医学部の定員について

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

医学部の定員は増加傾向ですが受験者数も増加しており競争率は依然として高いです。

医学部TOP > 医学部の定員について

医学部定員の現状

人気の仕事であり憧れの職業である医師となるには、医学部に進学する必要があります。

医学部と聞くと、昔から最難関の学部であり合格するためには各大学において最高の偏差値に位置づけされています。

医学部が設置されている大学は国立・公立・私立合わせて80校存在しており、いずれの学校も1学年100名程度の定員であり狭き門とされています。

入学希望者の競争率も非常に高く、3浪・4浪以上の多年度受験生も多いという特徴があります。

医学部の入学者数は医師の養成数に直結するため、国の政策上、以前は年間の入学者数を7,625名まで抑制していました。

しかし、近年の医師不足に対応するため、平成20年より入学定員を増員しており、平成26年は9,069名まで定員の枠が増加しています

近年は増員傾向にあり

平成27年度に関しても、地域の医師確保等の観点から緊急臨時的に増員が決まっています。

特に、地方部での医師不足は社会問題となっており、地域医療への従事を条件とした奨学金・選抜枠の設定を行う大学の入学定員を増枠しています。

今後も医師不足は大きな問題であるため、各大学において定員枠の増加が行われる見込みとされています。

受験生にとっては入学者数が増加するため、医学部に入学できるチャンスはそれだけ高くなります。

ただし、定員数は増加しているにもかかわらず、先行き湯透明な経済情勢を理由に医学部を目指す受験者は増加しており、依然として偏差値は非常に高く難関入試に間違いはありません

最新の入試傾向を把握して医学部合格を実現

以前、医学部の定員数が少ない時代は競争倍率が非常に高く、合格するための受験テクニックや難問の数々をいかに解くかといったノウハウを持った予備校が人気でした。

最近では、学問の本質や基礎を問うような問題に傾向が移ってきており、理数系科目を中心に初見の問題ではあるが基礎理論を組み立てて解答するような解法が求められています。

多くの問題を早く解くだけの反復練習よりも、理論・概念を理解した上で思考力が試されるような流れとなっています。

また、受験する学校が国公立か私立なのかで問題の傾向は異なっており、特に私立大学では学校ごとに特徴が見られているため、偏差値が高くても各医学部の分析・対策を怠れば合格するのは困難です。

医学部受験専門予備校なら、長年の合格実績と受験に最適化されたカリキュラムで受験勉強をサポートしてくれます。

 

<<広告・PR欄>>

野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

慶応進学会フロンティア

慶応進学会フロンティアの公式サイトです。
http://www.gokaku-igakubu.com/

 

<<おすすめ学習法>>

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

ページトップへ戻る

医学部偏差値比較ランキングについて | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ | 口コミ投稿

Copyright (C)医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方 All Rights Reserved.