や早慶の合格レベルに匹敵する偏差値が要求される超難関試験なのですが、医学部医学科はなぜそこまで難しいのか。

ここでは、医学部医学科の入試がなぜ難しいのか理由を検証していきたいと思います。

地方国立大学医学部医学科でも東大合格レベルの学力が必要

最近は空前の医学部受験ブームであり、難関進学校でも東大理Ⅰよりも地方国立大学医学部医学科を目指す受験生が増えているくらいです。

私立大学医学部医学科においても、合格できる学力があれば早慶理工学部が狙えるくらいのレベルが必要に。

昔は、偏差値50台で合格できた医学部も今では偏差値60以上の学力が求められており、非常に高い競争倍率の中で合格を実現しなければなりません。

2浪、3浪と多浪を経験して医学部を合格している受験生も普通にいるくらいです。

医学部医学科の入試が難しい理由

医師という職業

リーマンショックや新型コロナの影響で大手企業やリストラや倒産が起きる時代を見てきた中学生や高校生の受験生は、より安定した職業を求める傾向が強いのが近年の特徴

その中でも優秀な学生にとって憧れとなるのが医師と言う職業です。

医師になれば、年収1000万円以上が稼げるのはもちろん、医師不足が叫ばれる昨今では就職に困ることもありません。

しかも、医師は社会的にも非常に高いステータスが得られるため、エリート志向の進学校出身の受験生にとっては非常に魅力的なのです。

東大を卒業したからと言って就職で大手企業から内定をもらえる確約もなければ、年収1000万円を安定してもらえるとも限りません。

先行きの不透明な社会だからこそ、安定して高い地位を築ける医師と言う職業を目指すために優秀な受験生が医学部医学科に集結し、その結果、入試の難易度が底上げされていることになります。

入試の科目数が多い

特に国公立大学医学部医学科に言えることですが、共通テストの受験が必須であり、かつ文系科目の国語と社会も受験しなければなりません。

しかも、得点率は90%超えないと国公立大学医学部医学科は厳しいと言われています。

つまり、二次試験の必須科目である英語・数学・理科二科目の勉強に加えて、国語や社会と言った文系科目も高度なレベルまで対策する必要があるのです。

医学部医学科は理系に該当するため、文系科目を苦手とする受験生もいるかもしれませんが、国公立大学を目指すのであれば全教科で高度な学力を有しておくこと求められ、苦手科目は作れないことから入試が難しいと言われる理由の1つとなっています。

国公立大学は受験機会が少なくミスが許されない

私立大学医学部医学科の場合は、併願受験が可能なため、日程が重ならなければ10大学受験することもできるため、合格の可能性を高めることは可能です。

しかし、国公立大学医学部医学科の場合は、前期日程と後期日程と1年に2回しかチャンスがありません。

しかも、後期日程は募集定員が一桁という大学も多く、最近は後期日程廃止する医学部医学科が増えているので、ほぼ前期日程で合否が決まってしまうと言っても過言でありません。

また、私立大学医学部医学科にも言えることは非常に入試倍率が高いこと。

つまり、1点での差で合格・不合格が決まるほど激戦であり、ミスが命取りとなってしまうのです。

限られた受験機会と、ケレスミスが許されないことが医学部医学科の入試を難しくさせています。

推薦入試枠の増加で浪人生は不利になりがち

最近は現役生や一浪生の合格者を増やしたいのか、医学部医学科では一般入試の定員枠を減らして、推薦入試の定員を増やしている大学も増えてきています

推薦入試は一浪生や二浪生までなど出願資格を制限しているため、多浪生は出願することがさえできません

一般入試の定員が少なくなれば、多浪生や再受験生は不利になってしまいます。

したがって、浪人生や再受験生にとっては医学部医学科の合格はまずます厳しくなっている傾向に。

医学部医学科の合格を目指す場合は、早期合格が重要となります。

まとめ

なぜ医学部医学科の入試が難しいかというと

  • 高い地位・報酬が実現できる医師という職業に上位層が集まった
  • 入試の科目数が多く、ミスが命取りの
  • 現役・一浪枠が増え短期合格しないと難しくなっていること

以上の3点が主な理由となります。

医学部医学科の入試はまだまだ難易度が難しい年が続くことが予想されるので、質の高い受験対策が必要となります。

また、浪人を重ねるだけ合格できる可能性が低くなっていくので、医学部予備校などで短期合格を目指すことが重要です。

 
 
  広告・PR欄
野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

太宰府アカデミー

太宰府アカデミーの公式サイトです。
https://dazaifu-academy.jp/

ウインダム

ウインダムの公式サイトです。
https://windom.jp/

おすすめ学習法
メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

 
医学部予備校の特集企画
メディカルline 現役生の医学部受験
医学部独占インタビュー!野田クルゼ 医学部独占インタビュー!学び舎グループ
医学部独占インタビュー!代官山メディカル 医学部独占インタビュー!ウインダム
医学部予備校独占インタビュー!~医進の会~ 医学部独占インタビュー!四谷学院
医学部予備校独占インタビュー!~TMPS医学館~ 「時事英語」特別講義
医学部予備校ランキング 医学部とは
医学部の基礎知識
医学部受験対策
医学部予備校詳細
PAGE TOP