医学部とは

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

医学部とは唯一の医師国家試験の受験資格が得られる医学科を設置している学部です。

医学部TOP > 医学部とは

医師が必ず通るべき道

医学部とは

医学部とは、大学に設置されている学部の一つで医学を専門に学び医師免許の取得条件が得られる医学科が設置されています。

医学部は、国公私立のいずれの大学にも設置されていて、その数は現在80校にも及びます。(防衛医科大学を含む)

総合大学及び単科大学で医学を学ぶことが可能です。総合大学では他学部生との交流が活発だったり、1,2年時に取る教養課程では、幅広い分野から学べることが可能です。

特徴としては、他の学部と異なり医学部医学科は6年制を採用していいます

そして、医師養成過程(医学部医学科)を卒業した学生には学士(医学)の学位が授与されます。

不景気などの影響で、給与水準が高く安定した地位の医師を目指す学生は多く、少子化にも関わらず受験者数は常に増加傾向にあります。

社会人でも目指せる多様な受験制度

主な入学方法は、国公立大学では入試センター試験及び大学独自の筆記試験を受けることになります。

いっぽう、私立大学ではセンター試験を利用している大学もありますが、大学独自の筆記試験を受けることが一般的のようです。

また、最近では筆記試験だけでなく面接試験を採用している大学も多く見受けられます。

他にも、他学部を卒業した既卒生や社会人対象の学士編入学の制度があります。この場合、医学部の2年次から編入することが可能です。

これは国公立の医学で設けられており、試験内容は一次が書類選考、二次が筆記試験、として最後に面接試験があります。

合格倍率は平均20~40倍と狭き門となっています。

卒業後の進路状況

ほとんどの学生が医学部医学科を卒業後、医師国家試験に挑みます。合格率平均は89~90%と毎年高い水準を維持しています。

医師国家試験に合格後、前期・後期臨床研修を計5年行い医師としてのキャリアをスタートさせる人が多いようです。

いわゆる「研修医」と呼ばれる期間です。前期は2年間の基礎研修、後期は3年間の専門分野での研修を行うことが定められています

また、医師国家試験に合格後、基礎医学などを研究するために大学院に進学し研究者や教員を目指すケースもあります。

医学部医学科は、医学について学び将来の医師を育てる学科なので、一般企業に就職する人は少なく、また門戸も狭いのが現実のようです。

 

<<広告・PR欄>>

野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

慶応進学会フロンティア

慶応進学会フロンティアの公式サイトです。
http://www.gokaku-igakubu.com/

 

<<おすすめ学習法>>

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

ページトップへ戻る

医学部偏差値比較ランキングについて | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ | 口コミ投稿

Copyright (C)医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方 All Rights Reserved.