多浪・再受験に強い医学部予備校

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

医学部予備校のなかでも多浪生や再受験生の指導に定評ある学校を紹介しています。

医学部TOP > 多浪・再受験に強い医学部予備校

時間がない!医学部再受験に成功する方法とは?

生徒

医学部は非常に高い偏差値が要求されるため、浪人することも珍しいことではなく、2浪、3浪が当たり前となっています。

また、医学部を一度は諦めた人や、安定して高い収入が期待できる医師に魅力を感じて、大学生が医学部に編入するケースや、大学を卒業生した社会人が医学部を再受験するケースも見受けられます。

そういった多浪生や医学部再受験生におすすめなのが、フォロー制度が充実している医学部予備校で勉強することです。

医学部予備校では、講師と生徒との距離が非常に近いので、予備校や塾通いは過去の話で、受験勉強から遠ざかっていたという再受験生も手厚い指導の元、1からきっちり入試対策ができます。

通常、医学部予備校の生徒数は通常の塾や予備校と比較して少ないので、生徒一人ひとりの学習管理が徹底しており、大手予備校などで合格できなかった多浪生や再受験生が医学部予備校から合格するという実績が多くあります。

ここでは、医学部予備校のなかでも特に多浪生や再受験生に強い学校を厳選して紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

年齢や性別に寛容な大学選びを

近年次々と発覚して問題となった、医学部の裏口入学や不正入試のニュース。以前から、医学部によって年齢の寛容度が異なるということは噂されていましたが、実際に高齢や女性であること、多浪人が不利に働くことがあったとう事実が明るみに出ました。

複数回浪人を繰り返している人や、年齢がマイナス要因になりうる年代の再受験生は、寛容度が高いと言われる大学を受験すると合格確率が高まる可能性があるかもしれません。

また、医学部再受験においては、年齢に寛容であるか否かを気にする人は多いですが、年齢を理由に減点されても、それを上回る学力があれば合格できます。

実際に年配の再受験生で、年齢差別があると噂される医学部に合格している再受験生もいます。

事実、東京医科大学の不正入試は話題になりましたが、20点以上の差を付けられた女子や多浪生でも合格を勝ち取っている人がいます。

医学部予備校に通っていれば、志望校選定や情報収集も、プロが信頼できる情報をもとに行ってくれます。その上で、自分に最適な大学を提案してくれるので安心です。

医学部再受験生が入試で合格する方法は?

センター9割、偏差値60以上を目指してコツコツと勉強しよう

また、再受験生のブログを見ても分かる通り、医学部へ合格している人はコツコツと勉強に励み、年齢等の問題を突破できるだけの高い学力を習得している人がほとんどです。

一般入試を選択した再受験生は、年齢や経歴に関係なく純粋な学力勝負を行っている医学部を受験するが可能です。

したがって、まずは医学部合格に必要な偏差値を最低60上(河合塾)は出せるよう勉強に集中することが重要です。

国立だけでなく私立も選択肢に入れよう

医学部再受験を決意したものの合格できずに厳しい末路を迎える人が、2chなどネット上で「闇」として取り上げられています。

仕事を辞めて再受験を目指したことを後悔しないよう、国立だけでなく私立も選択肢に入れて合格をすることを第一に考えた対策が必要となります。

一般入試と学士編入試験の違いとは

一般入試と編入の大きな違いは、「募集人数」と「試験内容」です。

募集人数について

当然のことですが、募集人数という点では、一般入試の方が学士編入試験よりも多くなります。それぞれの募集人数は国立大学なのか、私立大学なのか、また大学や医学部の規模によっても人数は変わります。

あくまでも目安ですが倍率は、一般入試が5倍〜10倍に対し、編入試験は10倍〜20倍といわれています。再受験の倍率だけをみると、一般入試の方が合格のチャンスがありそうですが、再受験と編入試験では試験内容が異なるので、一概に再受験の方が難易度が低いということはできません。

試験内容について(面接制度はある?)

再受験は一般の受験生と同じく、センター試験と大学の個別試験を突破する必要があります。つまり、幅広い科目を勉強する必要があり、かなりの勉強量が必要となるということです。

一方、編入試験の場合は、センター試験は受験する必要がなく、試験内容は個別の筆記試験や小論文、面接など各大学の医学部によってまちまちです。筆記試験の科目は「化学と英語」「総合問題と英語」など科目が絞られている大学もあります。

また編入試験での再受験の場合、面接や小論文など、学力以外の地頭の良さや教養、社会経験も評価対象に入ります。編入試験は日程が被らない限り、複数の大学を受験することも可能です。

おすすめ医学部予備校ランキング

ランキング1位
代官山MEDICAL
特徴 詳細 公式HP
再受験専用コースで高い合格実績を誇る 詳細 公式HP

代官山MEDICALは、渋谷にある医学部進学実績が自慢の専門予備校です。他の医学部予備校と異なり、再受験生には専用コースを設けて別途サポートを行っていることです。文系出身でも合格を勝ち取っています。また、私学の東海大編入試験との併願コースもあるので、より選択肢を広げて対策できるのが魅力的です。面接や小論文などに二次対策も充実しています。

ランキング2位
野田クルゼ
特徴 詳細 公式HP
現在の学力・年齢に関係なく医学部合格が実現 詳細 公式HP

野田クルゼは、創業40年以上と医学部予備校の中でも長い歴史と実績を誇っています。アットホームな環境の中で丁寧なサポートと、早稲田アカデミー系列の強みを活かした質の高い指導により、年齢・現在の学力に関係なく医学部合格を実現可能です。私立医大だけでなく、国立の医学部にも豊富な合格実績があり、物理の先生は東大医学部卒業の経歴があります。

ランキング3位
白金台医進予備校シナプス
特徴 詳細 公式HP
学費減免を含めた社会人支援制度があり 詳細 公式HP

白金台医進予備校シナプスは、プロ講師陣が連携し合いながら合格へと導く完全個別指導型の医学部予備校です。定員10名の少人数制を徹底し、生徒一人ひとりに手厚いサポートを提供しています。他の医学部予備校に先駆けて社会人支援制度を設けてきた実績があります。学費減免だけでなく、特別カリキュラムの作成や仕事との両立が可能な特別時間割などを設けてサポートしてくれます。

まとめ:再受験は医学部予備校で

医学部再受験を成功させるためには、かなりの勉強量と正しい情報を収集し、失敗しない戦略を立てることが重要です。参考書などを用いて独学で再受験に成功している人もいますが、本気で医学部再受験を目指すなら、医学部受験に特化した医学部予備校で学ぶことがおすすめ。

医学部予備校では自身に最適な大学の医学部を紹介してくれたり、最新の医学部再受験情報を入手することもできるので、効率よく医学部再受験に備えることができるでしょう。

 

<<広告・PR欄>>

野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

慶応進学会フロンティア

慶応進学会フロンティアの公式サイトです。
http://www.gokaku-igakubu.com/

 

<<おすすめ学習法>>

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

ページトップへ戻る

医学部偏差値比較ランキングについて | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ | 口コミ投稿

Copyright (C)医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方 All Rights Reserved.