中学生の医学部受験対策

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

中学生から医学部受験を目指すことで早期から準備・対策を行えるメリットがあります。

医学部TOP > 中学生の医学部受験対策

中学生の医学部受験事情

中学生の医学部受験対策

難関中学に進学した生徒をはじめ、多くの保護者やお子さんが早い段階から医学部を目指しています。

これは、リーマンショック以降の先行きが不透明な日本経済のなかで、安定した地位と高い給与が得られる医師への魅力が増大している傾向にあります。

さらに、東日本大震災をきっかけに自分も社会に貢献できる人になりたいと医者を目指しているお子さんが多くいるのも事実です。

医学部受験は、難易度が高く高度な学力が要求されるため、早い段階から対策や準備を始めることは現役合格も実現可能となりおすすめです。

中学から医学部を意識した学習方法

中学生の場合、中高一貫校に通っているか否かによって学習計画も異なってきます。というのも、中高一貫校に通っていれば高校受験をする必要がないからです。

中間一貫校では6年間で難関大学へ進学できるようカリキュラムが偏されているため、早い段階で必須課程を終えて、受験対策に十分な時間を割けるようになっています。

したがって、どんどん学習が進んでいくため、中高一貫校に対応した学習塾などを利用して取り残されないよう基礎を中心に徹底して理解していきましょう。

いっぽう、中高一貫校でない人は高校受験の準備・対策が必要となるため、まずは中学校で学習する範囲を徹底して理解して、できるだけ進学校を目指します。

これは、進学校ほど医学部合格実績が高く、その分受験情報が豊富にあるからです。したがって、文系科目も疎かにせずにしっかりと学習し高い学力を身に着ける必要があります。

医学部を事前にしっかりリサーチすること

医学部を目指す人には、本当に医師としての職業に魅力を感じている人と、偏差値やネームバリューで選ぶ人の2パターンに分かれます。

たとえ学力が優秀で医学部合格レベルの知識があっても医師に向かないタイプの人がいるため、保護者の方は子供の適性を見極めてあげることが重要です。

医学部に入学すれば、解剖学など人によっては苦手な実習も必須となってきます。また、職業上、生と死が隣り合わせの現場で仕事をすることになるため精神的にもハードな仕事です。

医者は地位と名声が高い華やかな職業ですが、責任が重く、とてもハードな仕事だということは知っておく必要があります。

他学部と違って、一般企業に就職するケースはほとんどないので、医学部を目指す場合は良い面も悪い面も両方理解したうえで目指すようにしましょう。

 

<<広告・PR欄>>

野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

慶応進学会フロンティア

慶応進学会フロンティアの公式サイトです。
http://www.gokaku-igakubu.com/

 

<<おすすめ学習法>>

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

ページトップへ戻る

医学部偏差値比較ランキングについて | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ | 口コミ投稿

Copyright (C)医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方 All Rights Reserved.