医学部留学を考える

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

医学部留学により選択肢を広げ、帰国後は日本の医師国家資格も取得可能な場合も。

医学部TOP > 医学部留学を考える

海外の医学部へ留学

医師となって社会貢献や人の命を守る高い倫理観を持って働くことを目標に、医学部へ進学希望する方は多くいらっしゃいます。

最近は、国際化・グローバル化が重要とされており、医療についてもその流れが進んでいます。

世界中で活躍している日本人医師は増加しており、医療が未発達の地域や日本国外で医療に従事している方も多いです。

医学部へ進学し、校内の交換留学制度を利用して海外で学ぶことや、最初から海外の大学で医学を学ぶことも一般的となりつつあります。

特に英語力は、今後、医療だけでなくどの分野においても重要なスキルとされており、人事交流のためや最先端の学問を学ぶために英語の文献を利用する機会はどんどん増えています。

学費面・学力面で有利!

海外の大学で医学を学ぶと聞くと、ただでさえ難解な医学の学問を母国語ではない言語で学ばなければならず、非現実的と捉える方も少なくありません。

しかし、海外の大学は積極的に日本人留学生を受け入れている医学部が数多くあり、国ごとに教育内容や医療制度が異なりますが、英語で授業を行っている大学も多く、日本の国立大学医学部と同じ程度の学費で済む国もあります

特に、日本の医学部受験は非常に難易度の高い試験をクリアする必要あり、語学が得意な人にとっては、海外への医学部留学を一つの手段として考えることで、医師への可能性を拡げることができます。

もちろん、どこの国も医学部のハードルは高いですが、ハンガリー、チェコ、スロバキアなどの東欧諸国の医学部は、比較的入学が容易で実際に日本の医師国家資格を取得したケースもあるエリアとなっています。

さらに、ハンガリーなどの東欧への医学部留学は支援機関もあるため、初めての留学でも安心してサポートしてもらえる強みがあります。

日本の医師にもなれる事例も

外国の医師免許を取得しても、すぐに日本で医師国家資格を得ることはできませんが、社会的貢献を果たすことや医師として人命を助ける仕事としては同様であり、さまざまな人事交流を経て実力・経験を身につけるには最適の舞台だと言えます。

また、医学用語は英語・ドイツ語といった言語から派生して翻訳されたものがほとんどであり、人によっては日本語で学ぶより効率的に理解を深めることができるでしょう。

また、日本における医師国家資格についても、国家試験の受験資格には「外国の医学校を卒業し、又は外国で医師免許を得た者で、厚生労働大臣が前2号に掲げる者と同等以上の学力及び技能を有し、且つ、適当と認定したもの」という規定があります。

この規定を利用して、外国の医師免許を持った方が日本の医師国家試験に合格した例も多く存在しているため、外国で医師になるという道は幅広い可能性を秘めた進学ルートと言えます。

ただし、日本の医師として活躍することを目標にしている人は、留学後に日本の医師免許を取得できるかを事前に確認しておくことが重要です。

 

<<広告・PR欄>>

野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

慶応進学会フロンティア

慶応進学会フロンティアの公式サイトです。
http://www.gokaku-igakubu.com/

 

<<おすすめ学習法>>

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

ページトップへ戻る

医学部偏差値比較ランキングについて | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ | 口コミ投稿

Copyright (C)医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方 All Rights Reserved.