社会人で医学部を目指す

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

社会人でも再受験や学編入で医学部を目指して多くの人が勉強しています。

医学部TOP > 社会人で医学部を目指す

社会人で医学部を目指す

1度医学部を諦めて他学部へ進学した人、または昔から医師に憧れていて諦めきれない人など、社会人の中には様々な理由で医学部を目指す人がたくさんいます。

社会人で医学部を目指す場合は、なかなか合格できなくて途中で挫折してしまう受験生も多いのが現状ですが、合格を勝ち取っている人も毎年いらっしゃいます。

勉強を決断したときの固い意思を忘れず、モチベーション高く勉強することが重要です。

また、独学で医学部合格は相当厳しく時間もかかっていしまいます。医学部予備校などプロの講師の指導の下で効率よく学習することをおすすめします

学費の問題もあると思いますが、教育ローンを設けている医学部予備校はたくさんあるので有効活用していくと良いでしょう。

学士編入で医学部を目指す

医学部を目指す方法として他学部の学士号を取得している社会人であれば、学士編入制度を利用して医学部を目指すことができます。

学士編入試験は国立大学を中心に実施しており、私立大学でも東海大学や獨協医科大学などで行なっています。

学士編入であれば、医学部の1年次または2年次に編入できるのでその分学費と時間を節約することが可能です。

また、文系出身者や学士号を取得していない社会人でも受験可能な医学部もあります。たとえば、東海大学医学部の学士編入では試験科目が英語、適正試験、面接となっており文系出身者でも対策をちゃんと取れば十分合格可能です。

さらに、東海大学医学部では応募資格が短大卒業者、専門学校修了者と広く門戸を開放している点が特徴です。

ただし、学士編入は競争率がとても高く、とても優秀な受験生が集中するので経歴に自信が無い人などは再受験を選択する傾向にあります。

再受験で医学部を目指す

社会人で医学部を目指す人の多くは再受験の道を選んでいる傾向があります。

これは再受験の場合は経歴など関係なく学力次第で合格ができる点と、学士編入などと違って募集人数が多い点が挙げられます。

ただし、社会人の多くは受験時代から長い年月が経っているので、ほぼゼロの状態から学習をスタートすることになります。

したがって、医学部を目指すレベルまでの学力まで持っていくことが非常に大変です。暗記やうる覚えでは対応できない問題が多いので、まずは基礎固めを徹底的に行ってください。

さらに、注意したいことは大学によって3浪以上や年齢制限を事実上課しているところがあると思っていおいてください。

志望校がそうでないよう合格者の年齢などを事前に調べておくと良いでしょう。また、医学部予備校に相談すれば社会人でも狙いやすい大学を教えてくれるので安心です。

 

<<広告・PR欄>>

野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

慶応進学会フロンティア

慶応進学会フロンティアの公式サイトです。
http://www.gokaku-igakubu.com/

 

<<おすすめ学習法>>

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

ページトップへ戻る

医学部偏差値比較ランキングについて | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ | 口コミ投稿

Copyright (C)医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方 All Rights Reserved.