医学部のデメリット

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

医学部は高額な授業料の負担や超難関試験を突破しなければなりません。

医学部TOP > 医学部のデメリット

医学部のデメリット

医学部入学のデメリットは、やはり学費の高さと試験の難易度がネックとなってくるでしょう。

大学受験に合格するためにも、学生時代から塾などに通い多くの時間を勉強に費やす必要があります。現役合格も難しい世界です。

また、大学合格後も教養課程が終わる3年次からは学業の方が忙しく、なかなかアルバイトや友人との時間を作る余裕ができなくなってきます

その上、研修2年目が修了するまでは、書籍代や学会費などで出費も重なります。

あとは、卒業後一般企業に就職することが難しく、もし臨床研修などが始まって自分に向いてないと思って医師の道を断念しようと思っても、選択肢が広がらない可能性が大きいでしょう。

私立大学医学部の場合は高額な学費が懸念

医学部医学科は授業料も高額になりがちです。

国公立大学の医学部であれば、6年で総額350万円ほどで済みます

これは、私立の理工系の大学に進学するよりも安い金額となっています。

しかし、私立大学の6年分の学費は約2000万円から5000万円と格段に高額となります。

さらに学費以外にも、教材費や親元を離れるのであれば生活費などがかかってきます。

お金持ちの人が医学部に進学するというイメージは納得できますね。

私立医大など、寄付金を納付するかしないかも影響が出てくるという噂もあります。

最近では、学生ローン等も整備が進んでいますが学費はとても高額になるということは肝に銘じておいたほうが良いでしょう。

難易度が高い入試のため受験期間が長期化

医学部は高難易度の入試を合格する必要があります。

学費の安い国公立を目指すのであれば、センター試験が必要になるので、文系科目でも高得点を狙う必要がでてきます。また学費が安い分、競争倍率が非常に高くなっています。

医学部医学科は、学生の平均年齢が他学部より高く、1浪だけでなく3浪なども普通に在籍しています。

つまり、受験の長期化によりその分、予備校や塾等も学費もかかります。年齢も重ねるので医学部受験を諦めたときに周りとの就職時の年齢差が出てくるというデメリットもあります。

貴重な時間を犠牲にして難関試験に挑む覚悟が必要になってきます。

また、長い間浪人を経験していると、倍率の高い人気病院への就職が難しくなってしまう問題もあります

 

<<広告・PR欄>>

野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

慶応進学会フロンティア

慶応進学会フロンティアの公式サイトです。
http://www.gokaku-igakubu.com/

 

<<おすすめ学習法>>

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

ページトップへ戻る

医学部偏差値比較ランキングについて | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ | 口コミ投稿

Copyright (C)医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方 All Rights Reserved.