医学部のao入試

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

近年多くの大学で実施されているao入試は医学部でも採用されています。

医学部TOP > 医学部のao入試

ao入試とは

ao入試とは、受験生の人物像に着目した試験方法で、自己推薦などに似た入試形態となっています。

学力試験の結果で合否が決まる一般入試とは異なり、志望理由書や面接、小論文などにより受験生の個性や適性に対して多面的な評価を行い、合格者を選抜します。

同様の選抜方式が一律にao入試と称されている訳ではなく、自己推薦入試、公募推薦入試、一芸入試など各大学や各学科により名称は様々となっています。

学力では測れない個性豊かな人材を求めることを目的としており、目的意識や熱意、意欲を重視しています。

選抜方法は、書類審査と面接が最も多く、推薦入試とは違い、高校の校長からの推薦がいらないこと、評定平均など高校での成績が問われず、偏差値や学力に関係なく希望すれば誰でも挑戦できることが特徴です。

ao入試のメリット・デメリット

ao入試では、試験方法は大きく分けて、「人物重視型」と「学力選考型」の2つがあります。

人物重視型は、オープンキャンパスなどに参加してエントリーし、数回の面接によって合否が決まる「対話型」と、学業・作品・資格・課外活動などで自分をアピールする「自己アピール型」があります。

一方、学力選考型の場合、エントリーシートによる書類選考と、それに基づく面接を重視するタイプと、学力試験を重視するタイプがあります。

エントリーシートでは、主に志望動機や学びたいこと、将来の夢などを問われることが多く、相応の準備が必要となってきます。

ao入試のメリットは、偏差値・学力重視の一般入試を受験する必要なく、主に書類審査と面接で合否が決まること、長期間の精神的負担のある受験勉強をする必要がないことが挙げられます。

一方、ao入試のデメリットは、受験勉強を経験しないため、基礎学力などの必要スキルを身に付ける機会を失うことなどが挙げられます。

ao入試のメリット・デメリットを把握し、受験する場合にはしっかり対策を行ってください。

医学部でao入試を実施する大学

各大学で試験方法や傾向が異なってきますので、大学のHPなどでしっかり把握して対策を立ててください。

国公立大学医学部 旭川医科大学(北海道) 前期、後期、推薦、編入学
北海道大学(北海道) 前期、編入学
弘前大学(青森) 前期、編入学
東北大学(宮城) 前期
神戸大学(兵庫) 前期、推薦、編入学
岡山大学(岡山) 前期、推薦、編入学
広島大学(広島) 前期、後期、推薦
高知大学(高知) 前期、推薦、編入学
大分大学(大分) 前期、推薦、編入学
私公立大学医学部 獨協医科大学(栃木) センター利用、一般、推薦
順天堂大学(東京) センター利用、一般
金沢医科大学(石川) 一般、推薦、編入学
 

<<広告・PR欄>>

野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

慶応進学会フロンティア

慶応進学会フロンティアの公式サイトです。
http://www.gokaku-igakubu.com/

 

<<おすすめ学習法>>

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

ページトップへ戻る

医学部偏差値比較ランキングについて | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ | 口コミ投稿

Copyright (C)医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方 All Rights Reserved.