仙台の医学部予備校

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

仙台には大手予備校と地域密着型の医学部専門予備校が受験対策を行っています。

医学部TOP > 仙台の医学部予備校

仙台の医学部予備校

仙台仙台は、旧帝国大学で医学部でもトップレベルを誇る東北大学のみしかありませんでしたが、2016年東北薬科大学に医学部が設置され東北医科薬科大学となる予定です。

したがって、東北在住の受験生にとっては、これまで私立医大は東北地方に岩手医科大学しかなかったものの、志望校が1校増えることとなり選択肢が広がります。

また、東北医科薬科大学では、東北出身者限定の復興支援特別枠として定員を確保することが発表されています。

さらに、奨学金制度を充実させる方針のため、経済的問題で私立大学医学部を諦めかけている人にも学べるチャンスが与えられています

仙台は、東北地方の経済都市として発展しており、大手進学予備校をはじめ地域密着型の医学部専門予備校など数多くの予備校で医学部受験指導を行っています。

ここでは、仙台にあるおすすめの医学部予備校を紹介していますので、予備校選びの参考にしてみてください。

おすすめランキング~仙台編~

ランキング1位
河合塾
特徴 詳細 公式HP
机の河合と評される学習環境が充実の予備校 詳細 公式HP

河合塾は、3大予備校の1つに数えられ、「机の河合」と呼ばれる学習環境が充実している大手予備校です。医学部合格実績は高く、特にセンター対策に定評があるので国公立大学医学部を志望する受験生におすすめです。

ランキング2位
駿台予備校
特徴 詳細 公式HP
生徒の駿台と評されるレベルの高い生徒が集結 詳細 公式HP

駿台予備校は、3大予備校の1つに数えられ、「生徒の駿台」と呼ばれる受講生のレベルが高いのが特徴の大手予備校です。実際、難関医学部への合格実績が高く、ワンランク上の医学部対策の情報量と指導力に定評があります。

ランキング3位
代ゼミサテライン予備校
特徴 詳細 公式HP
講師の代ゼミと評される実力派講師が多数在籍 詳細 公式HP

代ゼミサテライン予備校は、最難関の採用基準をクリアした超一流講師陣による授業が受講可能です。自分だけの時間割で受講できるので学習効率も違います。よって、他の予備校との併用やクラブ活動などとの両立も可能です。

大手予備校

学校名 河合塾
特徴 センター対策が充実した国公立大学医学部志望者におすすめの3大予備校の1校
授業料 トップレベル国立医大:475,000円 私立大医進:450,000円
詳細 詳細 公式HP 公式HP
学校名 駿台予備校
特徴 理系に強く優秀な生徒が集まると評判の3大予備校の1校
授業料 スーパー国公立医系:841000円 スーパー私立医系:818,000円
詳細 詳細 公式HP 公式HP
学校名 代ゼミサテライン予備校
特徴 超一流講師陣の授業を自分だけのスケジュールで学習可能
授業料 公式サイトより直接ご確認ください。
詳細 詳細 公式HP 公式HP
学校名 四谷学院
特徴 個別指導と少人数クラスで着実に学力を身に付けます
授業料 東大・京大・国公立医学部:605,000円 私立医学部:590,000円
詳細 詳細 公式HP 公式HP

医学部系専門予備校

学校名 メディカルラボ
特徴 プロ講師による1対1の完全個別指導が受けられる医学部予備校
授業料 高卒生科:年間4,950,000円(初期費用含む)
詳細 詳細 公式HP 公式HP
 

<<広告・PR欄>>

野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

慶応進学会フロンティア

慶応進学会フロンティアの公式サイトです。
http://www.gokaku-igakubu.com/

 

<<おすすめ学習法>>

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

ページトップへ戻る

医学部偏差値比較ランキングについて | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ | 口コミ投稿

Copyright (C)医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方 All Rights Reserved.