医学部の地域枠受験

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

自治体は医師の人材確保解決のため医学部の地域枠受験を実施しています。

医学部TOP >  医学部の地域枠受験

地域枠受験とは

地域枠受験とは、医学部卒業後に僻地医療や小児科・産科医療など人材確保が難しい領域で医師として働いてもらう代わりに、6年間の学費の全額または一部を奨学金として貸与してくれる制度です。

そして、卒業後一定期間(9年程度)医師として従事した場合は、奨学金の返済が免除されるので、実質学費が無料で医学部に入れる大学が沢山あります。

ただし、卒業後に指定した医療機関で定められた期間、医師として働かなければ,、貸与された奨学金を返済する義務が生じるので受験の際は慎重に検討を行いましょう。

地域枠受験は都道府県ごとに設置しており、出願要件なども県内出身者に限定するなど規定が異なってくるので、まずは志望する医学部や自治体の要件などを確認してみることをおすすめします。

学費の高額な私立大学医学部でも、地域枠受験を活用することで経済負担を大きく抑えて学ぶことができるので、国公立しか目指せなかった受験生も選択肢が広がります

特に、地域枠がおすすめの受験生は、金銭的に医学部が厳しい、僻地医療に興味がある、小児科や産科などに興味があるなどです。

地方だけでなく東京枠もある

地域枠と言えば、医師不足が深刻な地方や離島などを想像しがちですが、東京都も地域枠を設置して医師確保を行っています。

地域枠は卒業後に指定された地域で医師活動を行わなければならないため、地域枠を敬遠しがちですが、東京枠であればハードルがまだ下がるのではないでしょうか。

ちなみに、東京都地域医療医師奨学金とう名目で、医学部卒業後に東京都の地域医療に従事する強い意志を持った地域枠合格者を対象に、東京都が奨学金を貸与します。

奨学金は、6年間の医学部学費総額と月額10万円の生活費が6年間支給されるという充実ぶりです。

東京枠を設置する医学部

大学名 募集定員
東京慈恵会医科大学 5名
順天堂大学 10名
杏林大学 10名

東京都地域医療医師奨学金の概要

大学名 学費6年間 生活費
東京慈恵会医科大学 2250万円 720万円(月額10万円×6年間)
順天堂大学 2080
杏林大学 3700万円

東京都地域医療医師奨学金の出願資格

次の1から3全ての要件を満たす者

  1. ①東京都内に住所を有し、かつ高等学校等を卒業した者(卒業見込みを含む。)または、②都内の高等学校等を卒業した者(卒業見込みを含む。)
  2. 各大学の「東京都地域枠入学試験」に合格した際に、入学を確約できる者(※合格したときは入学を辞退は不可)
  3. 医師免許取得後、小児医療、周産期医療、救急医療、へき地医療のいずれかの分野で、東京都が指定する医療機関で9年間(初期臨床研修期間を含む)以上の期間、医師として従事しようとする意志を有すること
 

<<広告・PR欄>>

野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

慶応進学会フロンティア

慶応進学会フロンティアの公式サイトです。
http://www.gokaku-igakubu.com/

 

<<おすすめ学習法>>

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

ページトップへ戻る

医学部偏差値比較ランキングについて | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ | 口コミ投稿

Copyright (C)医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方 All Rights Reserved.