医学部受験の必須科目

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

入試科目は国公立大医と私大医で科目や試験体制が大きく異なってきます。

医学部TOP > 医学部受験の必須科目

医学部受験の必須科目

国公立大学・・・■センター試験(英語、数学、国語、社会、理科) ■2次試験(数学、英語、理科の1~2科目)

※2次試験で国語が必要な大学 → 東京大学、名古屋大学、京都大学、山形大学(古文・漢文除く)

私立大学・・・英語、数学、理科(二科目選択) ※国語→帝京大学

上記のほかにも、国公立または私立関係なく小論文や面接試験を導入している大学が多いです。

また、センター試験制度が平成24年度以降変更しているので、特に2次試験もあわせて理科科目には注意が必要です

国公立大学=センター試験+二次試験

国公立大学の一般入試は、センター試験と二次の筆記試験があります。

センター試験は5教科7科目とってなっていて、二次試験は前期が筆記試験、後期は小論文・面接となっています。

センター試験の5教科は、国語、外国語、数学、理科、社会となっています。

また、平成24年度からセンター試験の制度が変更され、理科3科目が最大2科目までしか受験できなくなりました。

しかし、今まで理科3科目としていた大学も、センター試験で受験しなかった理科科目を2次試験の筆記試験で受験させるなどの対策を行っています

したがって、理科2科目に減少した大学もある一方、京大・北大・九大などは今まで通り理科3科目の試験対策は継続して必要となってきます。⇒※2015年度入試において、理科3科目が必要な大学は九大のみとなりました。

私立大学でもセンター試験利用可能

私立大学医学部の一般入試科目は、一次試験が英語・数学・理科の3教科で、理科2科目の大学が多いようです。

そして、二次試験で面接・小論文を採用している大学が目立ちます。

また、センター試験と大学独自の筆記試験を併用している大学もあるので、センター試験で高得点が取れた人はチャンスが広がります。また、国公立大学医学部志望の学生も滑り止めとして利用できるメリットがあります。

多くの私立大学医学部は、センター試験以降に試験日程を設けています。

よって、センター試験を失敗した国公立大学志望の学生も、私立大学医学部を受験可能です。

 

<<広告・PR欄>>

野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

慶応進学会フロンティア

慶応進学会フロンティアの公式サイトです。
http://www.gokaku-igakubu.com/

 

<<おすすめ学習法>>

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

ページトップへ戻る

医学部偏差値比較ランキングについて | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ | 口コミ投稿

Copyright (C)医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方 All Rights Reserved.