「時事英語」特別講義

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

医学部入試で頻出の時事英語をエースメディカルみなとみらいの峰岸先生が徹底解説。

医学部TOP > 「時事英語」特別講義

峰岸先生が医学部入試で頻出の『時事英語』を徹底解説!

第179回 「最先端科学・医療研究Ⅺ」その8

乳がん8

皆様こんにちは。横浜にある医学専門予備校:エースメディカルみなとみらい代表の峰岸です。よろしくお願いいたします。

*********************************

ここでは新聞、雑誌などの時事英語のなかから医学部受験に出題されやすいテーマを取り上げていきます。今回は「最先端科学・医療研究」の分野を扱います。AFP配信2018年5月23日の記事Scientists discover how breast cancer hibernates: study(乳がん細胞の休眠の仕組みを解明:米研究)です。今日は第13パラグラフから読んでいきましょう。*注 解説しやすいようにパラグラフに記号や文ごとに番号を入れる場合があります

Scientists discover how breast cancer hibernates: study

- Cells in hiding -

(13)Half the animals were given a drug that inhibits autophagy, while the others received a placebo or "dummy" drug.

(14)In a second experiment, they altered a gene that controls autophagy.

(15)Both approaches "significantly" decreased survival of the cancer cells and limited their spread, the study concluded.

解説

見出し

乳がん細胞の休眠の仕組みを解明:米研究

第13パラグラフ

Half the animals were given a drug that inhibits autophagy, while the others received a placebo or "dummy" drug.

主語はHalf the animals(この動物の半数)です。つまり「実験のマウスのうちの半分は」という意味です。述語はwere given a drug (薬を与えられた)です。「どんな薬か」はthat以下です。 inhibitは「抑制する」です。「何を抑制するのか」はautophagy(オートファジー)です。次のwhileは「一方で」です。the othersは「残りのマウス」です。これが主語で、述語は received(受け取りました)です。「何を受け取ったのか」は a placebo or "dummy" drug(偽薬つまりダミーの薬)です。

訳:実験に使ったマウスの半数にはオートファジーを抑制する薬を与える一方で残りの半数には偽薬、つまりダミーの薬を与えました。

第14パラグラフ

In a second experiment, they altered a gene that controls autophagy.

In a second experimentは「次の実験において」です。主語はtheyで、ここでは「研究者」です。述語はaltered(変えました)です。「何を変えたのか」は a gene(遺伝子)です。ですから「遺伝子を組み替えた」ということです。「どのような遺伝子か」は that以下にあります。つまり controls(抑制する)遺伝子です。「何を抑制するのか」はautophagy(オートファージー)です。

訳:次の実験では研究者はオートファージーを抑制する遺伝子を組み替えました。

*************************************** *******

いかがでしょう。実験の内容が記載されました。この実験で得られたデータにたいてどのような意見があるのでしょうか。次回以降もしっかり読んでいきましょう。お楽しみに。

**********************************************

当校ではレベルの高い英文を基礎から説明していきます。随時無料体験レッスン可能です。お問い合わせください。

2018年8月01日

<<プロフィール>>

峰岸敏之
早稲田大学大学院法学研究科卒業後、大手新聞社で記者を経験し、講師へ転向する。大手予備校の河合塾をはじめとした有名予備校や医学系予備校などで、英語科責任者などを担当。15年以上に渡って高校生や高卒生を指導した経験を活かし、2013年に「絶対合格」を合言葉に医学部専門予備校、エースメディカルみなとみらいを横浜に開校。代表を務めながらも自ら英語・小論文を指導し、毎年多くの医学部合格者を輩出している。

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

ページトップへ戻る

医学部偏差値比較ランキングについて | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ | 口コミ投稿

Copyright (C)医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方 All Rights Reserved.