医学部の小論文対策

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

小論文は早めから対策を始めて構成力を身につけると同時に知識の習得も必要です。

医学部TOP > 医学部の小論文対策

重要な試験科目の一つ

小論文は、日頃から書く練習をしていないと難しい試験となります。

大学によりますが、600~800字の論文を書かせることが多いようです。

学科試験のほうが合否の影響に占める割合は高いかもしれませんが、あまりにお粗末な文章だと小論文で不合格になってしまうかもしれません。

小論文はなかなか自分で勉強するのは難しいので、週1コマペースで授業や通信添削を利用しプロの講師に自分の文章を確認してもらることをおすすめします

小論文≠作文

小論文は作文ではありません。自分の論点を、体験談、他から得た情報、および具体例を駆使して論点を明確化して結論付ける必要があります。

また、理論的な思考力や文章力のほかにも、医師としての適正や独自性が評価のポイントとなってきます。

医学部入試での小論文では医学に関するテーマが出題されることが多いので、最低限の一般常識と医療知識を押えておきましょう。

たとえば、生活習慣病・ホスピス・再生医療・少子高齢化などのテーマが問われます。

医学知識を用いて論理的かつ客観的に表現できているかが合否のポイントとなってきます

そして、小論文を書いたらまずは第三者に読んでもらいましょう。

国語の先生や化学や生物の先生に読んでもらいフィードバックしてもらうことが大切です。

さらに医学部予備校などで実施している小論文対策講座を受講することで、効率よくスキルを習得することが可能です。

医学基礎知識は必須

医学部入試における小論文は、文章の表現力や構成力だけでなく、医学の基礎知識も重要となってきます。

医学の知識がないと文章も論述できませんし、説得力に欠けます。

したがって、日頃から医学の基礎知識を得る習慣をつけましょう。

まずは、4~9月までの新聞やニュースは要チェックです。

とくに朝日新聞の記事は試験に頻出しています。よって、朝日新聞の医療サイト「アピタル」を同時に参考にすると良いでょう。

また、年の前半に起こったニュースは過去問やテキストではカバーできませんが、試験に出題されることが十分に考えられるので注意して確認しておいてください

その他、医学部小論文対策の参考書や過去問の解答から知識を習得してください。

いずれも直前期からでは間に合わないので早めの対策が必要です。日頃から負担にならない程度に知識を得る習慣をつけるようにしましょう。

 

<<広告・PR欄>>

野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

慶応進学会フロンティア

慶応進学会フロンティアの公式サイトです。
http://www.gokaku-igakubu.com/

 

<<おすすめ学習法>>

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

ページトップへ戻る

医学部偏差値比較ランキングについて | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ | 口コミ投稿

Copyright (C)医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方 All Rights Reserved.