信州大学医学部

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

信州大学医学部は臨床実習が充実した地方大学の中でも充実した学習環境が魅力です。

医学部TOP > 信州大学医学部

信州大学医学部医学科

信州大学医学部

信州大学医学部は、高度な利用技術とコミュニケーションを備えた医療人の育成に力を入れている信州医療の中核的役割を担っている学部です。

本学カリキュラムは、臨床実習を従来の見学型から診療参加型へとシフトし臨床実習数が2014年度から51週間から72週間に増加しています。より実際の医療現場での実習が増え責任が大きくなる分、進級判定も厳しくなっています。

1,2年次は、教養科目である共通教育を中心に受講すると同時に、「早期体験学習」や「外来患者体験実習」を通じて医療人としての心構えを学びます。さらに、医学概論や解剖学などの専門科目も履修していきます。

3年次には、履修科目は専門科目のみとなりすべて必須科目となっています。基礎医学を中心に学習するなか、「看護体験実習」では看護師さんと一緒に日勤・夜勤を体験します。また、後期には「自主研究演習」があり研究の大切さや魅力に触れることができます。

4年次は、ディベート形式のTBLや、それぞれの領域を集中して学習するユニット講義等を通じて臨床医学を学びます。そして、後期から6年次までに渡る臨床実習がスタートし、指導医の監督の下で3~4人のチームに一員として参加し医療現場を体験します。

5年次後期には150通りの選択肢からなる参加型臨床実習があり、県下の医療機関で6ヶ月6コース、1診療1人ずつ学生自ら選択し実践的な臨床実習を行ないます。

6年次は選択臨床実習が行なわれ、学内外の希望する診療科に4週間所得して「医師の見習い」として実践的な経験を積んでいきます。その後、集中講義、最終実技試験としてアドバンスOSCE、卒業試験、そして国家試験を迎えることとなります。

地域に根ざした医療教育と人間性豊かな医療人を養成

信州大学医学部医学科は、1944年(昭和19年)に創立した松本医学専門学校を起源に持ち、創立以来多くの優秀な医療人を輩出しています。

また、地域の医療機関と連携し充実した臨床実習が可能となっています。そのため、高度な医療技術や先端医療に触れる機会が多く、地方大学としては類をみない総合大学の規模を誇ります。

附属病院は、県内唯一の大学総合病院であり、高度な医療の提供・開発・研修施設として、長野県のみならず隣県の医療・福祉への責任も担っています。

また、信州大学の個別学力検査では他大学の医学部と異なり理科科目がありません。したがって、理科科目が苦手な受験生は英語と数学のみ(小論文・面接あり)で勝負できるのでおすすめです。

基本情報

キャンパス 松本キャンパス
住所 〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1
男女比率 男74 : 女26(新入生男女比率)
偏差値(2015) 65.0(大手予備校平均値)
6年間の学費(2014) 国公立医学部は平均350万円
医学科公式HP http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/medicine/

入試情報~平成27年度2次試験実施状況~

【前期日程】

募集定員 志願者数 受験者数 合格者数
85 763 549 86
試験科目
センター試験 450点
数学 150点
英語 150点
化学 100点
面接・小論文 100点
合計 950点

2016年度からは理科2科目、小論文の廃止となります。

最高点 最低点 平均点
860.5点 711.4点 746.5点

【後期日程】

募集定員 志願者数 受験者数 合格者数
15 513 157 18
試験科目
センター試験 450点
数学 250点
英語 250点
化学 100点
合計 1050点
最高点 最低点 平均点
912.7点 812.5点 845.2点

信州大学医学部医学科の口コミ・体験談

投稿者:まっつん (男性:4年生)

信大の附属病院は高度救命救急センターに指定されており、高い臨床技術を学べる環境がそろっています。なかでも、脳死肝移植の実施数は京大附属病院に次ぐ数を誇っています。
医学部では近年カリキュラム編成が大きく変わり臨床実習の時間が多く設けられ、その分3年生で学ぶ専門科目の負担が大きくなっています。
しかし信大の図書館は24時間利用できたり、教授も熱心に指導してくれるのでまじめに学習に取り組めば進級できる環境は整っています。
医学部生は忙しいですが、医学部専門のサークルなどに入っている学生は多く勉強とサークルを両立している人は多いですよ。

2013/11/19

当サイトでは、現在信州大学医学部医学科の口コミ・体験談を募集しています。医学部志望の受験生に役立つ情報の場として、ぜひご協力お願いいたします。

>>信州大学医学部医学科の口コミ・体験談の投稿はこちら<<

信州大学への合格実績がある医学部予備校

ランキング1位
野田クルゼ
野田クルゼ

野田クルゼは、2015年度春から新たに国立大学医学部に特化した指導を行う「国立医進コース」を開講します。少人数クラスで丁寧な指導を行い、文系科目のフォローも万全の体制なので、センター対策も安心です。さらに、大手予備校並みの割安な学費も魅力となっています。

口コミ投稿はこちら詳細お申込はこちら
口コミ・評判 特徴 校舎
40年の実績が凝縮された国立医進コースが誕生 東京
ランキング2位
河合塾
河合塾

河合塾は、国内最大規模の大手予備校であり毎年多くの難関大学合格者を多数輩出しています。参考書などは外部の塾生からも評判が高く、テキストを含め教材がしっかり作りこまれているのが魅力です。特に学士編入者の医学部合格者は入学定員の45%を占めており圧倒的な実績を誇ります。

口コミ投稿はこちら詳細資料請求はこちら
口コミ・評判 特徴 校舎
医学部学士編入の合格者割合は全体の45% 全国主要都市
ランキング3位
駿台予備校
駿台予備校

駿台予備校は、国内最大規模の大手予備校であり昔から難関医学部合格には高い実績を誇っています。特に東大・京大をはじめとする上位国公立大学医学部への合格者が多いのが魅力です。全国から多くの合格者を輩出してきた経験と実績により、大手にしかできない戦略があります

口コミ投稿はこちら詳細お申込はこちら
口コミ・評判 特徴 校舎
難関医大の合格者数はトップクラス 全国主要都市
 

<<広告・PR欄>>

野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

慶応進学会フロンティア

慶応進学会フロンティアの公式サイトです。
http://www.gokaku-igakubu.com/

 

<<おすすめ学習法>>

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

ページトップへ戻る

医学部偏差値比較ランキングについて | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ | 口コミ投稿

Copyright (C)医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方 All Rights Reserved.