名古屋大学医学部

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

名古屋大学医学部は最先端の技術と医療施設備える中部地区トップの医学部です。

医学部TOP > 名古屋大学医学部

名古屋大学医学部医学科

名古屋大学医学部

名古屋大学医学部医学科は、21世紀の日本の医療を支える拠点の一つとして最先端の医療技術と医療設備を有する中部地区トップの医学部です。

平成23年度より東京大学、京都大学、大阪大学と連携し、国際的に活躍できる研究者育成を目的とした「基礎医学研究者育成プログラム」を開始しています

まず、1年次に全学共通項目を履修すると同時に、「医学入門」を4月から履修して医学人としての基礎形成に努めます。

2年次からは、医学専門科目を本格的に学び始め、基礎医学を講義と実習を通じて学びます。

3年後期からは、各研究室に配属され半年間基礎医学の研究に専念し、指導教員にのもと科学的思考法を習得します。そして、研究成果は国内外の学会に発表する機会を設けています。

4年次は、臨床医学と社会医学をチュートリアルと講義が中心に学習し、5年次の臨床実習に備えます。

臨床実習では、付属病院の全科を6~7名のグループで1~2週間ずつまわります。さらに、学外関連病院で約4週間の実習体験もあります。

6年次の選択実習では、2~6名の学生が臨床講座に配属され、1学期のうちに7週間ずつ2つの科を体験します。

さらに、最終学年の希望者は、選抜のうえ約3ヵ月間アメリカ、イギリス、オーストリア、ドイツ、ポーランドへの交換留学制度が設けられています。

世界一流大学での臨床実習が体験可能

名古屋大学医学部は、尾張藩校を起源にもち約130年の歴史と13,900人以上の卒業生を輩出している日本で最古の医学部の一つです。

基幹大学として世界をリードする研究を発信し続けるためにも、近年基礎医学研究者が激減している現状を踏まえ、東大、京大、阪大と協力して「基礎医学研究者育成プログラム」を発足させました。

「基礎医学研究者育成プログラム」では、早くから基礎医学研究の面白みを体験してもらい、基礎医学研究者の育成に力を入れ、研究思考を持った人材をたくさん輩出することを目標としています。

また、国際感覚を養うこを目的とした海外研修にも力を入れており、高度な英語力を有数学生には、ジョンホプキンス大学、デゥーク大学、ウィーン大学、またはフライブルグ大学などの欧米一流大学での臨床実習が行えます

基本情報

キャンパス ■東山キャンパス:全学教育科目 ■鶴舞キャンパス:専門教育科目
住所 〒466-8550 愛知県名古屋市名古屋区鶴舞町65
男女比率 男78.6 : 女21.4
偏差値(2015) 69.2(大手予備校平均値)
6年間の学費(2014) 国公立医学部は平均350万円
医学科公式HP http://www.med.nagoya-u.ac.jp/medical/

入試情報~平成27年度2次試験実施状況~

【前期日程】

募集定員 志願者数 受験者数 合格者数
90 249 230 94
試験科目
センター試験 900点
国語 150点
数学 500点
理科 500点
英語 500点
面接 非公表
合計 2550点
最高点 最低点 平均点
2258点 1858点 1969.23点

【後期日程】

募集定員 志願者数 受験者数 合格者数
5 65 13 6
試験科目
面接 非公表
合計 非公表
最高点 最低点 平均点
非公表 非公表 非公表

名古屋大学医学部医学科の口コミ・体験談

投稿者:モコモコ (男性:1年生)

自由な校風が魅力の大学で、学食が美味しいのが気に入っています。医学科は語学などの授業を除いてほとんどが医学部のみで授業が行なわれます。1年次の毎週水曜日には医学入門があり、その中で。医療施設の先生などを招いた講義は医学について深く考えることができとても貴重な時間でした。

2013/10/25

当サイトでは、現在名古屋大学医学部医学科の口コミ・体験談を募集しています。医学部志望の受験生に役立つ情報の場として、ぜひご協力お願いいたします。

>>名古屋大学医学部医学科の口コミ・体験談の投稿はこちら<<

名古屋大学への合格実績がある医学部予備校

ランキング1位
河合塾
河合塾

河合塾は、国内最大規模の大手予備校であり毎年多くの難関大学合格者を多数輩出しています。参考書などは外部の塾生からも評判が高く、テキストを含め教材がしっかり作りこまれているのが魅力です。特に学士編入者の医学部合格者は入学定員の45%を占めており圧倒的な実績を誇ります。

口コミ投稿はこちら詳細資料請求はこちら
口コミ・評判 特徴 校舎
医学部学士編入の合格者割合は全体の45% 全国主要都市
ランキング2位
KGS
KGS

KGSは、名古屋にある医学部・難関大大学受験に特化した予備校です。超人数指導に徹底しており、定員制を設けているので興味のある人は早めの問い合わせが重要です。医学部進学率80%超および割安な学費設定が生徒から支持されています。

口コミ投稿はこちら詳細お申込はこちら
口コミ・評判 特徴 校舎
定員制の少人数体制で医学部進学率80%超 名古屋
ランキング3位
野田クルゼ
野田クルゼ

野田クルゼは、2015年度春から新たに国立大学医学部に特化した指導を行う「国立医進コース」を開講します。少人数クラスで丁寧な指導を行い、文系科目のフォローも万全の体制なので、センター対策も安心です。さらに、大手予備校並みの割安な学費も魅力となっています。

口コミ投稿はこちら詳細お申込はこちら
口コミ・評判 特徴 校舎
40年の実績が凝縮された国立医進コースが誕生 東京
 

<<広告・PR欄>>

野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

慶応進学会フロンティア

慶応進学会フロンティアの公式サイトです。
http://www.gokaku-igakubu.com/

 

<<おすすめ学習法>>

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

ページトップへ戻る

医学部偏差値比較ランキングについて | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ | 口コミ投稿

Copyright (C)医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方 All Rights Reserved.