山梨大学医学部

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

山梨大学医学部は後期試験特化で前期不合格の優秀な受験生が集まる難関医学部です。

医学部TOP >  山梨大学医学部

山梨大学医学部医学科

山梨大学医学部

山梨大学医学部医学科は、前期試験を廃止して後期試験に特化した募集を行うことで、東大理三などトップレベル国立大学を前期で不合格になった優秀な受験生が集まっています

地理的に首都圏に近く、交通アクセスが優れている点も受験生に指示されている1つの要因でしょう。

6年一貫教育を取り入れることにより、正しい倫理観を持った地域医療に寄与できる医師、国際的な視野持ち世界に通用する医師や医学研究者の養成に努めています。

山梨大学医学部の医学教育は国際的基準に合致したカリキュラムを行っており、卒業後は米国医師資格試験にも受験可能です。

国際的水準に適応したカリキュラムの特徴としては、1年次後半から基礎医学の学習が始まり、4年次11月までに臓器別コースが終わらせるなど前倒しでカリキュラムが作り直されています。

これによって臨床実習の時間を大幅に増やすことが可能となり、54週だった臨床実習が74週にまで増え、より実践的な医療教育を受けることが可能となっています。

ちなみに、進級判定が厳しい医学部の1つとして有名であり、10人以上の留年者を出す学年も珍しくありません。

研究分野でも高い実績あげる充実の教育・研究環境を整備

山梨大学医学部は、昭和53年に創立した山梨医科大学を起源に持ち、平成14年に山梨大学と統合して現在に至ります。

医学研究では高い実績を上げており、地方国立大学ながら多くの研究成果が世界の著名な医学雑誌に掲載されています。

ワイン産地としても有名な地域性を活かし、日本で唯一の専門研究所「ワイン科学研究センター」を設置していることでも有名です。

研究医育成にも力を入れており、国内初の「リエゾンアカデミー」を設置して、医学部在学中から休暇や課外時間を使って大学院講座を受講しながら研究者としての早期教育を行っています。

なお、リエゾンアカデミーの学生の中から「サイエンス・インカレ」で最高賞の受賞者を輩出するなど実績を出しています。

臨床の面でも、卒前・卒後を通じて優秀な医療人を育成すべく、地域2次救急や協力病院での救急診療への参加、および大学病院連携事業(FUJIYAMA-NET)などを通じて当大学でした得られない研修機会を提供しています。

基本情報

キャンパス 医学部キャンパス
住所 〒409-3821 山梨県中央市下河東1110
男女比率(2017年入学) 男80.8 : 女19.2
偏差値(2018) 70(河合塾)
6年間の学費(2018) 国公立医学部は平均350万円
医学科公式HP https://www.med.yamanashi.ac.jp/

入試情報 ~平成30年度2次試験実施状況~

募集定員 志願者数 第1段階選抜 受験者数 合格者数
90 1,256 900 338 92
試験科目
センター試験 800点
数学 600点
理科 600点
面接 非公開
合計 2000点
科目 最高点 最低点 平均点
センター試験 740.2点 623.6点 683.7点
数学 520点 190点 296.7点
理科 460点 229点 345.7点

山梨大学医学部医学科の口コミ・体験談

当サイトでは、現在山梨大学医学部医学科の口コミ・体験談を募集しています。医学部志望の受験生に役立つ情報の場として、ぜひご協力お願いいたします。

>>山梨大学医学部医学科の口コミ・体験談の投稿はこちら<<

山梨大学への合格実績がある医学部予備校

ランキング1位
野田クルゼ
野田クルゼ

野田クルゼは、2015年度春から新たに国立大学医学部に特化した指導を行う「国立医進コース」を開講します。少人数クラスで丁寧な指導を行い、文系科目のフォローも万全の体制なので、センター対策も安心です。さらに、大手予備校並みの割安な学費も魅力となっています。

口コミ投稿はこちら詳細お申込はこちら
口コミ・評判 特徴 校舎
40年の実績が凝縮された国立医進コースが誕生 東京
ランキング2位
駿台予備校
駿台予備校

駿台予備校は、国内最大規模の大手予備校であり昔から難関医学部合格には高い実績を誇っています。特に東大・京大をはじめとする上位国公立大学医学部への合格者が多いのが魅力です。全国から多くの合格者を輩出してきた経験と実績により、大手にしかできない戦略があります

口コミを確認する詳細お申込はこちら
口コミ・評判 特徴 校舎
難関医大の合格者数はトップクラス 全国主要都市
ランキング3位
慶応進学会フロンティア
慶応進学会フロンティア

慶応進学会フロンティアは、「厳しいけれど、面倒見が良い。」をモットーに、偏差値40台の受験生や多浪生を多くの医学部へ合格させてきた実績のある医学部予備校です。最小限の学習範囲で効率よく無理なく学習でしていくことが可能です。独自に設けている合格保証規定は、医学部に合格させる自信の表れでもあります

口コミ投稿はこちら詳細資料請求はこちら
口コミ・評判 特徴 校舎
合格保証が付いた完全合格プログラムを提供 東京
 

<<広告・PR欄>>

野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

慶応進学会フロンティア

慶応進学会フロンティアの公式サイトです。
http://www.gokaku-igakubu.com/

 

<<おすすめ学習法>>

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

ページトップへ戻る

医学部偏差値比較ランキングについて | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ | 口コミ投稿

Copyright (C)医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方 All Rights Reserved.