医学部受験の数学対策

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

過去問分析は志望校の出題パターンを把握したり、出題形式との相性を確認可能です。

医学部TOP > 医学部受験の数学対策

過去問の使い方

大学を受験する上で、各学部や偏差値に限らず過去問を利用して学習することは、効率的な手段でセオリーとなっています。

なぜなら、過去問には、各大学の出題傾向や難易度、偏差値を知る上で必要な情報が載っているし、毎年同様の出題がなされるからです。

私立大学の一般入試や国公立大学の2次試験は、試験作成者があまり変わることはなく、また、変わったとしても同じようなフォームで作成されるので、傾向をつかんでおくと似たような問題が出題されることがよくあります

各大学において、ある分野の知識を重視する内容が表れているのが過去問であり、この過去問を通してのみ大学側が欲している学生像を把握できます。

したがって、過去問は何度も繰り返し解いて志望校のパターンを定着させ、また、似たような出題傾向の別大学の過去問を解くことも効果的です。

過去問を使って各大学の特徴を分析

過去問を使用する際は、各大学の偏差値だけではなく、大学ごとの試験科目と配点を確認してください。

国公立大学であれば、2次試験は理科が2科目又は3科目必要なところもあれば、数学だけで良い大学もあるので、どのような教科が必要なのか事前に調べることが必要です。

また、軽視しがちな事項ですが、傾斜配点の大学はたくさんあり、例えば、英語100点・数学300点・理科200点の試験内容の場合、どの教科も均等に勉強していては非効率となります。

この場合は、配点が異なることから数学を重点的に行い、英語は苦手科目にならない程度に勉強した方が良いでしょう。

このように、配点の割合も考慮した上で、自分の得意な分野又は苦手な分野をしっかり把握した上で、受験対策をするべきです。

過去問分析で志望校を選択する

目標としている医学部はみなさんそれぞれあると思いますが、学習の進み具合や偏差値などを考慮すると現実的に行ける大学は絞られてくると思います。

その際、過去問分析を行うことにより偏差値ではなく、現実的に合格できる医学部を探しやすかったりします。

なぜなら、各大学には出題傾向や配点が異なるので、偏差値が同じような大学でも本人にとって入試問題との相性があるからです。

また、医学部の入試では、偏差値通りに問題が構成されている訳ではなく、一般的に偏差値が高めでない大学であっても、入試の出題レベル自体はかなり難しいケースもあります。

過去問を解いてみて、解きやすい問題かそうでないかを確認し、自分にとって出題傾向が相性の良い大学を選ぶだけでも、合格率は高くなります。

特に、私立大学医学部などは、大学ごとに出題傾向がはっきりしているので、自分の得意な分野などを出題している大学を受験することをおすすめします。

 

<<広告・PR欄>>

野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

慶応進学会フロンティア

慶応進学会フロンティアの公式サイトです。
http://www.gokaku-igakubu.com/

 

<<おすすめ学習法>>

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

ページトップへ戻る

医学部偏差値比較ランキングについて | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ | 口コミ投稿

Copyright (C)医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方 All Rights Reserved.