PMD医学部専門予備校

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

PMDは圧倒的な学習時間と超少人数教育で医学部合格を目指せます。

医学部TOP > PMD医学部専門予備校

PMD医学部専門予備校

PMD医学部専門予備校

PMD医学部専門予備校は、福岡を中心に展開する極少人数と完全個別指導で医学部合格を目指す医学部専門予備校です。

校舎は、福岡のほか、熊本や鹿児島でも開校しており九州在住の受験生にはアクセスの便が非常に良い予備校です。

豊富な医学部受験情報を有しており、各医学部の傾向と対策の情報は的確で、教材や模試にもしっかりと反映されているので、効率よく志望校に向けた勉強ができます

その他、小論文、面接、推薦入試、編入試験など学科試験以外の対策も充実しています。

授業時間数演習量が豊富で圧倒的な勉強時間を確保可能です。真剣に医学部を目指している受験生におすすめです。

公式サイトはこちら

極少人数ゼミ方式で双方向の授業を実現

PMDでは、1クラス5名程度の少人数クラスで授業を行うことで、講師が生徒一人ひとりの理解度を確認しながら授業ができます。

さらに、一方的に講師が授業するのではなく、生徒に質問したり、生徒から質問を受け付けたりするなど、講師と生徒が会話のキャッチボールを行うゼミ方式を採用することで、授業内容の理解度・定着度が格段にアップします。

一方通行の授業でよくあるのが、途中でついて行けなくなって取り残されたり、解った気になっていたけど実際は理解しなかったりと、せっかくの授業が無駄になってしまうことがあります。

授業内で理解し、定着化まで実現するためにはゼミ方式による双方向型の授業形式が一番効果的です。

そして、授業時間内で理解することで、授業以外の復習の時間が節約でき、演習や他科目の勉強など効率よく学習していくことが可能です。

圧倒的な勉強時間と演習量

PMDは、1コマ100分で圧倒的な授業時間数を確保しています。たとえば、私立コースの場合は年間約1520時間もの授業時間数が確保可能です。

また、早期から受験勉強を開始したい受験生であれば、3月上旬の春期講習から受験勉強を開始することで他と差をつけることができます

さらに、授業時間外で行われる演習量も多く、限られた時間の中で得点を稼いでいくための答案作成能力を身につけることができます。

定期テストや実力テストを含めると年間約40~50回もの豊富な演習を行うので、インプットだけでなく、アウトプットもしっかり行うことができます。

>>PMD医学部専門予備校の資料請求はこちら<<

詳細はこちら

PMD医学部専門予備校の口コミ・体験談

投稿者:モントリオール (男性)

PMDでは、数学と英語の授業が毎日あるので、予習や復習が正直大変でしたが、毎日あることで確実に身についていってるのがわかりました。小論文や、面接指導も定期的にカリキュラムの中に入っているのでPMDのカリキュラムを信じてしっかりこなすことが合格できるコツですよ。

2014/9/11
投稿者:ウツボ (男性)

僕は得意科目と苦手科目の差が激しかったので、得意科目はゼミで勉強、苦手科目は個別指導で勉強と組み合わせています。個別指導では苦手科目を徹底的に指導してもらえたので入試前には苦手科目の点数も上がりました。苦手科目がある人は個別指導との組み合わせのほうがいいですよ。

2014/7/05

当サイトでは、現在PMD医学部専門予備校の口コミ・体験談を募集しています。医学部志望の受験生に役立つ情報の場として、ぜひご協力お願いいたします。

>>PMD医学部専門予備校の口コミ投稿はこちら<<

資料請求はこちら

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

ページトップへ戻る

医学部偏差値比較ランキングについて | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ | 口コミ投稿

Copyright (C)医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方 All Rights Reserved.