京都府立医科大学医学部

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

京都府立医科大学医学部は公立大唯一の旧制医学をルーツにもつ伝統校です。

医学部TOP >  京都府立医科大学医学部

京都府立医科大学医学部医学科

京都府立医科大学医学部

京都府立医科大学医学部医学科は、教養教育を下鴨キャンパスで行い、医学専門教育を2年から河原町キャンパスで実施します。

1年次は、教養教育をメインに学びますが、早期体験実習による附属病院や研究室の見学を行い、医師としてのモチベーションを高めていく機会が設けられています。

2年じからは、河原町キャンパスに移り基礎医学の学習がスタートすると同時に、1年から4年まで一貫して医学英語を学び高度な語学力を習得します。

解剖学や生理学、病理学や免疫学などの基礎医学科目で人の機能や病気について学び、3年次からは予防医学や法医学などの社会医学科目が追加されます。

そして、3年次2学期からは臨床医学の学習が始まり、共用試験CBTおよびOSCEに合格して4年次2学期から臨床実習が始まります。

なお、4年次1学期末には研究配属期間が設けられており、6週間かけて実験方法を学ぶなど研究の基礎を習得します。

臨床実習は、診療参加型で実施され72週間かけて附属病院や関連病院等でプライマリケアの症例について学習していきます。

5年次2学期には本学独自の「地域医療実習」が設けられ、京都府北部の中核的公的病院に少人数のグループ単位で配属され、1週間泊まり込みで地域医療を学んでいきます。

また、5年次から6年次にかけて希望者には海外での臨床実習派遣も行っており、アメリカのオクラホマ大学やイギリスのリーズ大学で4週間の臨床実習が受けられます。

歴史と伝統ある名門医学部

京都府立医科大学医学部医学科は、旧制医科大学の起源をもつ唯一の公立大学で、関西では京都大学、大阪大学に次ぐ名門大学として人気があります。

元々のルーツは、1872年(明治5年)に開院した京都療病院で140年を超える歴史ある伝統校であるため、府内をはじめ関西には多くの関連病院があり学外臨床実習で豊富な症例に触れることが可能です。

「世界トップレベルの医学を地域に」をモットーにこれまで11000名を超える卒業生を輩出し、地域医療に貢献しています。

医学部卒業後は、附属病院または協力病院などで臨床研修に進みますが、京都府立医科大学の臨床研修プログラムは国内で最も人気があるプログラムの1つです。

科学研究費補助金総額(平成28年度)は全公立大学で1位、国公私立医科大学で2位と、本学の研究内容や実績が高く評価されています。

また、平成26年度からは京都府立医科大学、京都府立大学、京都工芸繊維大学の3大学で教養教育共同化が開始されており、より多彩な教養科目を履修できるようになっています。

公立大学医学部としては伝統校であり京都という都市部に立地していることから難易度は高く偏差値ランキングでも上位に位置しています。

>>国公立医学部の偏差値はこちら<<

基本情報

キャンパス ■下鴨キャンパス(1年次) ■河原町キャンパス(2年次以降)
住所 〒602-8566 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465番地
男女比率 男7 : 女3
偏差値(2018) 67.75(大手予備校平均値)
6年間の学費(2014) 国公立医学部は平均350万円
医学科公式HP https://www.kpu-m.ac.jp/doc/index.html

入試情報~平成30年度2次試験実施状況~

【前期日程】

募集定員 志願者数 受験者数 合格者数
100 288 270 100
試験科目
センター試験 450点
数学 200点
理科 200点
英語 200点
面接
合計 1050点
最高点 最低点 平均点
882.6点 690.0点 742.6点

京都府立医科大学医学部医学科の口コミ・体験談

当サイトでは、現在京都府立医科大学医学部医学科の口コミ・体験談を募集しています。医学部志望の受験生に役立つ情報の場として、ぜひご協力お願いいたします。

>>京都府立医科大学医学部医学科の口コミ・体験談の投稿はこちら<<

京都府立医科大学への合格実績がある医学部予備校

ランキング1位
野田クルゼ
野田クルゼ

野田クルゼは、2015年度春から新たに国立大学医学部に特化した指導を行う「国立医進コース」を開講します。少人数クラスで丁寧な指導を行い、文系科目のフォローも万全の体制なので、センター対策も安心です。さらに、大手予備校並みの割安な学費も魅力となっています。

口コミ投稿はこちら詳細お申込はこちら
口コミ・評判 特徴 校舎
40年の実績が凝縮された国立医進コースが誕生 東京
ランキング2位
進学塾ビッグバン
進学塾ビッグバン

進学塾ビッグバンは、医学部合格率75%以上の実績がある評判の高い医学部専門予備校です。医学部合格には効率も重要ですが、それは学習時間と学習量を確保した上での話です。ビッグバンでは大手のカリキュラムを1年で複数回繰り返すので知識の定着化とヌケ・モレがありません。また、9:00~22:00の強制学習時間を設けているので十分な学習時間を確保可能です。自己管理が苦手な受験生におすすめです。

口コミ投稿はこちら詳細資料請求はこちら
口コミ・評判 特徴 校舎
圧倒的な学習時間と学習量を確保可能 東京・大阪
ランキング3位
駿台予備校
駿台予備校

駿台予備校は、国内最大規模の大手予備校であり昔から難関医学部合格には高い実績を誇っています。特に東大・京大をはじめとする上位国公立大学医学部への合格者が多いのが魅力です。全国から多くの合格者を輩出してきた経験と実績により、大手にしかできない戦略があります

口コミを確認する詳細お申込はこちら
口コミ・評判 特徴 校舎
難関医大の合格者数はトップクラス 全国主要都市
 

<<広告・PR欄>>

野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

慶応進学会フロンティア

慶応進学会フロンティアの公式サイトです。
http://www.gokaku-igakubu.com/

 

<<おすすめ学習法>>

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

ページトップへ戻る

医学部偏差値比較ランキングについて | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ | 口コミ投稿

Copyright (C)医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方 All Rights Reserved.