大阪大学医学部

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

大阪大学医学部は研究に力を入れており数多くの優秀な臨床医・研究医を輩出しています。

医学部TOP > 大阪大学医学部

大阪大学医学部医学科

大阪大学医学部

大阪大学医学部医学科は、優れた教育システムや豊富な最新設備を備え、いつの時代にも求められる優秀な人材を多く輩出している国内トップレベルの医学科です。

また、国内外の名誉ある賞を数多く受賞している教員の下で貴重な教育を受けられる環境にあります

また、1年後期から基礎医学が始まり、2年次で本格的に学ぶとともに実習も開始されます。

3年次には、「選択必須科目」と「基礎医学講座配属」が用意されています。

「選択必須科目」は、医学8領域から1科目を選択して最先端の知識に触れられる機会があります。いっぽう「基礎医学講座配属」では、3ヵ月間各講座に配属されて研究に専念します。

4年次には、臓器別の臨床講義を行い、臨床導入実習を行い秋から始まる病棟実習に備えます。

5年次の臨床実習では内科、外科、救急、麻酔科を中心に行い、6年次ではそれ以外の診療科で実習をおこない経験とスキルを身につけます。

世界をリードする医療スペシャリストを養成

大阪医大学医学部は、1838年に緒方洪庵が開いた敵塾が全身です。その後、1947年に大阪大学医学部となり現在まで数多くの医師・医学研究者を輩出しています。

21世紀を牽引する医学・医療を支える分野である「遺伝子医療」、「再生医療」、または「ロボット医療」からのスペシャリストを輩出することに力をいれています。

医学部には優秀な臨床医や国内外で活躍している医学研究者が数多く在籍し、基礎知識だけでなく最先端の医療知識や技術を学べる環境が用意されています。また、付属病院や関連病院では最先端の医療行為を実践できる施設が数多くあります。

さらに、医学科では国立大学では初の「医の倫理学」という講座を設置し、患者さんの心や医療倫理について学び道徳的重要性を教えています。

当大学では、研究にも力を入れており、教員1人あたりの論文発表数と世界的に著名な科学雑誌への論掲載数は全国トップクラスとなっています。

特に、免疫約、分子細胞生物学、分子遺伝学、感染症学、遺伝子治療学なとは世界に誇る最先端の研究を行っています。

また、海外からの共同研究者の受け入れなども積極的に行い、学術交流や国際協力事業へ積極的に参加しています。

基本情報

キャンパス ■豊中キャンパス(1・2年次前期) ■吹田キャンパス(2年後期~6年次)
住所 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-2
男女比率 男47 : 女53(保健学科含む新入生男女比率)
偏差値(2015) 71.3(大手予備校平均値)
6年間の学費(2014) 国公立医学部は平均350万円
医学科公式HP http://www.med.osaka-u.ac.jp/

入試情報~平成27年度2次試験実施状況~

【前期日程】

募集定員 志願者数 受験者数 合格者数
85 227 211 86
試験科目
センター試験 500点
国語 200点
数学 200点
理科 200点
英語 200点
面接 非公表
合計 1100点
最高点 最低点 平均点
1008.60点 859.80点 899.29点

【後期日程】

募集定員 志願者数 受験者数 合格者数
15 193 29 15
試験科目
小論文 450点
面接 500点
合計 950点
最高点 最低点 平均点
795.00点 480.00点 584.60点

※最終合格者950点の最高・最低・平均点です。面接試験は、センター試験及び小論文の合計得点の上位者から筆記試験合格者を決定し、その筆記試験合格者にたいして課します。

大阪大学医学部医学科の口コミ・体験談

投稿者:ととろ (男性:3年生)

関東では評価がいまいち高くないように感じますが、西日本では京大に次ぐ難易度を誇る名門大学です。医学部にも優秀な教授がたくさん在籍しており貴重な体験を積むことができます。他大学の友達と話していて感じたことは、遊んでいては単位が取れない厳しい大学だという印象です。

2013/11/05

当サイトでは、現在大阪大学医学部医学科の口コミ・体験談を募集しています。医学部志望の受験生に役立つ情報の場として、ぜひご協力お願いいたします。

>>大阪大学医学部医学科の口コミ・体験談の投稿はこちら<<

大阪大学への合格実績がある医学部予備校

ランキング1位
野田クルゼ
野田クルゼ

野田クルゼは、2015年度春から新たに国立大学医学部に特化した指導を行う「国立医進コース」を開講します。少人数クラスで丁寧な指導を行い、文系科目のフォローも万全の体制なので、センター対策も安心です。さらに、大手予備校並みの割安な学費も魅力となっています。

口コミ投稿はこちら詳細お申込はこちら
口コミ・評判 特徴 校舎
40年の実績が凝縮された国立医進コースが誕生 東京
ランキング2位
慶応進学会フロンティア
慶応進学会フロンティア

慶応進学会フロンティアは、「厳しいけれど、面倒見が良い。」をモットーに、偏差値40台の受験生や多浪生を多くの医学部へ合格させてきた実績のある医学部予備校です。最小限の学習範囲で効率よく無理なく学習でしていくことが可能です。独自に設けている合格保証規定は、医学部に合格させる自信の表れでもあります

口コミ投稿はこちら詳細資料請求はこちら
口コミ・評判 特徴 校舎
合格保証が付いた完全合格プログラムを提供 東京
ランキング3位
駿台予備校
駿台予備校

駿台予備校は、国内最大規模の大手予備校であり昔から難関医学部合格には高い実績を誇っています。特に東大・京大をはじめとする上位国公立大学医学部への合格者が多いのが魅力です。全国から多くの合格者を輩出してきた経験と実績により、大手にしかできない戦略があります

口コミ投稿はこちら詳細お申込はこちら
口コミ・評判 特徴 校舎
難関医大の合格者数はトップクラス 全国主要都市
 

<<広告・PR欄>>

野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

慶応進学会フロンティア

慶応進学会フロンティアの公式サイトです。
http://www.gokaku-igakubu.com/

 

<<おすすめ学習法>>

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方

ページトップへ戻る

医学部偏差値比較ランキングについて | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ | 口コミ投稿

Copyright (C)医学部偏差値比較ランキング※医学部の正しい選び方 All Rights Reserved.