医学部と教育ローン

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

私立大学医学部は学費が高額なので教育ローンを利用して学ぶ学生も少なくありません。

医学部TOP > 医学部と教育ローン

教育ローンとは

教育ローンは、国や金融機関が学生個人を対象に行うもので、使用目的を教育関連の経費に限定したローンのことです。

私立学校では、入学金や授業料が多額に発生する場合があり、その学費などを支払うために、学生の保護者が利用するケースが多いです。

金融機関によっては、教育ローンを学費のみに限定している場合もありますが、一般的には教育関連の受験料・教科書代やパソコン、電子辞書など修学上必要なものや、アパートや下宿の家賃など諸費用も含めて融資を受けられることもあります。

また、大学によっては、取引銀行と提携した専用の「提携教育ローン」を取り扱っているところもあり、通常の金融機関の教育ローンより利率や返済期間が優遇されています

国の教育ローンの上限は350万円(外国の大学などに留学する場合は450万円)までで、民間の金融機関の場合は、区々で300万円~3000万円となっています。

医学部における教育ローン

医学部において、国公立大学の学費は約350万円ですが、私立大学においては2000万円~5000万円近く多額の学費が掛かってしまい、一般のサラリーマンの年収では、支払っていくことが困難となっています。

近年では、私立大学も高額な学費を減額していく努力をしており、順天堂大学や昭和大学、東邦大学などが学費を下げています。

この3校は学費の値下げと共に、学生の入学志願者が大幅に増えて、偏差値が急上昇しました。

また最近、東海大学や帝京大学も値下げを行い、それに伴って入学志願者が驚異的に増えており、偏差値が上がることが予想されます。

このように、私立の医学部では多額の学費が掛かることから、学費の安い大学の方が、偏差値が高くなっているのが特徴です。

しかし、まだまだ高額な学費のため教育ローンを利用する人も多く、医学部の場合は融資限度額が高めに設定されていたり、借入期間が長めに設定されていたりするところが多いです。

高額な学費を支払えないと考えていらっしゃる方は、教育ローンを検討してみてはいかがでしょうか。

教育ローンの注意点

教育ローンを利用する場合は、できるだけ金利の低い金融機関を利用したくなりますが、注意点としては、その金利が変動金利なのか固定金利なのかということです。

パンフレットやインターネットで、一見低い金利のように見えても変動金利の場合は、上限が高い場合もあります。

一般的に、返済期間が短い場合は、金利の低い変動金利の場合が負担は少なく、将来の金利変動のリスクも心配ないでしょう。

一方、返済期間が長期の場合は、将来の金利変動のリスクが高くなることから固定金利の方が安心と言えます。

医学部の場合は、借入金額大きくなるうえに、返済期間が長期間に及ぶため、固定金利の方が良いかもしれません。

 

<<広告・PR欄>>

野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

慶応進学会フロンティア

慶応進学会フロンティアの公式サイトです。
http://www.gokaku-igakubu.com/

 

<<おすすめ学習法>>

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

ページトップへ戻る

医学部偏差値比較ランキングについて | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ | 口コミ投稿

Copyright (C)医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方 All Rights Reserved.